MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > テラノ > 日産テラノの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】
テラノ

更新

日産テラノの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

日産テラノの変遷

日産テラノには大きく分けて1986年から1995年までのWD21型と、1995年から2002年までのR50型が存在します。

WD21は後半にリヤのドアが追加され外観上のデザインが落ち着いたものに変わりました。

初代 WD21型(1986年-1995年)

日産 テラノ WD21型 1991年
日産 テラノ WD21型 1991年

こちらは初代WD21後期型の画像です。内装もわずかながらステアリングのデザインが変わりました。

日産 テラノ WD21型 1991年 内装

4ドアになるとリヤシートの空間も窓がちゃんと開いたり便利になりました。

日産 テラノ WD21型 1991年 内装

2代目 R50型(1995年 – 2002年)

日産 テラノ R50型

ここからトラックベースではなく専用のオフローダーとしてのスタイルへ変わりました。

立派なフロントグリルを構えて大きく張り出すフロントバンパーやオーバーフェンダーにより迫力を増して、当時としては、まだ珍しかったバイキセノンのヘッドランプが採用されました。

またリヤドアの取っ手が窓枠に組み込まれたようなアイデアは昔からあったのですね。

日産 テラノ R50型

リヤゲートのプレスラインを見ると、ついひとつ前のエクストレイルT31の元祖である事が分かりますね。

日産 テラノ R50型

エクストレイルT31のプレスライン

日産 エクストレイル T31型

内装も現代的な雰囲気に大きく変わりました。
日産の今でも自信作のオールモード4x4となり4WDの切り替えがシフトレバーからセンターコンソロール右中程のダイヤルになった事も今風な空間になりました。

日産 テラノR50型 内装

2代目 R50型のスペック

【基本情報】
販売期間 1995年-2002年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ワゴン

【搭載されたエンジン(2種類)】
エンジン ZD30DDTi型:3.0L 直4 DOHC ディーゼルターボ
最高出力 170PS/3,600rpm
最大トルク 36.0kg·m/1,800rpm
変速機 フロア4速AT
駆動方式 4WD
サスペンション 前:ウィッシュボーン
後:5リンク
全長 4,640mm
全幅 1,820mm
全高 1,730mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,930kg

エンジン VG33E型:3.3L V6 OHC ガソリン
最高出力 170PS/4,800rpm
最大トルク 27.1kg·m/2,800rpm
変速機 フロア4AT
駆動方式 4WD
車両重量 1,840kg

テラノレグラス

2代目の豪華バージョン R50型(1997年 – 2002年)としてスマートなエクステリア処理をされたレグラスも販売されていました。

日産 テラノ レグラス
https://ja.wikipedia.org/

レグラスのボディスペックは、
全長 4,670mm
全幅 1,840mm
全高 1,730mm
ホイールベース 2,700mm

レグラスは当時としては、かなりのワイドボディになっている事が分かります。

日産テラノの現在の中古車価格は?

日産 テラノ WD21型 1987年

日産テラノの中古平均価格は36万円です。
テラノレグラスの中古平均価格は52万円です。

新車価格は当時267~348万円でした。中古車市場では、一番新しくても14年おちになってしまいますが、それで支払い総額110万円にもなってしまう場合もあり、今でも人気で、一定の需要があることが分かります。

中古車は走行距離や年式、個体の状態によっても価格は様々です。
日産テラノ、テラノレグラスに興味を持った方は、以下のサイトからご確認ください!

日産テラノの中古車情報【Goo-net】

日産テラノを買うならここ!

テラノレグラスを買うならここ!

まだまだ人気な日産テラノ

日産テラノ WD21型 ターボR3M 1988年

日産テラノの歴史と中古車価格はいかがでしたでしょうか?日産テラノが製造終了となったのは2002年ですので、現在から14年も経っています。

現行型で一番近いスタイルを持っているのはエクストレイルですが時代の流れによって
現在のエクストレイルは丸みを持ったスタイルになっています。

四角いスタイルの方が車両感覚などつかみ易かったものですが北米市場も大きなマーケットになるため、どうしてもアメリカで売れるスタイルに変わっていくのでしょうね。

程度の良い日産テラノやテラノレグラスと出会えたらお値頃プライスになっているでしょうし、ちょっぴりクラッシックカー的なレクレーショナルビークルとして自慢の一品になる事間違えありません。この機会に探してみちゃいましょう。

おすすめの関連記事!

トレンドはSUV+クーペへ?美しすぎるSUVクーペ6選

【SUV徹底比較】ハリアーvsエクストレイル│ライバル車対決

日産エクストレイルの2016年マイナーチェンジ最新情報|デザイン一新?スクープ画像有

日産サファリの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

トヨタ アルテッツァの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード