MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 幻の名車「ニュー・ストラトス」が限定生産で復活!スペックや価格は?
メーカー・車種別

更新

幻の名車「ニュー・ストラトス」が限定生産で復活!スペックや価格は?

【最新情報】ニュー・ストラトスが25台の限定生産へ

ニュー・ストラトス-1_2010

ニュー・ストラトスが、マニファットゥーラ アウトモビリ トリノ社(Manifattura Automobili Torino)の手によって、25台を限定生産することを発表し、2018年3月のジェネーヴ モーターショーで公開される予定です。

ニュー・ストラトスは、1970年代のWRC(世界ラリー選手権)で大活躍し、1974年、1975年、1976年の製造者部門タイトルを3連覇した幻の名車「ランチア ストラトス」の復刻版となりますが、本家であるランチアが製造しないことが残念です。
ニュー・ストラトスは、2010年に1台のみ復刻モデルとして製造されています。

【ジュネーブモーターショー2018】出展車総まとめ!ただいま開催中

1台のみ製作されたニュー・ストラトスとは?

ニュー・ストラトスは、ドイツの自動車部品メーカーBrose社のCEOであるミヒャエル・シュトーシェック氏が、マニファットゥーラ アウトモビリ トリノ社に依頼し、約2年間の期間を経て2010年にワンオフ車が完成しました。
当時ニュー・ストラトスの量産化計画もありましたが、ベースとなっていたフェラーリ430スクーデリアを使用した量産車としての製造をフェラーリが承認せず、ニュー・ストラトスの量産化は断念されました。

マニファットゥーラ アウトモビリ トリノ社とは?

マニファットゥーラ アウトモビリ トリノ社は、少量生産のカスタム・ビルダーとして有名な企業で、ニュー・ストラトス以外にもアポロ「アロー」や、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス「SCG003S」などを手掛けた実績があります。

伝説の名車「ランチア・ストラトス」とは?

伝説のラリーカー「ランチア・ストラトス」の歴史|レプリカや中古車価格は?

ランチアのその他の車種についてはこちら

【ランチアイプシロンの要点5選】初代や二代目などの実燃費&乗り心地からディーゼルの評価も

【ランチア復活】伝説のデルタ インテグラーレ新型モデル開発開始へ

竹野内豊さんの愛車!ランチア・デルタを3台も所有?【芸能人の愛車】

【新型ニュー・ストラトス】エクステリア(外装)

ニュー・ストラトス 2010 外装

ニュー・ストラトス-1_2010

ニュー・ストラトス 2010 外装

ニュー・ストラトス-3_2010

新型ニュー・ストラトスのデザインはオリジナルのベルトーネではなく、ピニンファリーナが担当しています。

新型ニュー・ストラトスのエクステリア(外装)は、ランチア ストラトスを知っている人であれば、すぐにそれがストラトスであるとわかるほど、オリジナルのストラトスをリスペクトしたデザインです。
シャープなくさび形のボディライン、短い全長にワイドな車幅、独特なフロントウインドウ、観音開きとなるボンネットとエンジンカバーはランチア ストラトスが持つアイデンティティです。
ヘッドライトは、当時流行りのリトラクタブルではなく、埋め込み型に変更されています。

【新型ニュー・ストラトス】インテリア(内装)

ニュー・ストラトス 2010 内装

ニュー・ストラトス_内装-2018

新型ニュー・ストラトスのインテリア(内装)もエクステリア(外装)と同様にランチア ストラトスを彷彿させるデザインとなってます。
特に両側のドアには、ランチア ストラトスの大きな特徴であった、乗車する2名のヘルメットを収納するスペースが用意されています。
また現代の車をベースにしていることもあり、エアコンが装備されてますので、快適なドライブを楽しむことができます。

【新型ニュー・ストラトス】ボディサイズ

ランチア ストラトスニュー・ストラトス(2010年)
全長3,7104,181
全幅1,7501,971
全高1,1141,240
ホイールベース2,1802,400
車両重量9801,274
乗車定員22
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型ニュー・ストラトスのボディサイズは、ランチア ストラトスと比較して一回り大きいサイズ感となります。
2010年に発表されたニュー・ストラトスの全長は4,181mmでしたが、今回25台限定で発表されたニュー・ストラトスの全長は、ランチア ストラトスと同等な3,700mmほどという情報もありますので、シャシーがさらに短くなっている可能性があります。

【新型ニュー・ストラトス】エンジンスペック・燃費

ランチア・ストラトス

ランチア・ストラトス 2008年撮
ランチア ストラトスニュー・ストラトス(2010年)
エンジン種類V型6気筒DOHCV型8気筒DOHC
排気量2.4L4.3L
最高出力[190]/7,000397[540]/8,200
最大トルク250[23]/4,000519/3,750
トランスミッション5MT6AT
駆動方式MRMR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ニュー・ストラトスのエンジンとシャシーは、フェラーリ430スクーデリアがベースとなっています。
エンジンは、ニュー・ストラトス用に510psから540psにチューンナップされており、シャシーはホイールベースを短くするためにフェラーリ430スクーデリアの2,600mmから200mm削った2,400mmとなっています。
ニュー・ストラトスの燃費は未発表ですが、フェラーリ430スクーデリアの実燃費が、5km/Lほどですので540psにチューンナップされたニュー・ストラトスの実燃費は、5km/L以下と予想されます。

【新型ニュー・ストラトス】新車車両価格

価格 お金 費用 税金 維持費

新型ニュー・ストラトスの新車車両価格は、完成したニュー・ストラトスをマニファットゥーラ アウトモビリ トリノ社から購入するのではなく、その製作費用として50万ユーロ(約6,600万円)と、のベースとなるフェラーリ430スクーデリア(2007年限定車)を用意することが条件となっています。

フェラーリ430スクーデリアを日本での価格は約2,500万円ですから、ニュー・ストラトスを購入するには最低でも約9,000万円が必要となります。
さらにアップグレードの追加料金を支払うことで、最高出力540psを600psまでチューンナップすることも可能です。

430スクーデリアの中古車情報

最新「430スクーデリア」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 2,217万円
本体価格 1,980~2,385万円
430スクーデリアの中古車一覧へ

【新型ニュー・ストラトス】発売日は?

ストラトス

新型ニュー・ストラトスの発売日は未発表です。
購入方式が制作費とベースとなるフェラーリF430スクーデリアを用意することから、ジェネーヴ モーターショーにてその受付が開始される可能性があります。
ニュー・ストラトスは「ロードバージョン」以外にも「GTレース」「サファリ バージョン」といった3タイプが製作可能となっており、ジェネーブモーターショーでは、この3タイプを公開する予定です。

MOBYのおすすめランキング&まとめ記事はこちら

【高級車ランキング 現行・外車 2018年最新版】日本で購入できる高級外車の価格は?

【世界一高い車ランキング31】最高額は56億円&日本一高い車TOP3も紹介!

【海外で発表】世界で愛される名車ランキングTOP10(90年代)日本車は?

歴史上最強の名車!レーシングカー&ラリーカー20選のかっこいいデザイン一覧比較!

この記事の執筆者
宮代ツトム

関連キーワード