MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > スバルに乗るとモテる?!気遣い上手なドライバーになれる装置をスバルが発明
スバル

更新

スバルに乗るとモテる?!気遣い上手なドライバーになれる装置をスバルが発明

スバルが「乗員感情伝達装置」を発明!

乗員感情伝達装置に関する発明の代表図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp

スバルが、運転をする人が同乗者の感情をさりげなく知ることができる「乗員感情伝達装置」に関する発明の特許出願していたことが、2021年11月1日に分かりました。

「もっとゆっくり走って…」言い出しにくい人を助ける

乗員感情伝達装置に関する発明の図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp
乗員感情伝達装置に関する発明の図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp

ドライバーが気持ちよく運転をしていたとしても、ほかの同乗者にとっても気持ちが良いものとは限らず、むしろ同乗者にとっては不快な場合があります。

しかし、同乗者がドライバーに対してそのことを言い出しにくく、精神的ストレスを感じる人は多いようです。

2020年4月30日に出願された「乗員感情伝達装置」の発明は、車両を運転する人や自動運転のパラメーター設定をおこなったドライバーが、メーター内での表示や、ウェアラブル機器などから、同乗者が不快になっていないか等の推定される感情を通知されるというもの。

この「乗員感情伝達装置」によって、ドライバーにとっては同乗者を気遣った運転ができるように、同乗者にとっては言い出しにくいことを機械が「代弁」してくれるようになるようです。

スバルが目指す「笑顔をつくる会社」への取り組みのひとつか

日本最初の「大衆車」になったと言われるスバル 360
多くの人に移動の愉しみを与えた

スバルはボクサーエンジンをはじめとした自動車の走行に関する技術はもちろん、アイサイトなどの自動車の安全に関する技術も磨き上げてきました。

現在、スバルは「モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ」をテーマに掲げていて、車そのものではなくスバルの車がある生活に、ユーザーが価値を見出すことに主眼を置いているとされています。

「乗員感情伝達装置」に関する発明はそれに向けた取り組みの一環とみられ、スバルの車に乗ることでドライバーにとっても同乗者にとっても快適に移動できるという価値を生み出すものとみられ、これ以外にもどのようなアプローチで「笑顔をつくる」を実現していくのか、注目です。

その他の最新情報

すごすぎる!あの名優がトヨタ博物館に超希少車を寄贈

これができる人は運転上級者?渋滞吸収車がSNSで話題に

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

スバリスト以外聞いたことない?他メーカーファンの愛称

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード