MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > アクア > 【アクア新型】2021年中にフルモデルチェンジか!3ナンバー化でヤリスの上位互換へ?
アクア

更新

【アクア新型】2021年中にフルモデルチェンジか!3ナンバー化でヤリスの上位互換へ?

トヨタのハイブリッド・コンパクト・ハッチバックの「アクア」は2011年12月のデビュー。販売台数トップにも君臨した人気車種ですが、そろそろモデル末期で新型ヤリスやライバルのホンダ フィットの人気に押されてしまっています。アクアは現行モデルの1世代で終了、という噂もありましたが、新型フルモデルチェンジのリーク情報をキャッチしました。

2019年3月中旬に入手した新型アクアの予想CG
2019年3月中旬に入手した新型アクアの予想CG

【更新履歴】
2020年10月29日 フルモデルチェンジ時期情報追加
2020年10月28日 デビュー予想情報更新

次期新型フルモデルチェンジは最短で2021年2月か?

2021年2月にアクアがフルモデルチェンジするようです。ディーラーで聞きました。

いつもお世話になっているトヨタの営業マンの話では、新型アクアは2021年4月に出るかもとのことです。

2021年度にならないとフルモデルチェンジしないとディーラの人が言っていました。

読者からの届いた情報では、新型アクアのフルモデルチェンジ発表時期は、2021年1月説、同年4月説となっていましたが、10月28日夜に「2021年度にならないとフルモデルチェンジしない」とうう情報が読者から入りました。確度が高い情報は今のところはありませんが、2021年のどこかでフルモデルチェンジされる可能性は高いと言えるでしょう。

トヨタ アクア 現行モデル
トヨタ アクア 現行モデル

ボディサイズは大型化、3ナンバーへ。ライバルはマツダ3か?

アクアはフルモデルチェンジ後に3ナンバーになるようです。

コンパクトカーのヴィッツ改めヤリス新型は5ナンバーサイズで、後席が狭いという声が多数あります。トヨタの車種ラインナップ戦略は、上から下まで隙間なくうめていくものとなっていますので、ヤリスの上位互換もきっちりと埋めてくるはずです。従って、5ナンバーサイズの現行アクアのボディサイズを大型化し、3ナンバーサイズになることは自然の流れでしょう。

次期新型アクアは、ヤリスのプラットフォームを流用して、後席、荷室部分の空間をしっかりと取って、「ヤリスで狭いというお客さま、どうぞアクア新型をお求めください」というセールストークになるでしょう。

そうなると、ライバルは「マツダ3」になるでしょう。

燃費と動力性能を大幅改善。 パワートレインはヤリスと同じに

新型アクア向けにわざわざ新開発パワートレインを搭載すると予想するのはナンセンスでしょう。新型ヤリスの1.5Lガソリン+電気モーターのハイブリッドパワートレインをそのまま丸っと新型アクアへ。こうするだけで動力性能、燃費ともに大幅改善されます。

現行アクアとヤリス新型のスペック比較

車名(グレード)

ヤリス(X・2WD) アクア(G・2WD)
エンジン 直列3気筒1.5L 直列4気筒1.5L
エンジン 最高出力 91ps 74ps
最大トルク 120N・m 111N・m
モーター 最高出力 80ps 61ps
最大トルク 141N・m 169N・m
WLTCモード燃費(総合) 36km/L 27.2km/L

最高出力、最大トルク、燃費のすべてで新型ヤリスが勝っています。アクアが直列4気筒ですが、 ヤリスは直列3気筒となるがネガのように思える方が少なくないでしょうが、最新の3気筒は低振動(もともと、3気筒は振動を打ち消しやすい構造)、低騒音、そして軽量とメリットは多いものですので心配無用です。BMWも最新1.5Lは3気筒ですから。

新型アクアの価格はどうなる?

アクアとヤリス ハイブリッドと価格を比較してみましょう。(ヤリスは、GR系のスポーツモデルを除いた価格)

車名アクアヤリス
(ハイブリッド・2WD)
税込価格192~212万円200~230万円
4WD設定なし4WDは約20万高

設計が新しい分、ヤリスが価格高に。アクアはモデルチェンジすると、ボディサイズの大型化、ヤリスの上位互換に位置する格となるため、210万円台から240万円台と予想するのが無難でしょうか。

もし、仮に、新型アクアのエントリーグレードで200万円を切ってきたら、アクアとがっつり競合してしまいますね。

さて、はたして一体どうなるのでしょうか。続報をお楽しみに!

最新情報は、本記事で更新を行います。アクアの購入検討者はこの記事をブックマークしてくださいね!

新型リーク情報提供求む!

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

これまでのスクープ記事(2019年4月26日更新)

下記は、 2019年4月26日に更新された新型アクアについてのスクープ記事。当時の予想と最新情報との違いに着目してご覧ください。

【最新情報】プリウスより優れた燃費性能45km/Lを実現?

新型アクア デザイン予想CG
2019年3月中旬に入手した新型アクアの予想CG(本記事では再掲)

トヨタ アクアは、ハイブリッド専用モデルとして、2011年に登場した人気の高いコンパクトPHVです。価格と燃費に優れた実用車でありながらも、コンパクトでスポーティーなデザインが魅力で、2014年12月と2017年6月にマイナーチェンジされており、フルモデルチェンジは今回がはじめてとなります。

エクステリアデザインは、ボディ全体のシルエットはそのままに、スポーティーさに高級感を加えたデザインで、現行モデルを進化させたイメージに仕上がると予想しています。

先進安全装備には「トヨタ セーフティセンス」を装備することで、「レーントレーシングアシスト」「アダプティブハイビームシステム」に、「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」などが搭載されると予想します。

トヨタ アクア 現行モデル フロントサイド
トヨタ アクア 現行モデル

フルモデルチェンジの前に2018年4月に一部改良

トヨタ アクアはフルモデルチェンジが予想されているなか、2018年4月に先に一部改良が行われました。主な変更点としては、衝突回避支援パッケージである「トヨタ セーフティセンス」を用いて、昼間の歩行者も検知する「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用しました。またボディカラーの選択肢にも変更がなされ、新色ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全14色です。

新型アクアのボディサイズは?

トヨタ アクア 現行モデル リアサイド
トヨタ アクア 現行モデル

近年の自動車開発においては車体をワイドアンドローボディ化する傾向にあり、新型アクアでも同様にボディサイズの変更がなされるとみられます。

しかし、5ナンバー規格にとどめるために全幅1,695mmというのは変わらず、フェンダー形状変更による全長アップと空力面を考慮した全高ダウンとなるでしょう。

新型アクアのパワートレインや燃費は?

トヨタ アクア 現行モデル インパネ
トヨタ アクア 現行モデル インパネ

新型アクアには「1.5L NR型エンジン+電気モーター」を搭載し、次世代4WDである「E-Four」が組み合わされ、予想される燃費は43〜45km/Lとなり、プリウスの40.8km/Lを超える好燃費が実現するでしょう。

新型アクアのプラットフォームは?

TNGAプラットフォーム
TNGAプラットフォーム

新型アクアには「TNGAプラットフォームが採用され、軽量化によって燃費に貢献し、高い剛性にて走行性能が向上するでしょう。5ナンバー枠を維持しするものの、居住空間は現行モデルよりアップするでしょう。

新型アクアの発売日と新車車両価格は?

新型アクアのワールドプレミアは、2019年10月の東京モーターショーになると筆者は予想しています。はやければ2019年内に発売開始される可能性が高いでしょう。

気になる車両価格は、現行アクアと横ばいか多少の価格アップぐらいに抑えられ、フルモデルチェンジにてその人気が再熱すると考えています。

(参考価格)現行アクア:179〜252万円

最新「アクア」中古車情報
本日の在庫数 9446台
平均価格 95万円
本体価格 1~258万円
アクアの中古車一覧へ
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!