MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェ > カイエン > 【スクープ情報まとめ】ポルシェ カイエン GTS & カイエンGTSクーペ発表までの軌跡
カイエン

更新

【スクープ情報まとめ】ポルシェ カイエン GTS & カイエンGTSクーペ発表までの軌跡

2012年6月12日についにポルシェ カイエンGTSとカイエンGTSクーペワールドプレミア、国内発売も同時に開始されました。それまでにMOBYがお伝えしたスクープ記事をまとめなおしてお届けします。

2020年5月27日公開のスクープ記事

新型ポルシェ カイエン クーペ GTS
プロトタイプ スパイショット
フロントマスク
フロントマスクは「カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ」の特徴、4灯のLEDヘッドライト、バンパー部の左右3つずつのエアインテークと同じ。エアインテーク上部に2本の並行ラインがアクセントに入るのはターボSのみ。
カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ 現行モデル
カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ 現行モデル
(画像:ポルシェ広報)
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS
プロトタイプ スパイショット
フロント・ボディサイド
市販型発表が近いのか、カモフラージュは一切なし。業界ではこれを「フルヌード」と呼んでいる。
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS
プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
スパイショットを撮影したカメラマンは「途方もなく速かった」とのこと・
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS
プロトタイプ スパイショット
リア・ボディサイド
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS
プロトタイプ スパイショット
リア拡大
リアバンパー下部の不自然な4本出しマフラー。センターの2本はポルシェ 911ターボと同じもの。サイドの2本はダミー。フタがされている。市販型はどうなるのかは不明。

パワートレイン

パワートレインパナメーラ クーペ ターボS Eハイブリッドに搭載されるシステム総合最高出力680psを発生するV8・4.0Lターボ+電気モーターのPHEVを流用、カイエン クーペ ターボGTSでは、システム総合最高出力を800ps以上に高められて搭載されるとのスクープです。

発表時期

ポルシェ カイエン クーペ GTSのワールドプレミアは2020年6月中が濃厚となっているとのことです。

2020年5月18日公開のスクープ記事

新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
フロントマスク
バンパーの両サイドに3つずつ計6つの大型の吸気口がある。
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
フロント・ボディサイド
フロントは現行モデル「カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ」と同じデザインのプロトタイプ。市販型ではアグレッシブなエアロパーツを装備する可能性がある。
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
ボディサイド
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
ボディサイド・リア
リアバンパーのマフラーに注目。
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
リア
両サイドのマフラーはフェイクでハメ殺しになっている。センターにある2つ楕円形のマフラーは、ポルシェ 911 GTS のものと似ている。
ポルシェ 911 GTS コンバーチブル スパイショット
リア
2020年に発表が予想されているポルシェ 911 GTS の市販型プロトタイプのスパイショット。マフラーに注目。
新型ポルシェ カイエン クーペ GTS スパイショット
マフラー部拡大
マフラー部分を拡大。

車名

市販型の車名に関しては現段階、確かな情報はないが「カイエン クーペ GTS」ないしは「カイエン クーペ GT」の車名で公式発表されると見ている。

パワートレイン

パワートレインは、ポルシェの4ドアサルーン、パナメーラ ターボS-Eハイブリッドに搭載されているV8・4.0Lターボ+電気モーターのPHEV(プラグインハイブリッド)、システム総合出力最高出力670psのものをチューニングし、最高出力を820psにまで引き上げて新型カイエン クーペGTSに搭載されるという噂がある。このパワートレインはコードネーム「ライオン」で開発中のパナメーラの最強モデルに搭載されるとも噂されている。

発表時期

世界的な新型コロナウィルス感染拡大の影響でワールドプレミアがいつになるかわからない状況ではあるが、2020年内の発表と予想している。発表はオンラインになりそう。

ポルシェ・カイエン クーペとは?

ポルシェ カイエン ターボ S E-ハイブリッド、左奥がクーペ、右が標準型カイエン。現行モデル。
ポルシェ カイエン ターボ S E-ハイブリッド、左奥がクーペ、右が標準型カイエン(どちらも現行モデル)。

ポルシェ初のクロスオーバーSUVとして2002年に「カイエン」初代モデルがデビュー。この頃は都会派SUVがまだ市民権を得ていない頃、ポルシェが先陣を切って世に送り出したのがカイエン。カイエンのデビューするや否や爆発的な人気を獲得、他の高級車メーカーが続々と高級クロスオーバーSUVの開発を急がせることとなりました。

カイエンは初代より親会社であるフォルクスワーゲンの高級クロスオーバーSUV、トゥアレグプラットフォームを流用しています。

車名は赤唐辛子の意味する「カイエンペッパー」からと言われていますが公式発表はありません。ポルシェは「痛快」「冒険心」「生きる喜び」を意味することばとしています。

現行モデルは2018年にフルモデルチェンジを受けた3代目。クーペはカイエンの派生モデルとして2019年にデビュー。リアの傾斜がなだらかな流麗なデザインとなっているのが標準型カイエンとの違い。新車車両価格は約1,136万円から2,420万円。

ポルシェは2020年も新型が続々登場!

ポルシェの新型車デビューのスクープ情報、モデルチェンジ予想は下記の記事をご覧ください。

最新「カイエン」中古車情報
本日の在庫数 391台
平均価格 476万円
本体価格 58~2,170万円
カイエンの中古車一覧へ
すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム