MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > スバルの次世代e-BOXER車はトヨタと共同開発に?BEVの自社生産に本腰
スバル

更新

スバルの次世代e-BOXER車はトヨタと共同開発に?BEVの自社生産に本腰

THS採用の次世代e-BOXER車が登場予定

スバルは2022年5月12日、今後の電動車の開発に対する国内生産体制の計画を発表しました。

発表では、THS(トヨタハイブリッドシステム)を採用した次世代e-BOXER搭載車を2020年代中盤から投入していくことが明らかになっています。

昨今の自動車業界では電動化の流れが急速に進んでいますが、スバルのラインナップは現時点で大半がガソリン車。ハイブリッド車であるe-BOXER搭載車は「インプレッサスポーツ」「XV」「フォレスター」の3車種にとどまっています。

スバル初のグローバルBEV「ソルテラ」

20年代中盤から投入されるe-BOXER搭載車にはトヨタのハイブリッドシステムが採用されていることから、電動SUV「ソルテラ」のようにトヨタとの共同開発ですすめられると見られます。

BEV専用工場が27年以降に稼働

BEV専用ラインが追加されるスバル・大泉工場(群馬県)

電動化に対応するため、国内における電気自動車(BEV)の工場新設も発表されています。

新工場は群馬県の大泉工場に追加される予定で、工場新設に伴い既存工場でもBEV生産に対応すべく改修を実施するとのこと。これらの総投資額は2,500億円を見込んでいるようです。

稼働開始は2027年以降を予定。スバルが国内で完成車の生産工場を新設するのは1969年2月に矢島工場が稼働してから約60年ぶり。現在は群馬県太田市にある本工場と矢島工場の2箇所が稼働しています。

今後はe-BOXER車の生産を本工場でも開始し、2027年以降はそれに加えてBEV車の生産を矢島工場と大泉工場で開始する計画です。

年間生産台数は数万台規模を予定していると伝えています。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

【みんなの意見】投票受付中!

Q. スバルが水平対向エンジンを作れなくなる可能性についてどう思う?

現在、電動化によって内燃機関を搭載する車種を販売できなくなるのではないかと言われています。こうした動きでスバルの誇る...

  • どうにか作り続けてほしい
  • 時代の流れなので仕方がない
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

スバルの新型車情報はこちら

スバル初のBEV「ソルテラ」が5月12日に発売決定

その他の最新情報

クラウンクロスがマジで来る!?次期型クラウンの最新情報

元祖ハイブリッド車「プリウス」の次期型も近い!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード