MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェ > 911 > GT3 > ポルシェの頂点「911 GT3 RS」次期新型を初スクープ!過激なスワンネックウィングを装備
GT3

更新

ポルシェの頂点「911 GT3 RS」次期新型を初スクープ!過激なスワンネックウィングを装備

ドイツの高級車メーカー、ポルシェのリアエンジン・リアドライブスポーツカー「911」シリーズのフラッグシップモデルとなる「GT3 RS」がフルモデルチェンジするようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

次期新型「ポルシェ 911 GT3 RS」のスクープは今回が初となります。

デカすぎ!過激なスワンネックウィングを装着

次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
あまりカモフラージュされていない状態でスパイショットされた次期新型ポルシェ 911 GT3 RS。フロント側から見てもリアの巨大なウィングが目立つ。
フロントには大型のエアインテーク、エアアウトレット、スプリッターが確認できる。
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
フロントフェンダー
給油口の下側に、ポルシェのEVハイパーカー「タイカン」と同じような充電ポートらしきものが取り付けられている。
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
フェンダー
大径ブレーキにイエローのキャリパー。
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
ボンネット
フロントフードは大きく開いている。
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
リアサイド
メーカー純正とは思えないほどの大きさのスワンネック(支柱が白鳥の首の形)ウィング。
次期新型ポルシェ 911 GT3 RS プロトタイプ スパイショット
リアウィング

パワートレイン

次期新型911 GT3 RSは、現行モデルに搭載される最高出力520PSを発生する水平対向6気筒4.0Lをアップグレードし、550PSないしは580PSまでに高められて搭載されるようです。

トランスミッションは現行モデルと同じPDKデュアルクラッチ(AT)となる模様とのことです。

発表時期

次期新型ポルシェ 911 GT3 RSのワールドプレミアは、2021年後半の予想となっています。

ポルシェ 911 GT3 RSとは?

911型 ポルシェ 911 GTS RS 現行モデル
11型 ポルシェ 911 GTS RS(現行モデル)
(画像:ポルシェ広報)

世界で唯一のRR(リアエンジン・リアドライブ:後ろ置きエンジン・後輪駆動)スポーツカー。1964年にデビューした初代911「901型」からRR、水平対向エンジンは現行モデルの8代目「992型」に至るまで伝統のパワートレイン・レイアウトとなっています。

1993年から1997年の間に生産された4代目「993型」911までが空冷エンジンを搭載していたことも自動車の歴史上、欠かすことができない特徴となっています。

「GT3」の車名は国際自動車連盟が定める「GT3」クラスの意味で、そのレース規格に準じたモデルが、「911 GT3」となり、その中でもサーキット走行に重点を置いたフラッグシップモデルが「RS」となります。

現行モデル「992型」は2018年にフルモデルチェンジを受けていますが「GT3」シリーズのみ7代目「991型」が継続して生産販売されています。

「911 GT3」の新車車両価格は2,115万円、「911 GT3 RS」は2,692万円となっています。

※ポルシェからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!