MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > アクア > トヨタ アクア完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
アクア

更新

トヨタ アクア完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ アクアとはどんな車?

グレード:Z
グレード:Z

トヨタ アクアは高い燃費性能と低価格が魅力の、5ナンバーサイズのコンパクトハッチ。実用性に優れていることもあり、初めて購入する車としてもオススメのモデルです。

パワートレインは全グレードでハイブリッドを採用。前輪駆動の2WDと、リアをモーターで駆動するE-Fourの4WDがあります。

グレード:Z
グレード:Z

2011年に初代アクアがデビューして、2021年に2代目アクアへフルモデルチェンジをしました。

2代目モデルはWLTCモードで35.8km/L(2WD)という高い燃費性能を誇るほか、スイッチを押すだけで駐車をアシストしてくれる「アドバンストパーク」をトヨタのコンパクトカーで初めて採用。そのほか、プリクラッシュセーフティや全車速追従のレーダークルーズコントロールなどの先進安全性能も備えています。

おすすめグレード

2021年7月時点で販売されているアクアのグレードは以下表のとおりです。(特別仕様車は含んでいません)

グレード名FF(2WD)E-Four(4WD)
B1,980,000円2,178,000円
X2,090,000円2,288,000円
G2,230,000円2,428,000円
Z2,400,000円2,598,000円

通常グレード

グレード:G

エントリーグレードのBからはじまり、X、G、Zの順に装備や価格が上昇していきます。ZとBの価格差は約40万円ほど。安全機能や内装の装備をみると、アドバンストパークを一番安くオプション選択できるGがおすすめです。

10.5インチのディスプレイオーディオは、Zが標準装備、Gはメーカーオプションで選択可能です。

グレード:X

エントリーグレードのBは後部座席にパワーウインドウが設定されておらず、スマートエントリーに対応していないなど、不便な点が目立ちます。一人で運転することが多かったり、社用車として使ったりするという場合はBでも十分ですが、そうでないならオススメはしません。

エアロ&ホイールカスタムモデルの「モデリスタ」も

トヨタ アクア モデリスタ

新型アクアには「モデリスタ」カスタムパーツも用意されており、エアロパーツを始めとした専用カスタムを施すことがデキます。

「MODELLISTA エアロパーツセット」には、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツのエアロパーツ3点が含まれているほか、高い質感のメッキパーツや3つのホイール、内装パーツなども用意されています。

各装備の画像・説明や価格表といった詳細はこちらの記事でお伝えしています。

ボディカラーは全6色

カラー名称カラーコード
スーパーホワイトII040
プラチナホワイトパールマイカ089
シルバーメタリック1F7
ブラックマイカ209
エモーショナルレッドII3U5
クリアベージュメタリック4Y3
ブラスゴールドメタリック5C2
アーバンカーキ6X3
ダークブルーマイカメタリック8W7

エントリーグレードの「B」は「シルバーメタリック」、「ブラックマイカ」しか選択できず、「スーパーホワイトII」は「B」のみの専用色です。

「プラチナホワイトパールマイカ」と「エモーショナルレッドII」はメーカーオプションカラーとなっています。

アクアのスペック

ボディサイズ

5ナンバーサイズのコンパクトなボディサイズは、日常生活の取り回しにもこまることはないでしょう。

先代モデルで不評だった後席スペースも新型モデルでは前席との間隔が広げられ、先代モデルよりもゆとりがある後席スペースとなっています。

全長4,050mm
全幅1,695mm
全高1,485~1,505mm
ホイールベース2,600mm
車両重量1,080~1,230kg
乗車定員5人

パワートレイン

1.5Lのダイナミックフォースエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせ、コンパクトカートップクラスの低燃費を実現しています。

また、システム出力向上によりアクセルを踏んだ瞬間のレスポンスや力強いトルクによりキビキビとした走りが可能となりました。ドライブモードスイッチで「POWER+」を選択すると加速だけでなく減速も強くなり、ワンペダルドライブによる快適なドライブを楽しむこともできます。

エンジン直列3気筒
排気量1,490cc
最高出力67kW[91PS]/4,800rpm
最大トルク120N·m[12.2kg・m]/3,800-4,800rpm
モーター最高出力59kW[80PS]
モーター最大トルク141N·m[14.4kg・m]
トランスミッション電気式CVT
駆動方式FF
4WD
使用燃料レギュラー

歴代モデル

現行のアクアは2011年にデビューした初代です。歴代車種はないものの、この10年間の間でデザインに何度か変更がありました。これまで登場したアクアをご紹介します。

初代アクア(2011年~2014年)

トヨタ 初代アクア G 前期型
グレード:G

日本国内では2011年に発売が開始。翌年2012年の新車販売台数では1位に輝くなど、早々にトヨタの主力コンパクトカーとなりました。

2013年の一部改良では、ハイブリッドシステムとエンジン本体を改良したことで燃費向上が向上しており、ボディも補強されています。

初代アクア(2014年~2017年)

トヨタ 初代アクア S 後期型
グレード:S

ヘッドライトとグリルの形状が変更され、ルーフのアンテナはシャークフィンに。2015年の一部改良では衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が採用されました。

新たなグレードとして、SUVテイストを色濃くした「X-URBAN」が追加されています。

トヨタ 初代アクア X-URBAN 後期型
グレード:X-URBAN(Xアーバン)

X-URBANは「都会的なセンスのクロスオーバー」をコンセプトに掲げた派生モデルです。

専用に開発されたサスペンションを搭載して通常モデルよりも車高を上げているほか、ルーフモールやアームレストの搭載、サイズアップしたタイヤの採用など他タイプとの違いが強く意識されたモデルとなっています。

パワートレインに違いはありませんが、車両重量が重い分燃費が少し重くなっているほか、全長が長くなっています。

初代アクア(2017年~2021年)

トヨタ 初代アクア S 後期型

初代アクアの最終モデル。詳しくは次ページで紹介します。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (19枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード