MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > テスラ > 日本でも発売予定のテスラ サイバートラックが市販化に向けデザイン変更か
テスラ

更新

日本でも発売予定のテスラ サイバートラックが市販化に向けデザイン変更か

サイバートラックが市販化に向けてデザイン調整?

2019年11月に発表され、大きな反響を呼んだテスラの「サイバートラック」が現在、市販化に向けた最終的なデザインの調整を行っている可能性が浮上しました。

2021年3月7日、Twitter上であるユーザーがテスラCEOのイーロン・マスク氏に対し「サイバートラックのデリバリーに関する進展はあるか」と質問したところ、「おそらく第2四半期(4月~6月)に更新します。サイバートラックはギガ・テキサスで建設されるので、今の焦点はその建設にあります。」との回答がありました。

ギガ・テキサスとは

出典:wikipedia.org Author:Larry D. Moore CC BY 4.0

ギガ・テキサスとは米テキサス州に建設されているテスラの新工場「ギガファクトリー・テキサス」のことです。2020年7月から建設を開始しており、2021年末までの稼働を目指しています。完成後はサイバートラックや、SUVのモデルYの生産が予定されています。

2021年3月時点、ギガ・テキサスの建設は急速に進んでおり、建物の一部はほぼ仕上がっている状況。現在はモデルYの生産設備における建設と準備に重点を置いているようです。

ボディサイズがやや縮小されることが予想

イーロン・マスク氏は、最近のポッドキャストで、トラックのサイズが3%ほど変更されたと語っています。とはいえ、全体のデザインには変わりがないといいます。また、運が良ければ2021年末に数台のデリバリーを開始できるという旨の発言もしていました。

角張ったデザインが失われる?

サイバートラックの形状は歩行者と衝突した際に危険だとして、欧州規制に適合できない可能性があります。欧州で同車を販売するためには、特にフロント部分のデザインを大幅に変更する必要があり、特徴的な角張ったデザインが失われると予想するユーザーも。

仮にこうした変更が行われた場合、数十万件に及ぶ予約のうち、多くの顧客がキャンセルしてしまうのではないかと懸念されます。

発売は2021年末から2022年前半か

工場の建設状況やイーロン・マスク氏の一連の発言から、サイバートラックの発売は2021年末から2022年前半にかけて行われると予想されます。

これらを踏まえると、冒頭で触れた第2四半期のアップデートというのは、市販モデルのデザイン発表なのではないかと考えられます。スケジュールとしては、2021年6月頃に市販モデルのデザインを発表、同年12月以降に初期ロットのデリバリーを開始、という流れになるのではないでしょうか。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード