MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ソリオ > スズキ ソリオ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ソリオ

更新

スズキ ソリオ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

スズキ ソリオとはどんな車?

スズキ 4代目ソリオ フロント
スズキ 4代目ソリオ リア

同社には、ジムニーがあり、乗用車バージョンとなるシエラがあります。ソリオはかつて、ワゴンRからの派生車種で、ワゴンRの乗用車版のワゴンRソリオが独立したモデルです。

軽ハイトワゴンの源流に近い1台をルーツにもつソリオは、コンパクトカーの中でも、実用性を強く重視したモデルで、スポーティさは無いものの実用的な1台です。

スズキ 4代目ソリオ 運転席
スズキ 4代目ソリオ 内装

ファミリー層向けに進化を続けたソリオは、当時には装備していなかったスライドドアを装備し、使いやすさと共に、先進安全装備の普及で、安心度もアップしています。

このタイプの車は、新しければ新しい方がいい車種ともいえます。

ラインナップは、ハイブリッド仕様のMZ、MXと、ガソリン仕様のGの2タイプ3種類となっています。

おすすめグレード

ソリオのグレード構成と車両価格

2021年5月時点で販売されているソリオのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

ノーマルデザインのソリオ

グレード名車両価格(税込)
G1,581,800円~
HYBRID MX1,850,200円~
HYBRID MZ2,022,900円~

ソリオバンディット

グレード名車両価格(税込)
HYBRID MV2,006,400円~

ソリオはノーマルデザインと、カスタムデザインの「バンディット」の2種類。バンディットが欲しい人はグレードの選択肢がありませんので、標準装備を確認し、必要であればメーカーオプションを追加しましょう。

使いやすさならノーマルデザインの「HYBRID MZ」がおすすめ

スズキ 4代目ソリオ HYBRID MZ フロント
グレード:HYBRID MZ

ノーマルとカスタム、全てのグレードを通して最も標準装備が充実しているのは、ノーマルデザインの「HYBRID MZ」です。バンディットの「HYBRID MV」ではメーカーオプションになっている、右側パワースライドドアまで標準装備となっています。

小さいお子さんがいるなど後席の乗り降りを重視するならソリオ「HYBRID MZ」、またはソリオバンディットの「HYBRID MV」+メーカーオプションを検討するのがおすすめです。

スズキ 4代目ソリオ HYBRID MV フロント
グレード:HYBRID MV

MZとMVの大きな装備差はそれのみといってよく、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールやLEDやヘッドランプ、ヘッドアップディスプレイなどは両車標準装備となっています。

「HYBRID MX」は両側パワースライドドアにできないので要注意

スズキ 4代目ソリオ HYBRID MX フロント
グレード:HYBRID MX

ノーマルデザインのミドルグレード「HYBRID MX」は、上位グレード「HYBRID MV」と約17万円の価格差があります。

おすすめオプションはLEDヘッドアップおよびポジションランプですが、右側パワースライドドアはオプションでも選択できませんので注意しましょう。

小さいお子さんがいるなど後席の乗り降りを重視したい場合は、上位グレード「HYBRID MV」がおすすめです。

エントリグレード「G」はACC機能なし

スズキ 4代目ソリオ G フロント
グレード:G

ノーマルデザインのエントリーグレード「G」は、スズキセーフティサポート搭載モデルを選択した場合でも、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールが搭載されません。

また、基本的にパワースライドドア自体もオプションとなるため、Gは街乗りなど近場へのアクセスがメインの、小さいお子さんがいないユーザー向けといえます。

ボディカラーは全8色

スズキ 4代目ソリオのボディカラー一覧画像
画像はHYBRID MZ

現行ソリオのボディカラーは合計8色が用意されています。グレードによって選択できない色などはありません。すべてのグレードでこれらの8色を選択可能です。

査定額が高くなるのは、「ピュアホワイトパール」「スーパーブラックパール」「スターシルバーメタリック」などでしょう。

カラー名称カラーコード
メロウディープレッドパール(WAF)
フレイムオレンジパールメタリック(ZWD)
スピーディーブルーメタリック(ZWG)
ネオンブルーメタリック(ZWC)
クラッシーブラウンメタリック(ZVS)
スターシルバーメタリック(ZMU)
ピュアホワイトパール(ZVR)
スーパーブラックパール(ZMV)

スズキ ソリオのスペック

スズキ 4代目ソリオのスタイリングイメージ

ボディサイズ

全長3790mm
全幅1645mm
全高1745mm
ホイールベース2480mm
車両重量960~1040kg
乗車定員5人

現行ソリオはクラストップの居住空間が何よりの特徴。先代とプラットフォームを共有しているため、新型になっても大きな変更はありません。

強いて言うなら全長が80mm、荷室床面長を100mm拡大したことで収納性を強化。まさに正当進化といえる使い勝手の強化を果たしました。

よく比較されがちなトヨタのトールワゴン「ルーミー」よりもやや大きいものの、取り回しに不便を感じることはありません。

カーシェアリング車両としても採用されることが多いことからも分かるように、誰にでも扱いやすいモデルです。

パワートレイン

エンジン水冷直列4気筒水冷直列4気筒
排気量1242cc1242cc
最高出力67kW[91PS]/6,000rpm67kW[91PS]/6,000rpm
最大トルク118N·m[12.0kgf・m]/4,400rpm118N·m[12.0kgf・m]/4,400rpm
モーター最高出力2.3kW[3.1PS]/1,000rpm
モーター最大トルク50N·m[5.1kgf・m]/100rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

ソリオのパワートレインはマイルドハイブリッドとガソリンの2種類が選択できます。なお、先代まで存在したハイブリッドは廃止されています。

どちらも1.3Lの直列4気筒エンジンを搭載しており、最高出力91PS、最大トルク118N·mを発生。同じスズキ車だとイグニスやスイフトと同等の性能。

あくまでマイルドハイブリッドということもあり、カタログ上での燃費はガソリンモデルと差はそれほどありません。しかし、価格差や減税額などを考慮するとマイルドハイブリッドを選択したほうがお得です。

歴代モデル

【先代】ワゴンRワイド:MA61S/MB61S型(1997年~1999年)

スズキ ワゴンRワイド フロント
ワゴンRワイド(1997年)

ソリオの原型となるのは、1997年に発表されたワゴンRの派生モデル「ワゴンRワイド」です。

ワゴンRよりも充実した装備や専用の内装が用意されるといった差別化が図られています。

1999年5月に後継であるワゴンR+と入れ替わるかたちで生産を終了しました。

【初代】ワゴンR+/ワゴンRソリオ/ソリオ:MA63S/MA64S/MA34S型(1999年~2010年)

スズキ ワゴンR+ フロント
ワゴンR+(1999年)

初代ソリオは最初、ワゴンR+(プラス)という名称で販売されました。

その後、マイナーチェンジによって車名が変更されていき、2000年にワゴンRソリオ、2005年にソリオとなります。

スズキ ワゴンRソリオ フロント
ワゴンRソリオ(2000年)

こうした背景から、初代ソリオのデザインはワゴンRの雰囲気を強く残しており、部品の多くも共通のものが使用されています。

歴代ソリオは、いずれもOEM車が存在し、初代ソリオはシボレーMWとして販売されました。

【2代目】ソリオ:MA15S型(2010年~2015年)

スズキ 2代目ソリオ フロント

2代目ではワゴンRから完全に独立。車名から「ワゴンR」が外れ、「ソリオ」単体の車名で販売されました。

正統派ファミリーカーとして進化を遂げており、リアのスライドドアの採用や、スライドドア挟み込み防止機能の搭載などが特徴です。

このモデルは、三菱デリカD:2としてOEM販売などもされたモデルです。

【3代目】ソリオ:MA26S/MA36S/MA46S型(2015年~2020年)

スズキ 3代目ソリオ フロント

3代目は先代よりもかなり近代化され、マイルドハイブリッドやアイドリングストップ、先進安全装備などが搭載されました。

また、2015年はスズキの当たり年で、同時期のアルト、ラパン、エブリィ、SX4などと同時にグッドデザイン賞を受賞しています。

3代目ソリオは先代に引き続き、三菱デリカD:2として販売されていました。

最新「ソリオ」中古車情報
本日の在庫数 1815台
平均価格 97万円
本体価格 10~239万円

新型情報はこちら!

スズキの新着情報はこちら!

スズキの現行車種一覧まとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事