MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェ > 911 > GT3 > 新型ポルシェ 911 GT3 ツーリング デビューへ!巨大固定ウィングなし、MT標準仕様か
GT3

更新

新型ポルシェ 911 GT3 ツーリング デビューへ!巨大固定ウィングなし、MT標準仕様か

ドイツの高級車メーカー、ポルシェ伝統のスポーツカー「911」、モータースポーツ「GT3」規格に準じたハイパフォーマンスモデル「911 GT3」シリーズの次期新型に「ツーリング」がラインナップ追加となるようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

「GT3ツーリング」は550馬力超えで6速MTを標準、PDKはオプションへ

新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
フロント
開発段階が最終に入った模様のプロトタイプをスパイショット。カモフラージュが全体的に薄く、ボディのいたるところに数cm程度の黒いテープとが貼られ、リアバンパーにプラスチック製のパネルでフェイクを施しているにとどまる。
新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
フロントサイド
スパイショットされたGT3ツーリング・プロトタイプには2名が乗車、助手席はノートPCを手にしたオペレーターが座っており、市販化に向けた最終的なデータ収集をしているものと見られる。
新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
フロント拡大
新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
アルミホイールは細いスポークが特徴的。新設計のセンターロック式ブラックアロイホイール、赤いブレーキキャリパーが確認できる。
新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
リアサイド
「GT3ツーリング」はリアウィングがないのが特徴。電動アクティブスポイラーを装備していると思われる。
次期新型ポルシェ 911 GT3
以前にスクープされた次期新型ポルシェ 911 GT3
新型ポルシェ 911 GT3ツーリング プロトタイプ スパイショット
リア

パワートレイン

パワートレインは次期新型911 GT3と同じ水平対向6気筒4.0L自然吸気エンジンの改良バージョンが搭載される見込みで、その最高出力は550PSとされ現行モデルの最高出力494PSから大きく改良されると見られています。また、トランスミッションは現行モデルでは6速MTのみtなっていますが、次期新型ではPDK(AT)がオプション設定される可能性があるとのことです。

発表時期

次期新型ポルシェ 911 GT3の発表は2020年9月に予定されています。GT3ツーリングについては2020年内に登場する予想とのことです。

ポルシェ 911 GT3 とは?

911型 ポルシェ 911 GTS RS 現行モデル
911型 ポルシェ 911 GTS RS(現行モデル)
(画像:ポルシェ広報)

世界を代表するRR(リアエンジン・リアドライブ:後ろ置きエンジン・後輪駆動)スポーツカー。1964年にデビューした初代911は「901型」、それ以降改良とフルモデルチェンジが重ねらて現在は「992型」となる8代目。RRの水平対向エンジンを搭載する伝統があり、1993年から1997年の間に生産された4代目「993型」911までが空冷エンジンを搭載していたことも特徴的です。

その911シリーズの中で国際自動車連盟が定める「GT3」クラスのレース規格に準じたモデルが、「911 GT3」となります。

現行モデル「992型」は2018年にフルモデルチェンジを受けていますが「GT3」シリーズのみ7代目「991型」が継続して生産販売されています。

「911 GT3」の新車車両価格は2,115万円、「911 GT3 RS」は2,692万円となっています。

※ポルシェからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!