MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ワゴンR > 2022年は軽EV元年に!EVに進化した次期ワゴンRは2021年内にデビューか
ワゴンR

更新

2022年は軽EV元年に!EVに進化した次期ワゴンRは2021年内にデビューか

次期ワゴンRは最速で2021年後半にインドからデビュー

出典:gaadiwaadi.com

次期モデルはEVになるとされているスズキ ワゴンRは、2021年後半から2022年初頭にかけて、発売が開始される可能性が高いと海外メディアが報じました。

ワゴンR EVはワールドプレミア後にまずインドで発売が開始され、2023年までにヨーロッパでも発売となるようです。

トヨタ版ワゴンR「ハイライダー」もデビューか

出典:ipindiaonline.gov.in

次期ワゴンRとみられるテスト車両は、2021年5月28日に目撃動画がYouTube上で公開されています。

テスト車両はカモフラージュが一切施されていない完全な状態で撮影されていて、この動画ではトヨタのエンブレムがついたホイールを装着していることが確認できます。

このことから、スズキは次期ワゴンRの開発をトヨタと共同でおこなっているものとみられていて、トヨタからワゴンRのOEMモデルが出る可能性も浮上しました。

トヨタは、インドで「ハイライダー」という新しい車名の商標登録をおこなっていて、ワゴンRのOEMモデルにこの車名が使われるのではないでしょうか。

開発はスズキのインド小会社

出典:gaadiwaadi.com

なお、次期ワゴンRの開発をおこなうのはスズキのインド子会社「マルチ・スズキ・インディア(通称:マルチスズキ)」です。

マルチスズキは、デビューが噂されているジムニーロングの開発も担っていると言われています。

スイフトもEV化?

また、スズキは次期ワゴンRをベースに次期スイフトを開発するものとみられていて、スイフトスポーツとともに2023年にデビューする可能性も示されました。

日産・三菱から登場予定の軽EVとライバル関係に

出典:日産自動車 2020年度決算報告資料

EVとなる次期ワゴンRが日本で発売される可能性は非常に高いです。

日産と三菱は、2021年5月に公表した決算資料にて、2021年度に国内市場へ軽EVを投入するとしています。

この対抗馬としてワゴンR EVが登場することに、違和感を覚える方はいないでしょう。

日本での発売時期は不明ですが、日産と三菱の軽EVが2021年度に登場することや、すでに完全な状態でテストがおこなわれていたことを考えると、そう遠い話ではないはずです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

8月発表確定!フェアレディZに関して判明している情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード