MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > テスラ > 人工知能も「う~ん、行っちゃえ」する?テスラの自動運転機能が信号を無視?
テスラ

更新

人工知能も「う~ん、行っちゃえ」する?テスラの自動運転機能が信号を無視?

「目と脳で運転する」人間と同じようなシステムを採用

©terryleewhite/stock.adobe.com

テスラはモデル3とモデルYにおいて、2021年5月以降納車する車両の運転支援機能システムからミリ波レーダーの装備をやめ、カメラとニューラルネットワーク処理によるカメラベースのシステム『テスラ ビジョン』への移行をはじめました。

テスラ ビジョンは自動運転機能を含む運転支援機能で多くの自動車メーカーが採用するレーダーを使用した構成と異なり、カメラ映像のみに依存してオートパイロットやフルセルフドライビング等の運転支援機能を作動させます。

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は自動運転を構成するシステムについて、「人間は目と脳で運転する」として、カメラとニューラルネットワーク処理が理にかなっているという考えを示しています。

テスラに乗り換えてから儲かるように

信号が微妙なタイミングで交差点に進入

ベータ版が提供されているフルセルフドライビング機能を試す動画がYouTubeに公開されました。

この動画では市街地でフルセルフドライビング機能が作動する様子を確認できますが、動画の中盤では、黄色信号にも関わらず、前の車に続いて交差点内に進入するシーンもありました。

安全に停止できるか微妙な距離ではあったものの、その後信号の先で先行車が停止しかけ、それにフルセルフドライビング機能も追従。危うく交差点内で停車しそうになっています。

ガソリンエンジンに対する皮肉が利いた映像に?

まだまだ完全な機能ではない

©anatoliy_gleb/stock.adobe.com

テスラはフルセルフドライビング機能について、ドライバーの監視を必要とし、車両を自動で運転するものではないことを説明しています。

そのため、こうした信号などの交通ルールのほか、事故等の責任はドライバーに起因することととなります。

テスラの解錠のためのチップを体に埋め込む

運転支援機能システムの構成からミリ波レーダーを廃止

テスラの警報が作動し女性驚く…なぜ蹴った?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード