MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > レヴォーグ > スバル レヴォーグに1.5ターボを新設定の噂、次回の年次改良で?
レヴォーグ

更新

スバル レヴォーグに1.5ターボを新設定の噂、次回の年次改良で?

レヴォーグに1.5ターボを新設定

スバル レヴォーグ

スバルの人気ステーションワゴン「レヴォーグ」に、1.5Lターボエンジンを搭載したグレードを追加される可能性があるという情報が、読者からの情報提供で明らかになりました。

情報を提供してくれた方はスバルディーラーから話を聞いたとのこと。1.5Lターボを望む声は少なくないため、期待が高まります。

【4/25追記】レヴォーグではなくインプレッサ&XVに追加か

スバルディーラーに改めて問い合わせたところ、1.5Lターボの搭載はレヴォーグではなくインプレッサ&XVかもしれないという情報を入手。

この件については現在調査中ですので、続報をお待ち下さい。

【4/28追記】続報はこちらから

2022年後半の年次改良で搭載か

レヴォーグ STI Sport R EX 走行イメージ
2021年に発表された2.4Lターボ搭載グレード「STI Sport R EX」

スバル車は基本的に年次改良が毎年実施されます。改良を実施するタイミングで「A型」「B型」と、「○型」のアルファベットが一つずつ積み上がっていきます。

現行のレヴォーグは2021年11月に発表された「B型」。B型に移行するタイミングで最も注目だったのは、新型WRXと同じ2.4Lターボエンジン搭載するグレード「STI Sport R」「STI Sport R EX」が追加されたこと。そのほかにもメーカーオプションやボディカラーのラインナップに変更が加えられました。

フルモデルチェンジと年次改良のスパンは、先代も含めて約1年周期。つまり、次回の改良も9~11月のどこかになると予想されます。

1.5Lターボを望む声は多い

現在、レヴォーグのパワートレインは1.8Lターボと2.4Lターボの2種類(どちらも4WDのみ)。ハイブリッドの設定もないため、維持費は比較的高めになります。そのため、購入をためらっているユーザーも一定数いるようです。

仮に1.5Lターボモデルが追加されるとすると、自動車税や車両価格が安く抑えられることに加え、燃費性能も優れた経済的なグレードになることが期待されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

【みんなの意見】投票受付中!

Q. スバルが水平対向エンジンを作れなくなる可能性についてどう思う?

現在、電動化によって内燃機関を搭載する車種を販売できなくなるのではないかと言われています。こうした動きでスバルの誇る...

  • どうにか作り続けてほしい
  • 時代の流れなので仕方がない
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

スバルの新型車情報はこちら

スバル初のBEV「ソルテラ」が5月12日に発売決定

その他の最新情報

クラウンクロスがマジで来る!?次期型クラウンの最新情報

元祖ハイブリッド車「プリウス」の次期型も近い!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード