MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スマート > 【スマート】新車で買える現行車種一覧|2019年最新情報
スマート

更新

【スマート】新車で買える現行車種一覧|2019年最新情報

新車で買えるスマートの現行車種は3モデル

スマートはメルセデス・ベンツの子会社として主に小型車を製造・販売する自動車メーカー。現在新車で購入可能なモデルは全3種類で、共通するコンセプトは「最小限のボディサイズで、最大限の安全性、快適性、環境適合性を」。日本の軽自動車よりも小さく取り回しのよいボディに、軽快な走りと十分な実用性を特徴とする。2019年をもってガソリンエンジン搭載モデルの生産が終了し、2020年以降は全車種がEV化されることが発表されている。

スマート フォーツー

スマート フォーツー 2019
新車価格:261.0〜303.0万円

スマート フォーツーは1998年に発売されたマイクロコンパクトカー。2014年に発売された現行3代目モデルはルノーとの共同開発によってトゥインゴとパーツを共有。全長はわずか2,690mmで日本の軽自動車よりも小さく、乗車定員2名の3ドアハッチバックボディを構える。最小回転半径は3.3mでスムーズな市街地走行が可能。レイアウトは0.9Lの直3ターボエンジンを搭載するRR。上下分割式テールゲートを採用し、最大で350Lの荷室容量を誇る実用性も魅力。

スマート カブリオ

スマート カブリオ 2019
新車価格:285.0〜326.0万円

スマート カブリオはフォーツーのオープントップモデル。スイッチ操作でファブリック素材のソフトトップが開閉し、ループトップ開放とリアウィンドウ収納の2段動作が自動で行われる。フルオープンにする場合は左右のピラーを手動で外す必要あり。0.9L 直3ターボエンジンと6速DCTが組み合わされるパワートレインや3.3mの最小回転半径はフォーツーと同様で、荷室容量は最大で340Lと実用性もほぼ劣らない。

スマート フォーフォー

スマート フォーフォー 2019
新車価格:285.0〜318.0万円

スマート フォーフォーはフォーツーのボディを全長にして805mm延長した5人乗り4ドア仕様。2014年に発売された2代目からフォーツー同様にルノー トゥインゴと共通コンポーネントを使用し、RRレイアウトとなる。パワートレインは0.9L 直3ターボエンジンに加速効率に優れた6速DCTで軽快な走りを実現。ボディサイズ拡大の恩恵は実用性にみられ、後席を倒すと最大で730Lまで荷室容量を拡張でき、広角度で開くリアドアは昇降性に優れる。最小回転半径も4.1mに抑えられ、機動性は軽自動車レベル。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード