MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > RUF > RUF(ルーフ)新型オフロードコンセプトとSCRプロダクションモデルを発表
自動車業界速報

更新

RUF(ルーフ)新型オフロードコンセプトとSCRプロダクションモデルを発表

RUFがオフロードカーと新型SCRを初公開

RUF ロデオコンセプト

RUF ロデオコンセプト

2020年3月9日、ドイツRUF(ルーフ・オートモービル)は、自社初のオフロードカーとなるRUF Rodeo Concept(ロデオコンセプト)を公開。それと同時に、ジュネーブ国際モーターショー2018に出展されたRUF SCRの量産モデルを発表しました。

RUF ロデオコンセプトは、930型ポルシェ 911の外観をしたオフロードカー。クラシックポルシェのデザインとアメリカ西部開拓時代のイメージを掛けあわせ、それを具現化したコンセプトカーです。シャシーは、先に発表されているRUF CTRアニバーサリーやRUF SCRと同じく、カーボンモノコックシャシーと鋼管フレーム、カーボンボディシェルを組み合わせたレーシングカーのような構造。全地形に対応する大径タイヤと4WD、ロングストロークサスペンションで不整地に対応します。

搭載するエンジンは、水平対向6気筒エンジン。自然吸気、ターボどちらのエンジンも搭載できるようになっています。フロント部にはラリーカーを思わせる追加ランプが備わり、テールには緊急用のスコップも装備。車内は、なめし革風のレザーで覆われ、ネイティブ柄のフルバケットシートが目を引きます。このコンセプトカーが市販化されるかどうかは未定です。

RUF SCR

RUF SCR

RUF SCRは、ジュネーブ国際モーターショー2018に出展されたRUF SCRの量産モデルです。RUFを率いるアロイス・ルーフとともにデザインを手がけたのは、ポルシェ 959やアウディ TTなどを生み出したフリーマン・トーマス。量産化にあたり、特徴的なホエールテールウィングが新たにデザインされました。

ボディ構造は、カーボンモノコックシャシーに鋼管フレームとカーボンボディシェルを組み合わせ、総重量は1,250kgに抑えられています。サスペンションは、前後ともレーシングカーにも用いられるプッシュロッド式ダブルウィッシュボーンに電子制御ダンパーを装着し、走行状態に応じて最適な減衰力を発生。また、5パターンのなかからドライバーが任意に設定することも可能です。

パワートレインは、自然吸気エンジンながら最高出力510PS・最大トルク470N・mを発生させる4.0L水平対向6気筒エンジンに、ZF社と共同開発の6速MTが組み合わされます。重量あたりの出力比は2.45kg/PS。最高速度は320km/hにも達し、ハイエンドスーパーカーと肩を並べる加速性能を発揮します。RUF SCRの日本導入に関する正式なアナウンスは、現時点ではありません。

以上で紹介したRUF ロデオコンセプトとRUF SCRの紹介動画が、2020年3月10日 日本時間午前2時よりRUF公式InstagramおよびFacebookで公開予定。後日、株式会社RTC公式Facebookで日本語字幕版も公開される予定です。

RUF公式Instagram

RUF公式Facebook

株式会社RTC公式Facebook

画像ギャラリー

RUF ロデオコンセプト
RUF ロデオコンセプト 外装
RUF ロデオコンセプト
RUF ロデオコンセプト 外装
RUF ロデオコンセプト
RUF ロデオコンセプト 外装
RUF ロデオコンセプト
RUF ロデオコンセプト 外装
RUF SCR シャシー
RUF SCR カーボンモノコック鋼管フレームシャシー
RUF SCR
RUF SCR 外装
RUF SCR エンジン
RUF SCR エンジン
RUF SCR インパネ
RUF SCR インパネ
RUF SCR 内装
RUF SCR 内装
この記事の執筆者
伊藤 友春