MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > bZ3 > トヨタのBEVセダン『bZ3』が中国でデビュー!e-TNGAにBYDのLFP搭載
bZ3

更新

トヨタのBEVセダン『bZ3』が中国でデビュー!e-TNGAにBYDのLFP搭載

bZシリーズ第2弾『bZ3』がデビュー

トヨタ bZ3

トヨタは、bZ4Xに続くバッテリーEVの新シリーズ『bZシリーズ』第2弾となる『bZ3』を、2022年10月24日に発表しました。

bZ3は、トヨタが中国最大手の電気自動車メーカーBYDと合弁で設立したBTET(BYD TOYOTA EV TECHNOLOGY)と、一汽トヨタが共同で開発したセダンタイプのバッテリーEVです。生産・販売は一汽トヨタが行う予定としています。

「一目惚れするデザインと虜にさせる走り」武器にイメージを一新

最長航続距離600km以上誇り、「10年後でも90%の電池容量」

トヨタ bZ3

bZ3はトヨタのバッテリーEV専用プラットフォームの『e-TNGA』を採用し、BYDのリン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)をベースにトヨタが新たに設計した電動システムを搭載しました。

CLTCモードにもとづいた測定で600kmを超える最長航続距離を実現しながら、トヨタの電動化技術により電池の耐久性は「10年後でも90%の電池容量を維持すること」を目標に開発し、電池劣化抑制に努めたとしています。

グローバルでの展開を急速に進めるBYD…車両で火災相次ぐ

量産市販車トップクラスの優れた空力性能を実現

トヨタ bZ3

デザイン面では、フロント部にbZ4Xも採用するbZシリーズの特徴であるハンマーヘッド形状を採用。バッテリーEV専用パッケージによるロングホイールベースとファストバックのスタイルから、伸びやかなサイドシルエットとなりました。

さらに、バンパーのコーナー部分には強調されたエアガイドとエアカーテンを配しているほか、フラットなドアハンドルや空気抵抗を減らす形状のアルミホイール、リアバンパーにより、量産市販車としてはトップクラスとなるCd値0.218の優れた空力性能を実現しています。

インテリアには縦型の大型センターディスプレイと、それを取り囲むように一体化したトレイ型のコンソール『デジタルアイランド』を採用。ワイヤレス充電の他、スマートフォンとマルチメディアとの連携機能を持たせました。エアコン、音楽、トランク操作等の操作機能は大型ディスプレイに集約されたほか、音声認識機能も搭載し、利便性と先進性を大幅に進化させています。

トヨタ bZ3の全画像【5枚】を見る

リコールから約3ヶ月…ようやく“仕切り直し”

トヨタが『クラウン シグニア』の商標登録を申請

中国EVが前年比300%超で世界1位に

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード