MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ブレイド > 【トヨタブレイドはプレミアムコンパクトカー】実燃費やカスタムからグレードの評価など
ブレイド

更新

【トヨタブレイドはプレミアムコンパクトカー】実燃費やカスタムからグレードの評価など

【トヨタブレイドの確認事項1】トヨタ・ブレイドはこのような車

トヨタ・ブレイド
Pollyanna1919 CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

ブレイド(新車当時の価格は224~342万円)はトヨタのハッチバック型のコンパクトカーです。欧州向けのオーリスの兄弟車ですが、ただのコンパクトカーではありません。

搭載しているエンジンは2.4L、3.5Lと見た目に似合わずこのクラスにしては非常に強力です。

オーリスをさらにグレードアップさせた豪華版と考えるのがよさそうです。オーリスと同じように一見欧州向けの車のようにも見えますが、ブレイドは国内専用の車種ですが、2006~2012年までの販売していました。

トヨタのみならず日本車にはかなり珍しいタイプの車ですが、パワフルで豪華なハッチバックやコンパクトカーを探している人には注目の車です。

【トヨタブレイドの確認事項2】スペック

トヨタ・ブレイド
Mytho88 CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

何よりブレイドの特徴を際立たせているのがそのエンジンです。まずは2.4Lと3.5Lモデルの違いなどから見ていくことにします。購入予定の人は参考にしてみてください。

2.4Lと3.5Lエンジンの比較

ベースとなったオーリスのエンジンは1.5Lと1.8Lです。

ハリアー、アルファードなどに搭載されているものと同じエンジンを搭載する2.4Lのモデルの方でもこのクラスの車にして十分な性能を持っていると言えますが、よりこの車のコンセプトを楽しむのであれば、「ブレイドマスター」との名称を与えられた3.5Lの方をおすすめします。

このエンジンはロータスにも供給され、エヴォーラ、エキシージ等に搭載されているものと同じです。

その他に、パドルシフトの採用、サスペンションの専用チューニングが施されているなどの違いがあります。

2.4Lモデルと3.5Lモデルの詳細

・2.4Lモデル
エンジン形式:2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHC
最高出力 :123kW (167PS)/6,000rpm
最大トルク:224N•m (22.8kgf•m)/4,000rpm

・3.5Lモデル
エンジン形式:2GR-FE型 3.5L V6 DOHC
最高出力 :206kW (280PS)/6,200rpm
最大トルク:344N•m (35.1kgf•m)/4,700rpm

その他主なスペック

ボディサイズ:全長4,260mm、全幅1,760mm、全高1,515 ~1,530mm

ボディサイズはベースとなったオーリスとほとんど違いはありません。3ナンバーサイズですが、欧州車のCセグメントクラスとして標準的なボディサイズです。

オーリスでは、4WD仕様だけの設定であったリアサスペンションは全グレードでダブルウィッシュボーン式になりました。

この他、安定した走行のためにブレーキの強化、ヒルスタートアシストコントロール、TRC(トラクションコントロール)、VSC(横滑り防止装置)などが加わっています。

【トヨタブレイドの確認事項3】カスタム

https://www.instagram.com/p/2DIdxGLbMo/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading

ブレイドはノーマルのままでも十分スポーティな外観ですが、エアロやローダウンによってさらにスポーティにカスタムする例が多いようです。カスタムすることにより個性を発揮できるので、カーライフをさらに楽しむことが可能です。

【トヨタブレイドの確認事項4】燃費などの評価は

悩む人
ijmaki CC0 / CC0 1.0
出典 : https://pixabay.com/

あまり燃費を気にして乗る車ではないですが、やはり気になるものです。実燃費などはどうなっているか口コミで評判などをまとめました。

カタログ値燃費:10.2~13.4km/L(10-15モード)

街中を走る際は10~14km/l、都心部から外れた道を走る際は15~17/lなので燃費のいい車という声がありました。

ブレイドは早すぎた国産プレミアムコンパクトカー

トヨタ・ブレイド
Mytho88 CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

ブレイドは生産終了が早すぎた国産のプレミアムコンパクトカーだったと思われます。

その魅力を十分に訴求することができない知名度の低さが原因だったのか、トヨタにはこのような車が求められていなかったのかはわかりません。海外でもこのスペックで販売していれば生き残る道があったのかもしれません。

現在、トヨタグループの中ではレクサスCTがそのポジションを担うのかもしれませんが、ハイブリッド専用車というところを考えると、やはりブレイドは唯一無二の存在です。

コンパクトカーに関するおすすめランキングはこちらの記事

コンパクトカー最新販売台数・人気ランキング24車種特徴比較【2018年最新版】

コンパクトカー中古|人気おすすめランキング10車種比較【2017年最新版】

トヨタの最新車種に関する情報はこちらの記事

トヨタの新型車・新車 モデルチェンジ全情報【2018年最新版】

トヨタ新型センチュリー フルモデルチェンジでV12廃止&ハイブリッド採用!価格は1,960万円

【トヨタ新型SUV C-HR(CHR)最新情報】新車納期&試乗動画や実燃費・中古車価格も

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!