MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ルノー > 【ルノー】新型デビュー予想&新車全8車種一覧|2020年5月最新情報
ルノー

更新

【ルノー】新型デビュー予想&新車全8車種一覧|2020年5月最新情報

機能美とデザイン美を重視するフランスの自動車メーカー・ルノーの現行車種は全8種類。石畳の狭い路地からワインディングの多い山岳地帯など、フランスの道路事情を汲んだ高い操縦性やしなやかな足回りをもつモデルが多いのが特徴。

次期新型ルーテシアは10月に国内発表、発売開始か

※2020年5月27日更新

次期新型ルーテシア(欧州仕様「クリオ」)
次期新型ルーテシア(欧州仕様「クリオ」)

欧州では既に受注開始されているBセグメントのコンパクト・ハッチバック。東京モーターショー2019で国内初披露、2020年内の国内導入予定が発表されています

新車で買えるルノーの乗用車は全8モデル

スポーツ活動からフィードバックを受ける「R.S. (ルノー・スポール)」モデルは、エアロダイナミクスやエンジン効率を高める6速デュアルクラッチを採用するなど、サーキットでも通用する本気度を誇る。

ルノー トゥインゴ

ルノー トゥインゴ フロント・サイド

ルノー トゥインゴは、日本の軽自動車並みのマイクロボディとRRレイアウトが特徴のコンパクトカー。一見してシンプルな2ドアスタイルに見えるが、実際はリアドアがサッシュに隠された5ドアスタイル。フロントが大きく開くキャンバストップ仕様も用意される。

特筆すべきはフロントタイヤの切れ角が大きさで、最小回転半径はわずか4.2m。フランスの細い路地を想定した小回り性能は、日本の道路事情との相性は抜群。

最新「トゥインゴ」中古車情報
本日の在庫数 113台
平均価格 145万円
本体価格 12~258万円

ルノー ルーテシア

ルノー ルーテシア フロント・サイド

ルノー ルーテシアは、現地フランスでは国民的人気を誇るコンパクトカー。5ドアボディでありながら伸びやかで躍動感のあるクーペ風のプロポーションが特徴で、内装はモダンで機能的かつ上質感のある空間が広がる。

足回りは、フランスに多い山岳のワインディングロードや石畳の路地でも快適に走行できるしなやかなセッティング。人間工学に基づいた疲れにくいというシート設計も相まって、長時間運転も難なくこなす1台。

最新「ルーテシア」中古車情報
本日の在庫数 183台
平均価格 143万円
本体価格 19~660万円

ルノー ルーテシア RS

ルノー ルーテシア RS フロント・サイド

ルノー ルーテシア R.S.は、モータースポーツ部門のルノー・スポールが手掛けたルーテシアベースのホットハッチ。空力性能を向上させる各種パーツを外装に、ホールド感を高めるスポーツシートを内装に備えた本格仕様。

アクセルレスポンスに優れたターボエンジンや、パドルシフトで操作する6速デュアルクラッチなど、刺激的なドライビングフィールが楽しめる仕掛けが満載。ドライブモード「レース」では横滑り防止装置なしの限界走行に挑戦できる。

ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャー フロント・サイド

ルノー キャプチャーは、ツートンカラーと丸みを帯びたルーフが特徴のコンパクトSUV。張り出したホイールアーチやフロントに突き出すスキッドプレートは力強さを感じさせる。

路面状況に応じて最適な走行モードを選択するエクステンデッドグリップとマッド&スノータイヤの組み合わせにより高い走破性を確保。目的に合わせて自由度が高いレイアウトが可能なロングスライド式リアシートを採用し、多目的用途をサポートする。

最新「キャプチャー」中古車情報
本日の在庫数 31台
平均価格 126万円
本体価格 60~229万円

ルノー カングー

ルノー カングー フロント・サイド

ルノー カングーは、個性的なデザインとユーティリティが特徴のミニバン。フラットフロアに高天井の室内は高い積載性を誇り、レジャーの道具入れに最適な24.4L容量の3連式オーバーヘッドボックスを備える。

両側スライドドアと観音開きのバックドアを採用し、狭い場所での乗り降りや積み下ろしがしやすい。悪路での適切な駆動力を確保するエクステンデッドグリップや、コーナリング時の安定走行をサポートするESC(横滑り防止装置)などを装備し、アウトドアシーンでも安心。

最新「カングー」中古車情報
本日の在庫数 293台
平均価格 134万円
本体価格 20~365万円

ルノー メガーヌ GT

ルノー メガーヌ GT フロント・サイド

ルノー メガーヌ GTは、4ドアセダンと5ドアハッチバックを用意する欧州Cセグメントモデル。日本はハッチバックタイプのGTラインのみ正規輸入している。曲線とエッジで構成されたスポーティなデザインと、ルノー固有のCシェイプLEDライトの先進感が融合。

4WS(四輪操舵システム)と高剛性の「GTシャシー」が搭載され、走行安定性とコントロール性能が大幅に引き上げられている。エンジンレスポンスやサウンドなどを自由自在にセッティング可能で、スポーツ走行を存分に楽しめる。

ルノー メガーヌ スポーツツアラー GT

ルノー メガーヌ スポーツツアラー GT  フロント・サイド

ルノー メガーヌ スポーツツアラー GTは、メガーヌのボディとホイールベースを延長し、使い勝手をプラスした5ドアステーションワゴン。スポーティな雰囲気やコーナーに強い走行性能はそのままに、リアシートはフルフラット化可能となり、荷室セパレーターも内蔵され、積載能力と荷室の多用途性が大幅に向上している。5人フル乗車時でも荷室容量は580L(ハッチバックは434L)を誇る。

ルノー メガーヌ RS

ルノー メガーヌ RS フロント・サイド

ルノーメガーヌR.S.は、2020年4月現在で量産FF車最速記録(※)保持する5ドアホットハッチ。フロントサイドで大型エアインテークが口を開けるアグレッシブな外装に加え、内装はカーボン調素材とレッドステッチが施されたレーシーな雰囲気漂う。

パワートレインは1.6L 4気筒直噴ターボと6速デュアルクラッチが組み合わさり、最高で279PS/390Nmを発生。4WSや専用サスペンションブレーキを採用し、タイトコーナーでは俊敏に、高速コーナーでは安定した挙動を実現する。

※2019年4月5日ニュルブルクリンク北コースにて7分40秒100を記録

執筆者プロフィール
MOBY新型車スクープ&予想チーム
MOBY新型車スクープ&予想チーム
すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事