MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 86 > MFゴースト主人公「カナタ・リヴィントン」とトヨタ 86とは?
86

更新

MFゴースト主人公「カナタ・リヴィントン」とトヨタ 86とは?

【人物紹介】カナタ・リヴィントン / 片桐 夏向

MFゴースト カナタ・リヴィントン
主人公 カナタ・リヴィントン

『MFゴースト』の主役を務めるカナタ・リヴィントンは、日本人の父とイギリス人の母をもつ英国育ちのハーフ。行方不明の父親に自分の存在を知らせるため、父方の姓を借りた「片桐 夏向(かたぎり かなた)」を名乗り、MFGに参戦します。

MFG第1戦目の予選では、初参戦のダークホースとしてデビューし、その天才的な技術をもって圧倒的な存在感を示したカナタ。本戦に進むにつれ、本国イギリスではエリートとして輝かしいレース実績を残していたことや、伝説の元ラリースト・藤原拓海と師弟関係にあることが明かされます。

丁寧な日本語を使う礼儀正しい人物像ですが、レース中は闘争心に満ちた鋭いドライビングテクニックを見せ、驚異の”映像記憶能力”で完璧に把握しきったコースをためらいなく疾走する姿は必見です。

【搭乗車種紹介】トヨタ 86(86号車)

MFゴースト トヨタ 86
主人公・カナタが運転するトヨタ 86

カナタがMFGで搭乗するのは、トヨタ 86(ハチロク) GT。車名にあやかった”86号車”登録が特徴的です。カナタの母親の知人つながりで知り合った自動車整備士・緒方(おがた)から譲り受けた車で、ブレーキをはじめとした足回りがチューニングされています。トランスミッションは6速MT。

特別手を入れられていないエンジンは200馬力程度と、MFG参戦車種の平均を大きく下回ります。しかし、カナタは自身が「ファンタスティック」と評する足回りと、高度なブレーキングとコーナリング技術で、86のパワー不足をカバー。トラクションコントロール(※)はカナタ曰く「ない方が安定します」とのことで、積極的にタイヤを滑らせていくスタイルは迫力満点です。
※駆動力を制御し、タイヤの空転や車の横滑りを防止するシステム

実際のトヨタ 86はどんな車?

トヨタ 86 MFゴースト
2019年4月に富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタに出展されたトヨタ 86 MFゴースト仕様

トヨタ 86(ハチロク)は、スバルとの共同開発から生まれ、2012年に発売された王道スポーツカー。”スバルの水平対向エンジン×トヨタ伝統のFRレイアウト”という合わせ技で実現する、低重心で軽快な走りが特長です。2000年代に入ってから縮小気味だったスポーツカー市場に一石を投じた風雲児として、瞬く間に人気モデルになりました。

86のコンセプトとして採用されたのは、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」というもの。これは、”元祖ハチロク”たるAE86型カローラレビン/スプリンタートレノから着想を受けており、86と名付けられた由来でもあります。スプリンタートレノには、『MFゴースト』の前作にあたる『頭文字D』で主人公・藤原拓海が搭乗しています。

“ハチロク”という名のバトンを渡されたカナタと、チューニングでさらなる進化の可能性を秘めた86の活躍に期待が高まります。

最新「86」中古車情報
本日の在庫数 820台
平均価格 222万円
本体価格 82~776万円
86の中古車一覧へ

【保存版】MFゴースト 登場人物とマシンを総まとめ!途中から読み始めた方は必見

トヨタ 86(GTグレード・6速MT)のスペック

全長全幅全高
4,2401,7751,285
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5701,2404
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類水平対向4気筒
排気量2.0L
最高出力147[200]/7,000
最大トルク205[20.9]/6,400~6,600
トランスミッション6速MT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
トヨタ 86の新車車両価格
GT・6速MT298万
[単位]円(消費税込み)

MFゴースト(1) (ヤンマガKCスペシャル)

※この記事は、講談社ヤングマガジン編集部の協力を得て作成しています。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!