MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > てんとう虫こと「スバル360」が機械遺産に|その魅力と中古車情報は?
スバル

更新

てんとう虫こと「スバル360」が機械遺産に|その魅力と中古車情報は?

スバル360の極限までシンプルな内装

スバル360 1958年型 インパネ

スバル360は無駄を削って軽量化している

車内は驚くほど簡素なつくりになっており、装備は最低限となっています。もちろんエアコンはなく、暖房としてカーヒーターが付いているだけでした。

4人が乗ると少々狭いように感じますが、当時の軽自動車としては限界ぎりぎりまで広くした結果なのです。
削れるところを削り、車内を広くすることが軽量化にも一役買っています。

スバル360が機械遺産に認定!

スバル360が機械遺産として新しく認定されました。機械遺産とは、日本機械学会が日本において機械技術面で歴史的意義のあるとして与える機械の称号。次の世代に文化遺産として優れた技術が存在したことを伝えることが目的です。

ちなみに自動車の機械遺産は他にもマツダのロータリーエンジンも認定を受けています。

スバル360の中古車情報

スバル360の中古車価格の相場は、だいたい70万円〜120万円ほどとなっています。1966年式は70~90万円、95~120万円ぐらいが相場ではないでしょうか。
1968年式はそれほど高価格ではないですが、50年以上も前に生産は終了しています。希少価値は高いです。

ボディの傷や凹み、エンジンの動作状況などを事前にヒアリングしてから購入しましょう。

スバル360 実際の走行動画

色褪せぬ名車となったスバル360

スバル360には快適性や機能性を超えた魅力がある

スバル スバル360 1958年型

日本車史に残る大衆車スバル360の魅力は伝わりましたか?

1958年から12年間にわたり生産され、愛されてきた「スバル360」は高度経済成長と共に走り続けました。
シートベルトが無い、エアコンが無いなど安全性や快適性で現在の車と比べると、ないない尽くしの「スバル360」ですが、現在の車に無い随一の「魅力」を持っている事は確かです。

これからも日本の名車として燦然と輝き続けることでしょう!

レトロな車をもっと知りたい方にオススメの記事

トヨタ2000GTの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

日本車スポーツカーBEST25!世界で人気の国産スポーツカーの歴史

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事