MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ルノー > エスパス > ルノー 新型エスパスのマイナーチェンジをスクープ!2019年内にもデビューか
新型車・モデルチェンジ

更新

ルノー 新型エスパスのマイナーチェンジをスクープ!2019年内にもデビューか

内外装、パワートレインも刷新されるエスパス

ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01

ルノー エスパスは、ヨーロッパ初のミニバンとして1984年に登場し、その斬新なコンセプトとデザインから、欧州にて高い人気を誇りました。2015年に現行モデルの5代目がデビューしています。日本には正規輸入されていないモデルです。

スクープされたテスト車両のカモフラージュはフロント/リアエンドのみ。マイナーチェンジにより、ヘッドライト・フロントグリル・コーナーエアインテーク、前後バンパーとテールライトが見直されるようです。

パワートレインは、現行モデルに搭載されている新型アルピーヌA110の、ルノースポール製1.8L 直列4気筒(最高出力:252PS)を、デチューン(225PS)したエンジン。しかしこのエンジンが見直され、馬力を向上させる可能性があります。
さらに、新開発の2.0L ディーゼル(最高出力160PS/200PS)が新たに設定される予定です。
また、ホイールオプション、インテリア トリムとソフトウェアのアップデートが行われるでしょう。

海外の有力メディアによれば、世界初公開は2019年内と伝えています。
エスパスは日本に正規輸入されていませんので、マイナーチェンジモデルが日本発売となる可能性は低いでしょう。

(参考価格)
 ・現行型エスパス:39,550ユーロ〜(約500万円)

新型エスパス スクープ 画像ギャラリー

ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01
ルノー 改良新型エスパス_2019/01
この記事の執筆者
宮代ツトム