MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > e-BOXER(eボクサー)スバル新型マイルドハイブリッド水平対向エンジンの燃費やスペックは?
役立つ情報

更新

e-BOXER(eボクサー)スバル新型マイルドハイブリッド水平対向エンジンの燃費やスペックは?

e-BOXER(eボクサー)とは?

新型 フォレスター Advance プロトタイプ

スバル 5代目 フォレスター Advance 2018

e-BOXER(eボクサー)とは、スバルの新型マイルドハイブリッドシステムの総称です。スバル伝統の水平対向エンジン(ボクサーエンジン)に電動技術を組み合わせており、モーターアシストによる軽快な加速によって、日常シーンでも走りが愉しめるといいます。

5代目新型フォレスターへの採用が決まっているe-BOXER。スペックや燃費などの最新情報をまとめました。

水平対向エンジンについての記事はこちら

ボクサーエンジンとは?スバルとポルシェがこだわる水平対向エンジンを徹底解説!

e-BOXERは新型フォレスターに搭載

新型 フォレスター Advance プロトタイプ

スバル 5代目 フォレスター Advance 2018

スバルは2018年5月18日、5代目モデルとして今夏の発売を予定している新型フォレスターの先行予約を開始しました。同時に、新型フォレスターにe-BOXERを搭載することも発表しました。

先行予約の開始に伴って、新型フォレスターの主要スペックや搭載されるe-BOXERのシステム構成が明らかになっています。
なお、新型フォレスターには、Advance/Touring/Premium/X-BREAKの4グレードが設定されますが、e-BOXERが搭載されるのはAdvanceのみであり、その他はガソリンエンジンの設定です。

e-BOXERの燃費やスペック

新型 フォレスター Advance プロトタイプ

スバル 5代目 フォレスター Advance 2018

新型フォレスターに搭載されるe-BOXERは、新開発の2.0L 直噴NA水平対向エンジンと交流同期モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムとなっています。

リチウムイオンバッテリーの採用に伴って、スバル独自のドライブアシスト「SI-DRIVE」の制御を変更。モーターの力強いアシストによって、ガソリン車を上回る加速性能を発揮する設定としました。

また、四輪制御システム「X-MODE」や運転支援システム「アイサイト」との協調制御を行い、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能を高めているとのことです。

e-BOXERを搭載した新型フォレスターのスペック・燃費

新型フォレスター
e-BOXER
ハイブリッド
新型フォレスター
ガソリン
エンジン種類水平対向4気筒DOHC直噴水平対向4気筒DOHC直噴
排気量2.0L2.5L
最高出力107[145]/6,000136[184]/5,800
最大トルク188[19.2]/4,000239[24.4]/4,400
モーター最高出力10[13.6]
最大トルク65[6.6]
トランスミッションリニアトロニックCVTリニアトロニックCVT
駆動方式AWDAWD
使用燃料ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,6251,8151,715~1,730
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6705
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型フォレスター
e-BOXER
ハイブリッド
新型フォレスター
ガソリン
JC08モード燃費18.614.6
実燃費
[単位]km/L

マイナーチェンジ「XV」にもe-BOXERを搭載か?

3代目 スバル XV

スバル 新型 XV

スバルのクロスオーバーSUV「XV」には、今後のマイナーチェンジでe-BOXER搭載のハイブリッドモデルが追加される可能性があるようです。
2018年4月の北京モーターショーでは、モーターアシストを搭載した「XV INTELLIGENT BOXER」なる車両も公開されており、ハイブリッド追加への期待が高まっています。

廃止されたXV ハイブリッドが復活か

現行の3代目モデルの登場に伴い、ハイブリッドの設定が廃止されたXV。スバルでトップクラスの販売台数を誇っている分、燃費に優れるハイブリッド車の復活を望む声も多く聞かれます。今後、e-BOXERの搭載車を増やすのなら、売れ筋であるXVへの搭載が最優先されるはずです。

2代目 XV ハイブリッドとe-BOXERのスペックを比較

2代目 スバル XV
ハイブリッド
新型フォレスター
e-BOXER
ハイブリッド
エンジン種類水平対向4気筒DOHC水平対向4気筒DOHC直噴
排気量2.0L2.0L
最高出力110[150]/6,000107[145]/6,000
最大トルク196[20.0]/4,200188[19.2]/4,000
モーター最高出力10[13.6]10[13.6]
最大トルク65[6.6]65[6.6]
トランスミッションリニアトロニックCVTリニアトロニックCVT
駆動方式AWDAWD
使用燃料レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スバル XVについての記事はこちら

新型スバルXVが爆売れ!ハイブリッドの発売は?価格・燃費やスペックまとめ|ライバル車比較も

e-BOXERは今後のスバル新型車に順次採用か?

新型 フォレスター Advance プロトタイプ

スバル 5代目 フォレスター Advance 2018

スバルのマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」についてお伝えしてきました。

e-BOXERが初採用される新型フォレスターは、スバルの最量販車種に位置づけられているグローバル車種です。このことからも、スバルがハイブリッドラインナップの拡充に積極的であり、今後の新型車にもe-BOXERを順次採用していくつもりであるということが、十分に予想できます。

MOBYでは、今後もe-BOXERを搭載するスバルのハイブリッド車に関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

スバルの新型車に関する記事はこちら

スバルの新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

スバル新型アセントの日本発売の可能性を徹底検証!ボディサイズが最大のヒント

【スバル新型WRX STI・S4 E型へ】年次改良の変更点は?価格からスペックまで

スバル新型レヴォーグ E型公式発表!安全性能向上でデザインやスペックの変更点は?

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ