MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェ > 718 > ボクスター > ポルシェ新型718ボクスタースパイダーをスクープ!早ければ9月にも公開か
ボクスター

更新

ポルシェ新型718ボクスタースパイダーをスクープ!早ければ9月にも公開か

新型718 ボクスター スパイダーの最高出力は430PS!

ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01

ポルシェ ボクスターは、968の後継車として1996年に登場した、水平対向6気筒エンジン+MR方式のエントリーモデルです。20年ぶりに発売されたミッドシップレイアウトの市販モデルとして人気を博しました。

現行モデルは「718ボクスター」と名称が変更され、エントリーモデルではなくケイマンの上位モデルとしての位置づけとなりましたが、変わらず初代からの流れをくんでいます。

今回スクープされたモデルは「718ボクスター スパイダー」で、718ボクスターでは初めてのラインナップとなります。歴代のボクスターでは2代目から、高性能モデルである「ボクスター スパイダー」がラインナップしていました。

*ボクスター/718ボクスターはオープンモデルですが、いわゆるロードスター(基本的には屋根を閉めたままの走行を前提とした車)です。ハイパフォーマンスモデルの「スパイダー」は、屋根を開けた状態での走行を前提としており、走りをさらに楽しめるよう手が加えられています。

撮影された718ボクスター スパイダーのカモフラージュはかなり軽く、テストは最終段階の可能性があります。
デザイン修正されたフロントバンパー、赤いブレーキキャリパー、アグレッシブなリアディフューザーが確認できます。ソフトトップルーフは電動式ではなく、軽量化のために手動脱着式になるようです。

パワートレインには、718 ケイマン GT4クラブスポーツの3.8L 水平対向6気筒自然吸気エンジン、もしくはGT3の4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンをデチューンしたものが採用される可能性があります。その場合、最高出力は425〜430PSになる可能性があります。
トランスミッションは標準で6速MT、オプション設定でPDKが用意されるでしょう。

*PDKとは、Porsche Doppel Kupplung:ポルシェ ドッペル クップリングの略で、デュアルクラッチ オートマチックトランスミッションの名称です。

世界初公開は、9月開催のフランクフルトモーターショーと筆者は考えています。
先代スパイダーと現行モデルの価格を考慮すると、車両価格は1,200万円前後になると予想します。

(参考価格)
 ・ボクスター(2012年):687万円
 ・ボクスター S(2012年):843万円
 ・ボクスター スパイダー(2012年):1,012万円
 ・718 ボクスター(2019年):759万円
 ・718 ボクスターS(2019年):948万円

718ケイマンの最新スクープはこちら

ポルシェ新型718ケイマンGT4ツーリングパッケージがスクープ!発売は2020年か

新型718 ボクスター スパイダー スクープ 画像ギャラリー

ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
ポルシェ 新型ボクスター スパイダー_2019/01
すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
宮代ツトム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!