MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ジムニー > ロング版もオフロード性能はピカイチ?5ドア版ジムニーがオフロードテスト開始
ジムニー

更新

ロング版もオフロード性能はピカイチ?5ドア版ジムニーがオフロードテスト開始

本当に出るの? 5ドア版ジムニーロング

スズキのインド子会社「マルチ・スズキ・インディア(通称マルチスズキ)」は、2020年6月からスズキ ジムニーの5ドアロングボディモデルを開発しており、これまでテストを行っている姿が何度も目撃されていました。

現地メディアは、このジムニーのロングモデルを「5ドア マルチ ジムニー」と呼んでいます。そのマルチ ジムニーの新たなテストの様子がスクープされました。

5ドア版ジムニーはオフロード走行をテスト中

引用元:indiancarfundamentals

5ドア版ジムニーは、2022年10月1日の時点で耐候性テストと悪路地形走行テストの段階にあるようです。インドなどで販売されるスズキのSUVグランド ビターラと並んで山岳路を走行するカモフラージュ姿のマルチ ジムニーがカメラに捉えられました。

ホイールベースが長くなるぶん、最低地上高を稼いでロードクリアランスを確保しているようです。また、全長は4,410mmのタタ・モーターズのシエラより300mmほど長いと報じられており、その情報が本当であれば5ドア版ジムニーの全長は4,700mmほどになります。

パワートレインはもちろん4WD! ハイブリッドも?

その他の仕様はまだ明らかにされていません。パワートレインとして有力視されているのは、グランド ビターラにも採用される1.5Lデュアルジェットエンジンです。

最高出力103PS、最大トルク13.7kgf・mを発揮するK15C型直列4気筒エンジンに、5速MTならびに6速ATが組み合わされ、副減速機を介してスズキの「AllGrip AWD」によって四輪を駆動させると見込まれています。

またマイルドハイブリッドシステムの追加や新しい内装デザイン、インフォテイメントシステムタッチクリーンの大型化や新機能追加も予想されており、マルチ ジムニーは本格オフローダーというよりも、ラグジュアリーSUVの要素を追加したクロスカントリーカーような位置づけになる模様です。

発表は2023年1月のインドAUTO EXPO 2023を予定

ジムニー5ドアの予想CG(編集部制作)

マルチ ジムニーは、インドのマヒンドラ社のタールという車や、同じくインドのフォース・モータース社のグルカといった新型オフロードカーと競合させるために開発が進められている模様です。マルチ ジムニーがインドで発売されることはほぼ確実といえるでしょう。

マルチ ジムニーこと5ドア版ジムニーロングは、2023年1月13日からインドで開催されるAUTO EXPO 2023で発表される可能性が有力となっています。ただし、グローバル展開については現段階でもいまだ不明です。

その裏にはスズキの苦悩があるの知ってる?

スズキの力に括目せよ!?

なんだか羨ましい?

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード