MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ジムニー > ジムニーロング「右ハンドル版」開発車両が登場!日本発売にも期待大
ジムニー

更新

ジムニーロング「右ハンドル版」開発車両が登場!日本発売にも期待大

2度目となるジムニーロングのスクープ

今年3月に目撃されたジムニーロングの開発車両

2021年10月26日、インスタグラムにてジムニーロングと思われる開発車両が投稿されました。

最後にジムニーロングの開発車両が目撃されたのは2021年3月。今回、約7ヶ月ぶりの遭遇となります。

前回の開発車両とは別車両

以前目撃された開発車両と見比べた結果、ナンバープレートはどちらもオーストリアのものと見られますが、ナンバーが異なるので別の車両です。

右ハンドル版の存在が明らかに!

今回目撃された最新の開発車両の最大の特徴は、右ハンドルであるということです。前回は左ハンドルで、日本仕様でないことは明らかでしたが、今回は日本での発売も期待できます。ただし、ジムニーロングを生産すると言われているマルチ・スズキの拠点、インドも右ハンドル。あくまで可能性が見えてきたという段階です。

その他の違いとして、最新の開発車両ではフロントの樹脂製フェンダーが一部露出しています。また、前後フェンダーに貼られたテープからケーブルが出ており、各ホイールに取り付けられた測定機器へと接続されています。これはブレーキ性能をテストしていると見られます。

フロントガラスの中央には、ハンドスピナーのような形状の機器が吸盤で固定されています。これについては不明ですが、何らかの安全機能に関連していると考えられます。

ジムニーロングは3ドア仕様に?

ジムニーロング 5ドア仕様の予想CG

今回を含め、2度目撃されているジムニーロングの開発車両ですが、どちらも3ドア仕様です。

5ドアを期待する声が多いものの、そちらについては一度も目撃されていません。

MOBYが実施したアンケート(2021年10月26日時点)
こちらから最新の結果を確認できます。

以前MOBYが実施したアンケートでは、「3ドアと5ドアどちらがいいか」という質問に対し、95%のユーザーが「5ドア」と回答しています。

編集部としても、ここまで投票率が偏るとは予想していませんでしたが、居住性や積載性能など、使い勝手を重視したモデルであるが故に5ドアが望まれているという見方も。

ただ、今後開発が進む上で5ドア仕様が目撃される可能性もありますし、3ドアと5ドアどちらもラインナップすることも考えられます。

デビューは2022年以降か

2021年1月20日にマルチスズキが公開した写真
ジムニーロングの生産はインドで行われる見込み

以前もお伝えしたように、ジムニーロングの発表は2022年内にされると予想されています。

ただ、国内市場への導入は今のところ未定。日本でも発売されるという報道もあるので期待したいところです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

最新「ジムニーシエラ」中古車情報
本日の在庫数 370台
平均価格 239万円
本体価格 31~415万円

スズキの新型車情報はこちら

その他のおすすめ記事

発表間もないレクサス LXの実車が目撃された!

マツダの次世代モデル「CX-50」のデザインが判明か

スズキ マイティボーイの後継?2015年発表のコンセプトカーに期待

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード