MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > かっとびスターレットの再来?トヨタ新興国向けモデル「アギアGRスポーツ」が良い!
トヨタ

更新

かっとびスターレットの再来?トヨタ新興国向けモデル「アギアGRスポーツ」が良い!

インドネシアで発表された5つのGRスポーツ

インドネシアで発表されたトヨタのGRスポーツモデル5車種(左から「ラッシュGRスポーツ」「ヴェロスGRリミテッド」「アギアGRスポーツ」「ヤリスGRスポーツ(インドネシア仕様)」「フォーチュナーGRスポーツ」)

トヨタがインドネシアで5つのGRスポーツモデルを発表しました。日本仕様とはデザインが異なる「ヤリスGRスポーツ」のほか、日本では販売されていない「ラッシュ」「ヴェロス」「アギア」「フォーチュナー」がGRスポーツモデルとして登場。

その中でも「アギアGRスポーツ」は、GRのスポーティさを持ちながら安価であることから、非常に魅力があるモデルとなっています。

150万円以下の低価格GRスポーツ!2種類のエンジンを用意

トヨタ アギアGRスポーツ

アギアGRスポーツは、インドネシアのローコストグリーンカー政策に適合する車種としてトヨタとダイハツが共同開発した小型ハッチバック車アギアのGRモデルです。

トヨタ アギアGRスポーツ

コンパクトなボディに1.0リッターまたは1.2リッターのエンジンを搭載し、価格は最上位グレードでも日本円で150万円以下と非常に安価となっています。エンジンは88馬力を発生させる1.2リッター4気筒エンジンと、67馬力の1.0リッター3気筒エンジンの2通り。1.2リッターモデルには5速マニュアルと4速オートマが設定されていて、1.0リッターモデルは5速マニュアルのみの設定です。

トヨタのスポーティな低排気量コンパクト5ドアハッチバックと聞くと、かつてトヨタが日本で販売していたスターレットを連想させます。

アギアGRスポーツにスターレットの面影が見える?

トヨタ スターレット(EP71)

スターレットの中でも、3代目スターレット(EP71)はそれまでFRレイアウトを採用していたスターレットから一転、FFレイアウトへの転換がおこなわれたモデルです。

700キロ台の軽量な車体に最高93馬力の1.3リッター直列4気筒を搭載し、「かっとびスターレット」としてその軽快さをアピールしました。アギア同様、サスペンション形式はフロントがストラット、リアが車軸式とシンプルなもの。のちに追加されたターボモデルは、「韋駄天ターボ」「辛口ターボ」と呼ばれ、当時スポーツ走行をしていたドライバーの間では日産 マーチ(初代)と並び「FFの基本が学べる車」と人気でした。

現在もトヨタはアフリカ市場においてスターレットの車名をもつ車を販売していますが、そちらはスズキ バレーノのOEMとなっています。

アギアGRスポーツも、かつてのスターレットと同じくモータースポーツの入門として、現地でモータースポーツ活動をしているドライバーたちを支えることでしょう。

アギアGRスポーツとスターレット(EP71)のスペック

車名アギアGRスポーツスターレット(EP71)
全長3,660mm3,700mm
全幅1,600mm1,590mm
全高1,520mm1,380mm
ホイールベース2,450mm2,300mm
車両重量非公表700~760kg
乗車定員5名5名
ボディタイプ5ドアハッチバック3ドアハッチバック
5ドアハッチバック
エンジン1.2L水冷直列4気筒
1.0L水冷直列3気筒
1.3L水冷直列4気筒
最高出力1.2Lモデル:88PS/6,000rpm
1.0Lモデル:67PS/6,000rpm
EFIモデル:93PS/6,200rpm
キャブレターモデル:81PS/6,000rpm
最大トルク1.2Lモデル:11.0kgm/4,200rpm
1.0Lモデル:9.1kgm/4,400rpm
EFIモデル:11.3kgm/5,000rpm
キャブレターモデル:11.0kgm//4,400rpm
トランスミッション5速マニュアル
4速オートマチック(1.0Lモデルには設定なし)
5速マニュアル
4速マニュアル
3速オートマチック
駆動方式FFFF
サスペンション形式前:ストラット式
後:車軸懸架
前:ストラット式
後:車軸懸架式
タイヤサイズ175/65R14175/60R14(最上位グレード)

アギアGRスポーツは日本でも人気になりそう?

トヨタ アギアGRスポーツ

GR86やGRスープラ、GRヤリスなど、トヨタはGRブランドのスポーツカーラインナップを続々と広げていて、アギアGRスポーツはGRブランドのエントリーモデルとして最適なように見えます。

日本でも販売されるのかどうかが気になるところですが、アギアはインドネシアのローコストグリーンカー政策に適合するために開発されたモデルで、基本的には新興国向けとなるためアギアGRスポーツの日本での販売は期待できません。

しかし、シンプルで軽量、手頃な価格のスポーティな車を望む声は多いため、もしアギアGRスポーツが日本で販売されたらスズキ スイフトスポーツのような人気を獲得できるのではないでしょうか。

今後、日本でもアギアGRスポーツのような車が登場することを期待しましょう。

その他の最新情報

マツダがスポーツカーの特許申請!ついにロータリースポーツ復活か?

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード