MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > カローラスポーツ > トヨタ新型カローラスポーツ販売好調でMTも追加!価格やスペック・内装・納期は?
カローラスポーツ

更新

トヨタ新型カローラスポーツ販売好調でMTも追加!価格やスペック・内装・納期は?

トヨタ新型カローラスポーツ 最新情報

6月26日発売開始!初代コネクテッドカーとして登場

新型 カローラ ハッチバック 2018

2018年6月26日、トヨタは新型カローラ スポーツ(ハッチバック)を全国のトヨタカローラ店を通じて発売を開始しました。

初登場は1966年、全世界で4600万台以上の累計販売台数を誇る超ロングセラーモデル「カローラ」。その12代目へのフルモデルチェンジの先陣を切るのが、このカローラスポーツ(カローラシリーズのハッチバックモデル)です。

この記事では、新型カローラハッチバックの気になる改良ポイントと今回から搭載されるコネクテッド技術「Tコネクト」についても詳しく解説していきます。

新型カローラスポーツ最新ニュースまとめ

【8月2日】6速MT車の発売開始

MT車も選べるグレード「G“Z”」

トヨタ カローラスポーツ MT

本革巻きのシフトノブ

トヨタ カローラスポーツ MT

2018年8月2日、新型カローラスポーツの6速MT仕様車が発売されました。

7月の発売時点ではAT車のみのラインナップ。MT車については「8月に発売予定」とアナウンスされていました。

採用されたのは、変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)。スムーズな発進や走行中の滑らかな変速をアシストするため、MT車に慣れていないドライバーでもマニュアル走行が楽しめます。

【7月25日】さっそく販売絶好調!発売から1ヶ月で目標の4倍を受注、納期は4ヶ月待ち

トヨタは7月26日、新型カローラスポーツの受注状況について明らかにしました。発売から約一ヶ月となる7月25日時点での販売台数は、月販目標台数の2300台に対して、なんと約9200台、実に4倍もの注文を受けているとのことで、絶好調と言って良い状況。

なお、納期は約4ヶ月待ちで、「ハイブリッドモデル」の受注が最も多く約7割を締めています。

新型カローラスポーツの主な注目ポイント

トヨタ カローラ スポーツ_2018

・車名は「カローラハッチバック」ではなくカローラスポーツに!
・「Tコネクトナビ」を用意し、初代コネクティッドカーを名乗る車に
・カローラ初の3ナンバーサイズに
・トヨタ新世代プラットフォームTNGAを採用
・ヘッドランプ、ガラス形状、バンパーなど大幅なエクステリアデザイン変更
・3種類のターボエンジンと1種類のハイブリッドエンジンの採用)

また発表同日、トヨタは新たなコネクテッド技術を披露する「THR CONNECTED DAY」を開催。このカローラ スポーツと同時発表した新型クラウンを「初代コネクテッドカー」と称しました。

名称は「カローラハッチバック」ではなくカローラスポーツに

新型カローラハッチバックが日本で販売される際の名称については様々な噂がありました。噂では、そのまま「カローラハッチバック」になる、新たに「カローラスポーツ」という車名になる、また過去に存在した「カローラFX」の名称を復活させる、などがありました。

最終的には、最有力候補であった「カローラ スポーツ」に決定しました。

「スポーツ」という名称には、トヨタの思いもこもっています。その名の通り、「スポーティ」なデザインとふさわしい走りにこだわり、述べ100万kmの走行試験の末「走る喜び」を感じる車に仕上がったとしています。

スポーツの名に違わぬ外装・内装デザインに

新型カローラスポーツはエッジの効いたスポーティな外装に

トヨタ 新型 カローラ スポーツ 2018 外装デザイン
トヨタ 新型 カローラ スポーツ 2018 外装デザイン

内装には新開発のスポーツシートを採用

トヨタ 新型 カローラハッチバック 2018 内装
トヨタ 新型 カローラハッチバック 2018 内装
トヨタ 新型 カローラハッチバック 2018 内装

新型カローラスポーツの外装はスポーティで若年層向けのデザインとなっていることが見て取れます。
フロントには大型でアグレッシブなグリルが装着され、J字形状に光るLEDヘッドライトが特徴的です。
リアは立体的かつワイドなデザインを実現しています。

また、新型カローラスポーツの内装はシンプルでありながら上質感のあるデザインに仕上がっています。
幅広で高さのあるセンターコンソールの採用により、安定感・ワンランク上の車格感を実現しています。
新開発されたスポーツシートはクッション材が改良され、ホールド性が徹底的に追求されています。

新型カローラスポーツのカスタムについてはこちら

【トヨタ新型カローラスポーツ カスタム】モデリスタとTRDの最速発売情報

新型カローラスポーツはワイド&ロー!ボディサイズは?

新型カローラスポーツは世界戦略車であるため、先に公開された北米モデルとボディサイズにおけるほとんどありません。

日本でのカローラスポーツは、オーリスの後継という立ち位置になるため、カローラの名前が付いていてもボディサイズはオーリスを踏襲することに。
そのため、新型カローラ スポーツはカローラ初の3ナンバー車となります。

新型カローラスポーツのボディサイズ

全長全幅全高
4,3751,7901,460~1,490
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型カローラスポーツにワゴンが登場か?スクープ画像はこちら

トヨタ カローラスポーツに新型ワゴン登場?最新スクープ画像&発売日も予想

新パワートレイン搭載でエンジンスペック・燃費はどうなる?

カローラ スポーツ エンジン

新型カローラスポーツのパワートレイン

 1.2Lターボエンジン1.8Lハイブリッドエンジン
エンジン種類8NR-FTS2ZR-FXE
排気量1.2L1.8L
最高出力85[116]/5,200~5,60072[98]/5,200
最大トルク185[18.9]/1,500~4,000142[14.5]/3,600
モーター最高出力53[72]
最大トルク163[16.6]
トランスミッションSuper CVT-i/iMTCVT
駆動方式FF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型カローラスポーツには1.2L直噴ターボエンジンと、1.8Lハイブリッドエンジンが搭載されます。

新開発のハイブリッドシステム「2.0L THSⅡ」を搭載した「新型ダイナミックフォースエンジン」が採用される、との噂もありましたが、発表はありませんでした。

1.2L直噴ターボエンジン車は、AT車に加え6MTもラインナップ。変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)を採用しています。

新型カローラ スポーツの燃費は?

カローラスポーツの燃費性能はハイブリッド車で30.0〜34.2km/L 、ターボガソリン車で17.2〜19.6km/L(ともにJC08モード燃費)となっています。

また、今回のカローラスポーツでは新たな燃費基準WLTCモード燃費も公開されています。

カローラスポーツのWLTCモード燃費

モード/エンジン種類ハイブリッド車ガソリンターボ車
WLTCモード25.6〜30.0km/L15.2〜16.4km/L
市街地モード24.9〜29.4km/L12.3〜12.9km/L
郊外モード27.2〜32.9km/L15.6〜16.9km/L
高速道路モード25.0〜28.8km/L17.2〜19.6km/L

WLTCモード燃費って何?という方はこちら

WLTCモードとは?新燃費基準のJC08モード燃費からの変更点

新型カローラスポーツと同じエンジン?レクサス新型ハッチバック登場の噂が…

レクサス新型CT200h フルモデルチェンジ最新情報!新型EVハッチバックになる可能性も

新型カローラスポーツにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用

新型カローラスポーツのサスペンションダブルウィッシュボーン式を採用しています。このサスペンションは、トヨタ車では4代目以降のプリウスや86などにも採用されているものです。

ダブルウィッシュボーンサスペンションは、独立懸架式の中でも高性能な形式で、走行時のタイヤの上下を最小限に抑えつつ、ハンドリングの良さ、乗り心地、安定性も高くなっています。
しかし、それゆえコストがかかり、高級車や大型車向けのサスペンションという位置づけになります。

今回、新型カローラスポーツにワンランク上の高価サスペンションが採用されたことは、SNS等でも話題になっています。

ダブルウィッシュボーン式サスペンションについてはこちら

ダブルウィッシュボーンとは?ミニバンにも採用?特徴や構造と採用車種をご紹介!

新型カローラスポーツのグレード別構成と価格|人気のグレードは?

新型カローラ スポーツ AT車の価格のグレードと価格
ハイブリッドG”X”242万
ハイブリッドG253万
ハイブリッドG”Z”269万
G”X”214万(2WD)242万(4WD)
G226万(2WD)245万(4WD)
G”Z”261万(2WD)269万(4WD)
[単位]円(消費税込み)
新型カローラ スポーツ MT車の価格のグレードと価格
G“Z”234万
G222万
G“X”217万
[単位]円(消費税込み)

人気のグレードはハイブリッドの「G“Z”」

7月26日に公表された情報によれば、最も人気のグレードは最も価格の高い「G”Z”」で販売・受注台数全体の50%を占めていて、中間の「G」が40%、最も安い「G”X”」が10%と続きます。

また、エンジンタイプで見ると圧倒的にハイブリッドが人気で、全体の70%、1.2Lターボが30%となっています。

ガソリンエンジンとハイブリッドの価格差を見ると、およそ30万円ほどで他の車種と比べると比較的価格差が小さい点が、ハイブリッド人気の要因かと思われます。

ハイブリッドとガソリンどっちがいいの?ハイブリッドは本当に得なのか徹底検証

ハイブリッド車は実は損だった?車両価格や燃費と維持費の違いを徹底検証

予防安全装備「トヨタセーフティセンス」が標準搭載に

トヨタ セーフティセンス

トヨタ 次世代セーフティーセンス

先に発売された北米仕様と同じく日本使用でも従来機能のレベルアップと新機能の導入を図った第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」を標準装備します。

次世代セーフティセンスの詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

トヨタ次世代セーフティセンスについてはこちら

最新のトヨタセーフティセンスが2018年から導入へ|搭載予定や変更点など

カローラスポーツはトヨタ初のコネクティッドカーに!【注目】

これからのトヨタ車が超便利になる?

トヨタ コネクティッドカー

新型カローラスポーツは、同日発表された新型クラウンと並んで、トヨタのコネクテッドカーの第一世代として発表されました。

トヨタのコネクテッドサービスでは、車両にDCM(通信装置)が搭載され、トヨタの通信プラットフォームに常に接続されるようになります。
これにより、さまざまなコネクテッドサービスが提供されるようになるとのこと。
なお、トヨタは今後登場する全ての車種でこのコネクテッドサービスを利用できるようにする方針です。

実際にどんなことができるのでしょうか。一例をご紹介します。

LINEマイカーアカウント

これは、LINEアプリでカローラスポーツを「友だち」として追加することで、クルマと会話することができるサービスです。

例えば、LINEのトークで事前に目的地と希望到着時間を伝えると、車載ナビにその情報を記憶させると同時に、渋滞情報なども踏まえながら出発すべき時間を促してくれます。

AI音声エージェント

これは、いわばiPhoneの「Siri」やAmazonEchoのような機能です。AIがユーザーの声を聞き取り、カーナビの目的地設定や駐車場の検索、おすすめのレストランへの案内を行うことができます。

eケア走行アドバイス

eケア走行アドバイスは、車両トラブルが発生したときに頼りになる機能です。
車両データを取得していることで、そのでデータをもとに車両の状態を診断。オペレーターによるアドバイスをもらうことが可能となります。

いざというトラブルのときには安心ですね。

トヨタ カローラスポーツと他車種のライバル車比較記事も必見

【トヨタ新型カローラスポーツ】ライバル7車種徹底比較

すべての画像を見る (16枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!