MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ワゴンR > スズキ ワゴン/スティングレーのエンジンと変速機を変更し安全装備を強化
ワゴンR

更新

スズキ ワゴン/スティングレーのエンジンと変速機を変更し安全装備を強化

安全装備の充実に加え、新開発のパワートレーンを採用

スズキ ワゴンR fz フロントサイド

スズキは2019年12月25日、軽トールワゴン「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部仕様変更し、2020年1月20日に発売開始することを発表。また、両車種を福祉車両として開発した「ワゴンR 昇降シート車」「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」も一部仕様を変更し、2020年2月4日から発売することを発表しました。

ワゴンRの初代モデルが発売されたのは1993年で、現在のモデルは6代目。ワゴンRスティングレーは2007年にワゴンRの派生車種として発売されました。

今回の仕様変更では、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」や、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーをFA5MT車以外の車両に設定し、安全装備を拡充しました。また、熱効率が向上した「R06D型エンジン」(NA車)と、すぐれた燃費性能と走行性能を両立させた新開発CVTを組み合わせた、新たなパワートレーンを採用したと伝えています。

ワゴンR、ワゴンRスティングレーともに、交通事故防止対策の一環として国が普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」の対象となっています。

【公式】スズキ ワゴンR WEBサイト

【公式】スズキ ワゴンRスティングレー WEBサイト

ワゴンR FZ

スズキ ワゴンR FZ フロントサイド
スズキ ワゴンR FZ コクピット
スズキ ワゴンR FZ 内装
スズキ ワゴンR FZ フロントサイド
スズキ ワゴンR FZ フロントサイド

ワゴンR FX

スズキ ワゴンR FX フロントサイド
スズキ ワゴンR FX コクピット
スズキ ワゴンR FX 内装
スズキ ワゴンR FX フロントサイド
スズキ ワゴンR FX フロントサイド

ワゴンRスティングレー

スズキ ワゴンRスティングレー フロントサイド
スズキ ワゴンRスティングレー コクピット
スズキ ワゴンRスティングレー 内装
スズキ ワゴンRスティングレー フロントサイド
スズキ ワゴンRスティングレー フロントサイド

ワゴンR 昇降シート車 FZ

スズキ ワゴンR 昇降シート車 FZ フロントサイド

ワゴンR 昇降シート車 FX

スズキ ワゴンR 昇降シート車 FX フロントサイド
スズキ ワゴンR 昇降シート車 FZ バックサイド
スズキ ワゴンR 昇降シート車 FZ 昇降シート

ワゴンRスティングレー 昇降シート車 X

スズキ ワゴンRスティングレー 昇降シート車 X フロントサイド
スズキ ワゴンRスティングレー 昇降シート車 X バックサイド
スズキ ワゴンRスティングレー 昇降シート車 X フロントサイド
スズキ ワゴンRスティングレー 昇降シート車 X バックサイド
最新「ワゴンR」中古車情報
本日の在庫数 12535台
平均価格 66万円
本体価格 0~170万円
ワゴンRの中古車一覧へ
すべての画像を見る (23枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム