MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > WRX STI > 次期新型スバル WRX STI デザイン予想CGを入手!次は400馬力超えか!
WRX STI

更新

次期新型スバル WRX STI デザイン予想CGを入手!次は400馬力超えか!

2019年を最後に生産となったスバルのスポーツセダン「WRX STI」、現在開発中とされる次期新型のデザイン予想CGとスクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

水平対向2.4L新開発エンジンは400馬力超え、PHEVは見送りか

次期新型スバル WRX STI デザイン予想CG
次期新型スバル WRX STI デザイン予想CG。
東京オートサロン2018で公開されたコンセプトモデル「SUBARU VIZIV Performance STI comcept 」をベースに次期新型WRX STIはデザインされるだろうとのこと。巨大で湾曲したリアスポイラーはそのままに、リアバンパー下の直線基調のディフューザー、4本出しのエキゾーストパイプ、フロントとリアはコンセプトモデルのデザインを汲んだブラックのオーバーフェンダーでデザインされている。ボディサイドのスカート、エキゾーストパイプにSTIらしい赤のアクセントをデザイン、リアはウインカー、ポジションランプ、バックランプを一体化したコンビネーションランプとし、そのデザインもコンセプトモデルを引き継いでいる。
SUBARU VIZIV Performance STI comcept 
リア
東京オートサロン2018で公開されたコンセプトモデル「SUBARU VIZIV Performance STI comcept 」をベースに次期新型WRX STIはデザインされるだろうとのこと。
(画像:スバル 広報)

パワートレイン

エンジンは新開発の水平対向4気筒2.4L直噴ターボガソリンを搭載、WRX S4では最高出力295ps、WRX STIでは初の400psを超えるブーストアップでチューンされそうとのこと。トランスミッションは、WRX S4にCVT、WRX STIに6速MTが組み合わせられるようです。

次期新型はWRX STIは、新型レヴォーグや、現行インプレッサに採用される「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」が採用され、ボディ剛性と走行性能の向上が図られ、ボディサイズはこれまでより若干拡大し居住性も向上すると見込まれています。

発表時期

次期新型スバル WRX STIのデビューは、最速で2021年後半、遅れれば2022年前半の予想とのことです。

スバル WRX STIとは?

スバル WRX STI SJ20 ファイナルエディション
スバル WRX STI SJ20 ファイナルエディション
(画像:スバル 広報)

もともとは1992年にデビューしたスバル インプレッサのハイパフォーマンスグレードも与えられていた名称「WRX」が4代目にフルモデルチェンジするときに、「WRX」のみの車名に独立しています。

インプレッサWRXはWRC(世界ラリー選手権)で大活躍しています。そのレースマシンに大きく描かれた「555」は当時スバルチームのスポンサーだったタバコのブランド「ステートエクスプレス555」を、タバコ広告禁止国でもアピールするため、車両名にブランド名を大きくデザインしたものとなっています。

WRXは、初代インプレッサ WRCに搭載された水平対向「SJ20」型エンジンを歴代モデルに搭載し、名機と呼ばれていましたが、2019年に基本設計の古さなどから年々厳しくなる環境性能に耐えきれなくなくなり、ついに生産終了が決定されました。555台限定となった最終モデルには、そのエンジン名が付与され「SJ20 ファイナルエディション」として発売するも購入希望車が殺到、購入は抽選となり、その倍率は20倍を超えたとのことです。

※スバルからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!