MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ルノー > メガーヌ > ルノー 新型メガーヌエステート発売開始!スペックや燃費から価格まで
メガーヌ

更新

ルノー 新型メガーヌエステート発売開始!スペックや燃費から価格まで

ルノー新型メガーヌエステート発売開始

2016年 ルノー メガーヌ エステート

2016年3月に行われたジュネーブモーターショーで、ルノーは新型メガーヌ(メガーヌⅣ)を発表しました。
ボディータイプと車種名は、ハッチバックの「メガーヌGT」、セダンの「メガーヌセダン」、そしてステーションワゴンの「メガーヌスポーツツアラー」の3種類です。

そして今年の11月9日、新型メガーヌの日本での発売が開始されました。
なお、「メガーヌスポーツツアラー」はメガーヌエステートの日本名となります。

ルノー メガーヌについての記事はこちら

ルノー新型メガーヌ11月9日発売決定!四輪操舵搭載で価格とスペックは?試乗レビューも

新型ルノー・メガーヌRSフルモデルチェンジ!世界最速FFへ?性能や発売日など最新情報

ルノーについての記事はこちら

【自動車の歴史】ルノーの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ルノー新型メガーヌエステートの外観

新型メガーヌエステートのフロント

2016年 ルノー メガーヌ エステート

新型メガーヌエステートのリア

2016年 ルノー メガーヌ エステート

新型メガーヌエステートのサイド

2016年 ルノー メガーヌ エステート

2016年モデル・メガーヌエステート

2013年 ルノー メガーヌ エステート

高級さを感じるドイツ車のような新型メガーヌエステート

最新モデルでは、2016年モデルから一気に高級感が増したスタイルになっています。
特にフロントマスクは、エッジを効かせドイツ車のような重厚感があります。
2016年モデルと新型の大きを比較してみると次のようになります。

●2016年モデル
全長×全幅×全高:4,565mm×1,810mm×1,490mm
●最新モデル
全長×全幅×全高:4,626mm×1,814mm×1,457mm

全長がアップされ全高が低くなっているため、スポーツを意識した変更がなされたといえるでしょう。
また、車体の寸法や大幅なスタイルの変更から、スポーツステーションワゴンの雰囲気が強まりました。

ルノー新型メガーヌエステートの内装

新型メガーヌエステートのインパネ

2016年 ルノー メガーヌ エステート

新型メガーヌエステートのインパネには最新テクノロジーがいたるところに採用されています。
メーターには「マルチセンサーテクノロジー」というシステムが装備され、7インチTFTモニターとなってさまざまな表示方法で車の状況を把握することができます。
ステアリング上にスイッチも多数あり、ステアリングから手を放さずに多くの操作ができます。

新型メガーヌエステートの内装

2016年 ルノー メガーヌ エステート
2016年 ルノー メガーヌ エステート

前席、後席ともに人間工学に基づいて設計されたシートは長時間走行の疲れを軽減します。
質感も高く、安っぽさは全く感じないでしょう。

新型メガーヌエステートのラゲッジルーム

2016年 ルノー メガーヌ エステート

ラゲッジスペースは580L、後部座席を倒すと1,695Lになります。
後部座席と助手席を倒せば2.77mの長さを確保できる空間ができ、サーフィンに行く方ならサーフボードを、釣り好きならバスフィッシング用の7フィートワンピースロッドまでを余裕で収納できます。
もちろん、キャンプグッズも問題なく積み込みことができます。

新型メガーヌエステートの7インチTFTモニター

2016年 ルノー メガーヌ エステート

グレード「Dynamique S Nav」からは右の8.7インチタッチパネル式液晶モニターを装備しています。
モニターを大型化することでインパネのスイッチ類を少なくし、スッキリしたデザインになっています。

ルノー新型メガーヌエステート走行性能

新型メガーヌエステート

2016年 ルノー メガーヌ エステート

新型メガーヌエステートには、いくつかの走行モード選択と、コーナリング中に4輪それぞれの向きを変えるシステムが搭載されています。

選択可能な走行モード

・Neutral Mode(ナチュラルモード)
・Eco Mode(エコモード)
・Comfort Mode(コンフォートモード)
・Sport Mode(スポーツモード)
・Perso Mode(パーソモード)

Perso Mode(パーソモード)では、パラメーターが変更可能で操縦感を自分好みに個別化(パーソナライズ)することが可能です。

4CONTROLシステム

コーナリングのハンドル操作に応じて、前輪だけでなく後輪も角度をつけ、車体の旋回性能を向上させるシステムです。

ルノー新型メガーヌエステート安全装備

近年、日本車の自動運転システムや安全機能の開発が急ピッチで開発されていますが、メガーヌエステートでも日本車並みの安全機能が装備されています。

Traffic sign recognition(交通標識の認識)

カメラが道路標識を認識し、車速が道路標識の速度制限を超えると警告がダッシュボードに表示されます。

Hands free parking(ハンズフリーパーキング)

駐車エリアでの駐車、車が並んでいるところの重列駐車など、駐車スペース構成と利用可能なスペースを測定して、駐車でのハンドリングを自動で操作します。
ドライバーはアクセル、ブレーキ、およびギヤを制御するだけです。

Adaptive cruise control(盲点警告)

サイドバックミラーに写っていない自動車を検出し、ドライバーに通告します。
これは30~140km/hの間でシステムが作動し、盲点に車が存在した際、サイドミラーに警告灯が点灯します。

Adaptive cruise control(アダプティブクルーズコントロール)

前方を走る車と適切な車間距離を保つために、前車との距離を測りシステムが自動でブレーキに作用します。
50~140km/hの間で起動し、アダプティブクルーズコントロールは高速道路や自動車専用道路で威力を発揮します。

Active emergency braking system(アクティブ緊急ブレーキシステム)

走行中の車両が衝突の危険性がある場合、運転者に警告し、もしドライバーの反応がなく車が進行しているときはブレーキが作動され、衝突を防止または軽減してくれます。

Lane departure warning(車線逸脱警告)

カメラが走行している道の車線を検出し、車線を外して走行してしまったときに運転手に聴覚的に警告します。

Auto high/low beam(オートハイ/ロービーム)

ヘッドライトのロービームとハイビームを適切に自動で切り替えるシステムです。
周囲の他の車両を検出したときに、ロービームとなり、何もないとハイビームになります。

Safe distance warning(安全距離警告)

前方を走行する車両との車間距離が安全ではないとシステムが判断したと、ドライバーへ警告し注意を促します。

ルノー新型メガーヌエステートのグレード展開

新型メガーヌエステートGT

ルノー メガーヌ エステート 2016

前述の通り、新型メガーヌエステートは日本では「メガーヌスポーツツアラー」として発売されます。
グレードは「メガーヌスポーツツアラーGT」の1つのみです。

参考として、新型メガーヌエステート欧州仕様のグレード展開と装備をご紹介したいと思います。

Expression+

・マニュアルクーラー
・クルーズコントロールとスピードリミッター
・フロントフォグライト
・16インチDAKOTAアロイホイール
・LEDデイライト
・Bluetooth接続付きDABラジオ(DABとはデジタルライトの規格)

Dynamique Nav

Expression+から追加装備
・リアパーキングセンサー
・7.0インチタッチスクリーン3Dナビゲーション
・Visio System:車線逸脱警告、交通標識認識、自動高/低ビーム
・MULTI-SENSEシステム – 周囲照明および運転モードセレクタ
・ハンズフリーキーカード

Dynamique S Nav

Dynamique Navから追加装備
・フロント・リアパーキングカメラ
・17インチFLORIDA ダイヤモンドカットアロイホイール
・8.7インチタッチスクリーンナビゲーション
・Bluetoothオーディオ
・USBソケット

GT Line Nav

Dynamique Navへの追加機器
・ダーククロームシェルのドアミラー
・17 インチSEBRINGアロイホイール
・GTバンパー
・「GT Line」ロゴ入りドアシールプレート
・一体型ヘッドレスト付きスポーツシート

Signature Nav

Dynamique S Navへの追加機器
・18インチ CALIFORNIAダイヤモンドカットアロイホイール
・フルLEDヘッドライト
・室内ブラック革張り
・革張りステアリング

GT Nav

GT Line Navから追加装備
・4CONTROL
・フルLEDヘッドライト
・フロント・リアパーキングセンサー、リアパーキングカメラ
・18インチ DAYTONAダイヤモンドカットアロイホイール
・8.7インチタッチスクリーンナビゲーション
・Bluetooth®オーディオシステム・ハンズフリー通話
・USBソケット
・フルLEDヘッドライト
・フロントセンサー付きリア・パーキング・カメラ

ルノー新型メガーヌエステートのスペック

新型メガーヌエステートGT

2016年 ルノー メガーヌ エステート

寸法・車重・乗車定員

全長全幅全高
4,6261,8141,457
ホイールベース車両重量乗車定員
2,712ガソリン車:1,409~1,463
ディーゼル車:1,452~1,593
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ガソリンエンジン・パワートレイン

1.2Lガソリンエンジン(TCe130、TCe130 Auto)1.6Lガソリンエンジン(TCe 205 Auto)
エンジン種類直列4気筒DOHC16バルブターボ直列4気筒DOHC16バルブターボ
排気量1.2L1.6L
最高出力97[131]/ 5,500151[207]/ 6,000
最大トルク205[20.9]/ 2,000280[28.5]/ 2,400
トランスミッションMT、EDC(7速AT)EDC(7速AT)
駆動方式FFFF
使用燃料
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ディーゼルエンジン・パワートレイン(欧州のみ)

1.5Lディーゼルエンジン
(dCi 110、dCi 110 Auto)
1.6Lディーゼルエンジン
(dCi130)
1.6Lディーゼルエンジン
(dCi 160 Auto)
エンジン種類直列4気筒DOHC8バルブターボ直列4気筒DOHC16バルブターボ直列4気筒DOHC16バルブターボ
排気量1.5L1.6L1.6L
最高出力81[110]/ 4,00096[130]/ 4,000120[165]/ 4,000
最大トルク250[25.4]/ 1,750320[32.6]/ 1,750380[38.7]/ 1,750
トランスミッション6速MT、EDC(6速AT)6速MTEDC(6速AT)
駆動方式FFFFFF
使用燃料軽油軽油軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ルノー新型メガーヌエステートの実燃費は?

ガソリン 給油の画像

新型ルノーエステートの日本公開燃費情報は現在ありません。
そこで、国内導入グレードの欧州名「GT Line Nav」と「GT Nav」の実燃費について紹介してみたいと思います。

新型メガーヌエステートの欧州カタログスペックでは、ヨーロッパ乗用車排ガス規制「692/2008」で、GT Line Navが21.4km/L、GT Nav が20km/Lになります。
実燃費がこの値の3割減としたとき、GT Line Navが15.0km/L、GT Navが14.0km/Lとなるでしょう。

ルノー新型メガーヌエステートの新車価格

価格 お金 現金 費用 税金 維持費

ルノー新型メガーヌエステートの日本新車価格

新型メガーヌエステートは、日本ではスポーツツアラー GTとして1グレードで発売されます。

参考までに新型メガーヌ3モデルの新車価格をまとめました。

ルノー メガーヌ
GT334万
スポーツツアラー GT354万
GT-Line263万
[単位]円(消費税込み)

ルノー新型メガーヌエステートの欧州新車価格

価格
Expression+エンジン:TCe 130
トランスミッション:6速MT
€18,840
[233万円]
エンジン:TCe 130
トランスミッション:EDC(7速AT)
€20,040
[248万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€20,140
[249万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:EDC6
€21,340
[264万円]
価格
Dynamique Navエンジン:TCe 130
トランスミッション:6速MT、EDC(7速AT)
€20,340[251万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€21,640[268万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:EDC6速
€22,840[282万円]
エンジン:dCi 130(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€22,840[282万円]
価格
Dynamique S Navエンジン:TCe 130
トランスミッション:6速MT
€21,340
[264万円]
エンジン:TCe 130
トランスミッション:EDC7速
€22,540
[279万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€22,640
[280万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:EDC(6速AT)
€23,840
[295万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€23,840
[295万円]
価格
GT Line Navエンジン:TCe 130
トランスミッション:6速MT
€21,840
[270万円]
エンジン:TCe 130
トランスミッション:EDC(7速AT)
€23,040
[285万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€23,140
[286万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:EDC(6速AT)
€24,340
[301万円]
エンジン:dCi 130(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€24,340
[301万円]
価格
Signature Navエンジン:TCe 130
トランスミッション:6速MT
€22,840[282万円]
エンジン:TCe 130
トランスミッション:EDC(7速AT)
€24,040[297万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€24,140[298万円]
エンジン:dCi 110(ディーゼル)
トランスミッション:EDC(6速AT)
€25,340[313万円]
エンジン:dCi 130(ディーゼル)
トランスミッション:6速MT
€25,340[313万円]
価格
GT Navエンジン:TCe 205
トランスミッション:EDC(7速AT)
€27,740[343万円]
エンジン:dCi 165(ディーゼル)
トランスミッション:EDC(6速AT)
€29,040[359万円]

【新車購入の裏技】未使用車のメリット・デメリットは?諸費用から値引き額まで

【値引き交渉術】初めて車を購入する人が絶対に読んでおくべき13の記事!新車購入時の値引きについても

ルノー新型メガーヌエステートの日本導入グレードは?

メガーヌ エステート 2016年モデル

1モデル前のメガーヌⅢエステートの欧州デビューは2009年であり、日本で発売されたのは2012年と3年後でした。
前メガーヌエステートの日本導入タイミングから見ると、新型メガーヌエステートの日本導入はずいぶん早いといえます。

日本導入はGT Line NavとGT Navのガソリンエンジンのみ

日本に導入されるグレードは、GT Line NavのTCe130(1.2L直4ガソリンエンジン)搭載モデルとGT NavのTCe 205(1.6L直4ガソリンエンジン)搭載モデルの2車種のみです。
前モデルに関しても日本で販売されているエンジングレードがこれらのみでした。

1.6L仕様はメガーヌGTとメガーヌスポーツツアラーGT(欧州名エステート)、1.2L仕様はメガーヌGT-Lineとなっています。

ルノー メガーヌエステートの中古車価格は?

メガーヌエステートの中古車価格相場は177.3万円です。
しかし、この中古車台数は中古車サイトを参考にすると9台しかなく、日本で中古車数は極少です。

ルノーメガーヌエステートの現在の中古車情報についてはこちら

最新「メガーヌエステート」中古車情報
本日の在庫数 24台
平均価格 122万円
本体価格 39~199万円
メガーヌエステートの中古車一覧へ

ルノー新型メガーヌエステートには日本車やドイツ車にはない価値がある

ルノー メガーヌ エステート 2016

新型メガーヌエステートが日本のステーションワゴンと違うのは、1.2Lターボエンジン搭載という点です。
日本のコンパクトカーと同等なエンジンが、大きい車体に不釣合いのように思えますが、131馬力までパワーを引き出すターボ性能の向上に驚かされます。

低燃費かつ値段も日本車並み、そしてフランス車といったあたりは、興味を持っていただけるのではないでしょうか。
国産車とドイツ車にはない雰囲気と乗り味を存分に味わいたいのであれば、ルノー新型メガーヌエステートはぜひおすすめしたいです。

ルノー車種最新情報はこちら

新型ルノー・メガーヌRSフルモデルチェンジ!世界最速FFへ?性能や発売日など最新情報

ルノー トゥインゴ新型最新情報!スペックや燃費・価格・発売日を徹底予想!

【ルノー新型ルーテシア フルモデルチェンジ最新情報】EV化や自動運転を採用?スペックを予想

ルノー新型カジャー日本発売開始!新コンパクトSUVのスペックや価格は?

ルノー新型EV「SYMBIOZ(シンビオズ)」を公開予定!2030年までに自動運転を実現?

ステーションワゴンについて関連する記事はこちら

ステーションワゴン人気&おすすめランキング16車種比較【2017年最新販売台数】

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ