MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ロールスロイス > カリナン > ロールスロイス新型カリナン価格は3800万円から!初の超高級SUVをついに日本初公開
カリナン

更新

ロールスロイス新型カリナン価格は3800万円から!初の超高級SUVをついに日本初公開

【最新情報】6月11日 新型カリナンついに日本初公開!

ロールスロイス新型カリナン

新型カリナン

2018年6月11日、ロールスロイス初となるSUV「カリナン」が日本初公開されました。価格は3,800万円からで、同日より予約受付を開始。納車は2019年4月〜6月となる予定です。

横浜市内で開かれた発表会には、アジア太平洋リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏も出席。ロールスロイス初となるSUVの投入により、さらなる顧客増につなげるとしました。

ロールスロイス カリナンは自動車業界で右肩上がりのSUV市場に目を向けたモデル。ユーザーの家族やペットと一緒に乗れる車を求めている声に応えて開発した「新しいベンチマークとなるモデル」としています。

【2018年4月10日】ライブストリーミングにて世界初公開

2018年4月10日、ロールスロイスモーターカーズはライブストリーミングにて、新型SUV「カリナン」を世界初公開しました。ロールスロイスはすでに新型カリナンのテスト車両やティザー画像を公開していましたが、カモフラージュのない姿での公開は世界初となりました。

動画は5月に公開された新型カリナンのイントロダクションムービーです。

カリナンがワールドカーオブザイヤー2019の候補車に選出!

ワールドカーオブザイヤー2019の候補車一覧!我らがジムニーも選出

登場が期待されるカリナン派生モデルについてはこちら

ロールスロイス「カリナン」にピックアップ・クーペ・コンパーチブル発売の噂が!

ロールスロイスの歴史に関する情報はこちら

【自動車の歴史】ロールスロイスの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ロールスロイス新型カリナンのエクステリアデザイン(外装)

新型カリナン フロント

新型カリナン ボンネット・ルーフ

新型カリナン サイド・リア

新型カリナンの外装はファントムをそのままリフトアップしたようなデザインとなっています。また、テールランプのデザインが特徴的です。SUVという初のボディながらも、コンセプトはロールスロイスの伝統を継承しました。

シャシーは新世代のオールアルミ製プラットフォーム「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」をベースに開発されました。こちらもファントムの流れをくみつつ、SUVであるカリナンの堅牢さやパワフルさ、タフさといった強みを活かせる基盤となっています。

ロールスロイス新型カリナンのインテリアデザイン(内装)

新型カリナン 運転席・助手席

新型カリナン スイッチ類

新型カリナンの内装デザインは高級感あふれる、落ち着いたデザインに仕上がっています。センターにはインフォティメントディスプレイが搭載されます。運転席前方や後部座席の液晶画面には、ロールスロイスとして初めてタッチスクリーンを採用しました。

リアシートは「ラウンジシート」と「個人シート」の2種類

後部座席(ラウンジシート)

新型カリナンの後部座席は、3人がけベンチタイプの「ラウンジシート」と2人がけ独立シートの「個人シート」の2種類が選べます。また、個人シート仕様車は後席とラゲッジスペースの間にガラス製パーテーションを装備し、よりくつろげる空間になっています。

さらに、カリナンはロールスロイスとしては初めて「家族でのドライブ」を想定し、後席の居住性や使いやすさも高く意識。乗り降りをしやすくするため乗車時には車高を上げ下げする機能の搭載や、オプションで電動式で開閉するテーブルと椅子を選べるなど、同乗者への配慮も施されました。

後席を折り畳めばラゲッジスペースが拡大

新型カリナンには、ロールスロイス初となる後席の折り畳み機構が搭載されており、ラゲッジスペースを600Lから1930Lまで拡大することができます。荷室の前後長は2,245mmと高級SUVの中でもロングサイズ。十分なスペースを確保しています。

電動展開するレザーチェアーも装備

カリナン 電動収納チェア
出典:https://aocl.jp/

ロールスロイス カリナンでインディビジュアルシートを選択すると、リアハッチの下に簡易式のシートとテーブルが用意されています。
電動で、簡易式のシートとテーブルが出現。

このシートに座りながら、車内で冷やしていたシャンパンを星空を肴にあける、という使い方を想定しているのでしょうか。

最高級のグランピングを楽しむ、最高級SUVにこそふさわしい装備と言えます。

ロールスロイス ファントムについてはこちら

ロールスロイス新型ファントム最新情報!価格は5000万超えでスペックや発売日は?

ロールスロイス新型カリナンのボディサイズ

全長全幅全高
5,3402,0001,835
ホイールベース車両重量乗車定員
3,2952,660(ヨーロッパ仕様)4 / 5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ロールスロイス新型カリナンのパワートレインスペック

ロールスロイス カリナン

ロールスロイス カリナン
エンジン種類V12型ツインターボ
排気量6.75L
最高出力420[571]/5,000
最大トルク850[-]/1,600
トランスミッション8AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型カリナンのパワートレインには、6.75L V12ツインターボエンジンに8ATが採用されました。最高出力571ps/5000rpm、最大トルク850Nm/1600rpmを発生します。
これにロールスロイス初となる4WDシステムを組み合わせ、どんな地形のどんな場所でも快適なドライブを楽しめるSUVに仕上がっています。

超高級車であるロールスロイスの乗り心地をたとえた言葉に「魔法のじゅうたんのよう」というフレーズがあります。新型カリナンはこの言葉の通り、どんな厳しい条件でも快適に冒険を楽しめる、快適な乗り心地を追求されたモデルと言えるでしょう。

燃費は約6.7km/Lと公表されています。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ