MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > C+pod > トヨタ C+Podの販売対象が個人含む全顧客に拡大、誰でも購入可能に
C+pod

更新

トヨタ C+Podの販売対象が個人含む全顧客に拡大、誰でも購入可能に

C+Podが誰でも買えるようになった

トヨタ C+Pod

トヨタは2021年12月23日、超小型BEV「C+pod(シーポッド)」の販売対象を、同日から全顧客に広げることを発表しました。

C+podは2020年12月発売していましたが、販売対象は一部の法人ユーザーや自治体のみで、個人ユーザーは購入することができませんでした。今回生産体制が整ったことから、全顧客に向けた販売に至ったとのことです。

リース契約のみの販売

C+podは全車リースによる契約とし、全国のトヨタ車両販売店、レンタリース店にて取り扱いが開始されます。

国産車最小サイズのBEV

C+Podのボディサイズは全長2,490mm、全幅1,290mm、全高1,550mmと、現在販売されている国産車の中では最小サイズ。取り回しに優れており、狭い住宅街などでも窮屈に感じることなく移動できます。

コンパクトサイズながら航続距離は150kmと、普段使いには十分な性能です。

高速道路や自動車専用道路の走行はできないので注意。そのため最高速度も60km/hに抑えられています。

コンセント充電可能、電源としての活用も

エンブレム部分を開けることで「充電/給電インレット」にアクセスできる

充電はフロントのトヨタエンブレムがある箇所にある充電ポートから行います。

付属の充電ケーブル(AC200V・AC100V兼用)をコンセントに接続するだけで充電できるほか、「EV・PHV充電サポート」に加入することで全国の普通充電スポットでの充電も可能になります。

また、最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備しているため、停電・災害時といった緊急時にはC+Pod自身を電源として活用することも可能です。

ヴィークルパワーコネクター(オプション)で充電する様子

オプションの「ヴィークルパワーコネクター」を車両前方の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして約10時間程度の電力を供給できます。

2人乗りで装備は簡素

G(内装色ブラック)

室内幅は1,100mmで、大人2人が並んで座れる室内空間となっています。

G(内装色ブラック)

インストルメントパネル中心にメーターを据え、機能系の装備をホワイトのセンタートレイ上に配置。スイッチ類もセンターパネルに集約することで高い操作性を実現しています。

また、助手席オープントレイやカップホルダーといった収納スペースも備えています。

後部の収納スペースは荷室高767mm、床面幅619mm、奥行き335mmという実用性のある広さを用意しています。

グレードは全2種類

上位グレードの「G(左)」と下位グレードの「X(右)」

C+podのグレードは「G」と「X」の2種類。

ボディカラーの例

カラーリングが選択できるのは上位グレードのGのみ。

Gでは標準色に加え、ツートーン(27,500円)が5種類、スリートーン(44,000円)が3種類と、合計9種類のボディカラーから選ぶことができます。

グレード別の価格

グレード原動機バッテリー駆動車両税込価格
G1RM
(交流同期電動機)
リチウム
イオン電池
後輪駆動
(RR)
1,716,000円
X1,650,000円

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタ車の新型車情報はこちらから

トヨタ プロボックスが一部改良!

ハイエースは次期型でも「キャブオーバー」に?

その他の最新情報

ノア&ヴォクシーの次に登場予定?ホンダのステップワゴンも次期型に

ついに右ハンドル仕様も目撃!ジムニーロングのスクープまとめ

幻のスライドドアSUV「Tjクルーザー」

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード