MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > オペル > 日本再上陸のオペルが公式サイトをオープン!2022年発売開始となる3モデルは?
オペル

更新

日本再上陸のオペルが公式サイトをオープン!2022年発売開始となる3モデルは?

ドイツの大衆車ブランドが再び日本上陸

オペル歴代モデル

ベンツをはじめBMWやアウディなどの高級車ブランドを擁するドイツ。その中で大衆的なブランドといえばフォルクスワーゲンですが、かつて日本ではもうひとつドイツの大衆的なブランドがありました。それがオペルです。

オペルは2006年に一度日本での販売を終了したものの、2020年1月に日本市場への再参入を発表。2021年中より投入される予定のモデル3車種も発表されていました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により参入開始は2022年へと延期されましたが、日本向けの公式サイトが先日オープン。再上陸へ向けて着々と準備が進められているようです。

再スタート時のラインナップは3車種

オペル ロゴ エンブレム

オペルが日本へ再参入するにあたり、まず発売を開始するのはコンパクトハッチバックの「コルサ」、SUVの「モッカ」と「グランドランド」の計3モデルです。

モッカにはガソリンエンジン、グランドランドにはディーゼルエンジン、そしてコルサにはガソリンエンジンのほかにEVモデルも導入される予定となっています。

EVもあるコンパクトハッチバック「コルサ」

オペル コルサ

コルサは1982年に初代モデルが発売開始となったオペルの代表的なコンパクトハッチバックで、今回日本で発売される予定となっているのは6代目のモデルです。

日本導入予定のモデルに搭載されるパワートレインは1.2リッター直列3気筒ターボエンジンで、パドルシフトによる変速も可能な8速ATが組み合わされます。

オペル コルサの内装

また、100%電動のEVモデルも同時に導入される予定で、こちらは大容量の50kWhリチウムイオンバッテリーを搭載。最高出力136PS、最大トルク260Nmを発揮し、本国で発表されている航続可能距離は最大337kmです。

個性あふれるツートンカラーのコンパクトSUV「モッカ」

オペル モッカ

モッカはオペルの中では比較的新しいコンパクトSUVで、トヨタ ヤリス クロスやスズキ エスクードに近いボディサイズのいわゆるBセグメントに属するモデルです。

ツートンカラーにアクセントを加えた個性的な見た目に加え、ヘッドライトからグリルまでが一体となった「オペル・バイザー」と呼ばれるデザインが採用されました。

オペル モッカの内装

コルサと同じく1.2リッター直列3気筒ターボエンジンと8速ATを組み合わせたパワートレインを搭載。なお、EVやクリーンディーゼルも生産されていますが、日本発売時はガソリンエンジンモデルのみとなっています。

オペルのフラッグシップSUV「グランドランド」

オペル グランドランド

グランドランドはCセグメントのクロスオーバーSUVで、オペルブランドのフラッグシップモデルにあたります。

駆動方式は前輪駆動で、パワートレインには130PSの1.5リッターの直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを用意。

オペル グランドランドの内装

内外装にオペルの最新デザインを採用したことはもちろん、LEDマトリクスヘッドライト「インテリルクス」や、先進運転支援システム、そして悪路走破性を高める「アドバンスドグリップコントロール」などを標準装備し、クリーンディーゼルエンジンとあわせてフラッグシップモデルらしい上質な走りが楽しめます。

その他の最新情報

マツダがスポーツカーの特許申請!ついにロータリースポーツ復活か?

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード