MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スマート > スマート新型EV「ビジョンEQフォーツー」コンセプト公開!航続距離や発売日は?
スマート

更新

スマート新型EV「ビジョンEQフォーツー」コンセプト公開!航続距離や発売日は?

【最新情報】東京モーターショーでスマート ビジョン EQ フォーツーが展示

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

スマートビジョン EQ フォーツーが東京モーターショーで日本初公開されました。

デモンストレーションとしてブラックディスプレイの表示も行われているため、車両とドライバーや周りの歩行者の間でのコミュニケーションを疑似体験することができます。

東京モーターショー2017閉幕!入場者数と注目された出展車78車種総まとめ

スマート新型EV「ビジョンEQフォーツー」コンセプト公開!航続距離や発売日は?

スマート ビジョン EQ フォーツーがフランクフルトモーターショーで発表

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

スマート社は、今年行われたフランクフルトモーターショーで、スマート新型ビジョンEQフォーツーを発表しました。
新型ビジョンEQフォーツーは、次世代型EVのコンセプトカーです。
車体のフォルムは現行型スマートフォーツークーペに似ていますが、特徴ある透明なサイドドアや、車体前方にあるブラックパネルが未来からやってきた車らしい雰囲気となっています。

フランクフルトモーターショー出展メーカー&注目車種38選【最新情報】

スマート新型ビジョンEQフォーツーの特徴

・ダイムラー社が運営するカーシェアリングサービス「car2go」の専用車
・車が自ら自動で充電
・100%電気で走るEV
自動運転「レベル5」の完全自動運転システム

【カーシェアリングとは?】料金とデメリットなど徹底比較!個人はトラブル注意か?

スマート新型ビジョンEQフォーツーのエクステリアデザイン(外装)

スマートビジョン EQ フォーツー 2017
スマートビジョン EQ フォーツー 2017

外装のデザインは、今までのスマートやメルセデス・ベンツで見られなかった未来的かつ都市生活にあったコンパクトな車体となっています。
ヘッドランプとテールランプ、ブラックパネルグリルによって光を照らします。

AI搭載で多くの情報をブラックディスプレイに表示

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

フロントバンパー上にあるブラックパネルのサイズは44インチ(横105cm×縦40cm)で、乗員がブラックディスプレイ上の表示内容を操作することが可能です。
また、AIが組み込まれており、車両とドライバーや周りの歩行者の間で、人間的なレベルのコミュニケーションが可能です。
さらに、乗員が居ない場合は、ブラックディスプレイに地元のイベント、天気、ニュースなどが表示され、乗員が居る場合は、乗員数1人または2人かを示します。

ドアの開閉はシザードア式

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

サイドドアは、スペース節約のためにリアアクスルの上へ翼のように旋回して開きます。

シザードアについての記事はこちら

車の上がるドア5種類の違い!ガルウィングやバタフライドア、シザードアなど…

スマート新型ビジョンEQフォーツーのインテリアデザイン(内装)

スマートビジョン EQ フォーツー 2017
スマートビジョン EQ フォーツー 2017

車内は、ハンドルとアクセル・ブレーキペダルがなく、パーソナルモバイルデバイスや音声での操作になります。
ダッシュボードは、ユーザーインターフェイス用24インチ(58.5 x 15.6 cm)のスクリーンと、両端の外側に向けた4インチの小さなディスプレイが搭載されています。
乗車定員は2名で、シート素材に高品質の人工皮革を使用しています。

スマート新型ビジョンEQフォーツーの走行性能・スペック

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

新型ビジョンEQフォーツーの特質は、自動運転レベル5の完全自動運転であり、操作は車に行先だけを伝えるだけで、目的地までのルート走行をすべて自動で行います。
車両は、30kWhのリチウムイオンバッテリーとモーターを搭載する電気自動車です。
プラグまたはワイヤレスでも充電が可能で、バッテリー残量が減れば、車が自動で近くの充電場所まで行き、充電を行う仕組みになっています。
また、ユーザーがスマートフォンまたはカーシェアリング専用パーソナルモバイルデバイスから車両を呼び出すと、近くにいる車両が反応し、ユーザーの元まで移動します。

自動運転とは?なぜレベル2が限界なのか?各レベルの定義を解説

スマート新型ビジョンEQフォーツーのボディサイズ

全長全幅全高
2,6991,7201,535
ホイールベース車両重量乗車定員
2
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スマート新型ビジョンEQフォーツーのパワートレイン

(参考)2015年モデル ルノー トゥイージー

ルノー トゥイージー 2015

新型ビジョンEQフォーツーのパワートレインは、30kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載すること以外公開されていません。
同じ2人乗りマイクロEVであるルノー トゥイージー(Renault Twizy)は、最高出力18PS、最高速度80km/hです。
ルノー トゥイージーのボディサイズは、全長2,320mm・全幅1,190mm・全高1,460mmで、新型ビジョンEQフォーツーより一回りコンパクトです。
新型ビジョンEQフォーツーとルノー トゥイージーを比較すれば、ボディの大きさ、ボディディテール、アウトバーンも走行することを考え、新型ビジョンEQフォーツーの最高出力20~30PS、最高速度120km/Lであると予想します。

スマート新型ビジョンEQフォーツーの航続距離

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

ルノー トゥイージーは、バッテリー容量6.1kWh、車重450kgで航続距離100kmになります。
新型ビジョンEQフォーツーの約5倍の容量のバッテリーを搭載するため、単純計算で航続距離も500kmとなりますが、車重やモーターのパワーがルノー トゥイージーより増すことを想定すれば、500kmはいかないでしょう。
日産 旧型リーフのバッテリー容量が新型ビジョンEQフォーツーと同じ30kWhで、航続距離280kmでした。
新型ビジョンEQフォーツーは2人乗りのマイクロカーであるため、車重は約900kgで旧型リーフの車重の約2/3、ルノー トゥイージーの車重の2倍と考えれば、航続距離が約380kmになると予想できます。

スマート新型ビジョンEQフォーツーの価格は

(参考)2017年モデル ルノー ゾエ

ルノー ゾエ 2017

新型ビジョンEQフォーツーはカーシェアリング専用車であることが予定されているため、市販化に至るかどうかは未定のままです。
欧州自動車メーカーのEVを参考にすると、昨年行われたパリモーターショーで発表されたルノー ゾエ(ZOE)は、5人乗り・22kWhのリチウムイオンバッテリー搭載で約270万円からの価格帯です。
新型ビジョンEQフォーツーは、比較的バッテリー容量が大きく、自動運転レベル5を搭載し、ルノー ゾエより小さい2人乗りのマイクロカーです。
以上の要素から、ルノー ゾエの価格と比較し、新型ビジョンEQフォーツーが市販化されれば、約300~350万円になると予想されます。

スマートフォーツークーペの中古車情報

自動車販売店

スマートフォーツークーペの中古車価格は5~270万円、平均相場価格は96.9万円です。(中古車サイト「グーネット」参考)
初代と現行の2代目ともに、良質車で50~80万円程度、現行モデルが100万円弱で購入可能で、国産のコンパクトカーと同価格帯です。
新型ビジョンEQフォーツーが発売となっても、ガソリン車のスマートフォーツークーペは次期モデルを出してくるでしょう。
しかし、2040年にイギリスやフランスがガソリン車・ディーゼル車の発売禁止を発表しているため、いつかはスマートもフォーツークーペの生産を終了し、新型ビジョンEQフォーツーのようなEVに生産をシフトしていくでしょう。
日本でも、ドライバーのEVへの関心が強まっているため、新型ビジョンEQフォーツーが日本へデリバリーされれば、ガソリン車のスマートフォーツークーペは一気に値段が下がるでしょう。

最新「スマートフォーツークーペ」中古車情報
本日の在庫数 131台
平均価格 65万円
本体価格 15~265万円
スマートフォーツークーペの中古車一覧へ

スマートフォーツークーペとは

スマートフォーツー

スマート フォーツー 3代目 2015年

スマート新型ビジョンEQフォーツーのベースとなっている車両は、スマート フォーツークーペです。
スマートは、メルセデスベンツを運営するダイムラー社の完全子会社である自動車メーカーであり、フォーツーはスマートが製作する2ドア2人乗りのマイクロカーです。
1997年に登場後、現行で3代目モデルとなり、0.9L直列3気筒ターボエンジンが車体後部にマウントされ、駆動方式がRRになります。

マイクロカーとは?おすすめ車種と中古車販売価格も紹介

ドライブの相棒にぴったり!スマートフォーツーの実燃費や試乗時の乗り心地の評価など

スマート新型ビジョンEQフォーツーの発売日

https://www.youtube.com/watch?v=4Afk82PW_Y4&feature=emb_title

今回、スマートが公開した新型ビジョンEQフォーツーの紹介動画では、2030年に新型ビジョンEQフォーツーを実用化しているイメージが紹介されています。
よって2030年までには、カーシェアリングで新型ビジョンEQフォーツーが利用されると見られます。

新型ビジョンEQフォーツーが市販化されるとすれば、まずはカーシェアリングでユーザーの反応を見て、反響が大きく市販化の要望が多ければ発売に踏み切るでしょう。
そこに至るまでは、登場から2・3年はかかる考えられます。

新型ビジョンEQフォーツーは夢のような車に思えますが、ダイムラー社はメルセデスベンツの車両でレベル4、レベル5の自動運転開発を進めているため、新型ビジョンEQフォーツーが登場するのも遠くないことです。

スマートとメルセデスベンツの次世代型ハイテクマシンの展開にこれからも注目です。

フォーツーの4人乗りバージョンであるスマートフォーフォーの記事はこちら

新型スマートフォーフォーの魅力|4人乗りスマートの評価や燃費性能は?

EV一覧はこちら

【EV全32車まとめ】日本車と外車全網羅!新型登場予定の電気自動車と航続距離比較

自動運転を採用する最新車種情報はこちら

ルノー新型EV「SYMBIOZ(シンビオズ)」を公開予定!2030年までに自動運転を実現?

アウディ新型「エレーヌ」初公開!EVのSUVクーペで自動運転採用!発売日や価格予想も

非公開: フォルクスワーゲン新型I.D.CROZZⅡ最新情報!自動運転のクロスオーバーEVの発売日は?

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ