MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > スカイライン > 日産がスカイラインの開発を中止。SUVに殺されるかつての名車たち
スカイライン

更新

日産がスカイラインの開発を中止。SUVに殺されるかつての名車たち

シーマ、フーガなど国内全セダンの開発を終了

日産 スカイライン

日産がスカイラインの開発を中止することが、日本経済新聞の報道により明らかになりました。

長年愛されていた日産の代表的な車種ですが、近年はSUVの人気に押され販売が低迷。

日産はスカイラインをはじめシーマやフーガといったセダンモデルの開発を中止し、EVなどの次世代自動車へ開発資源を投入するとしています。

かつてはプリンス自動車の名車だった

プリンス スカイライン デラックス(初代スカイライン)

スカイラインは、1957年にプリンス自動車(当時は富士精密工業)が発売を開始した車種です。

1966年にプリンス自動車が日産自動車に吸収合併されたあとも販売が継続されました。

スカイライン GT-Rなど、高い性能を誇るスポーツモデルも登場し、モータースポーツなどで輝かしい歴史を残しています。

SUV人気に押されるかつての名車たち

現在のスカイラインは13代目モデルで、2014年にデビューしています。

2019年におこなわれたマイナーチェンジでは、手放し運転が可能な運転支援技術「プロパイロット2.0」が搭載されました。

しかし、近年はSUVの人気の中で販売が低迷していて、日産だけでなく他社も新型SUVの開発に注力しています。

長年愛され続けたスカイラインですが、EV化やSUV人気といった自動車業界の流れには乗ることができなかったようです。

スカイライン同様、長年フラッグシップセダンとして扱われていたトヨタ クラウンでさえ、現行モデルをもって生産終了といわれています。

今後はEVとSUVの2つを軸にした戦略に

アリア limitedの発表会

また、6月4日に日産の新型電動SUV「アリア」の国内限定車が発表された際、星野副社長はアリアについて「今後の日産におけるフラッグシップとなる」と語っていました。

このことからも、日産が電気自動車とSUVの2軸を重要視していることが伝わってきます。

GT-Rも消滅か?

日産 GT-R

現在はスカイラインではなくなったものの、高性能スポーツカーのGT-Rについても2022年で販売終了と噂されています。

かつては世界にその名を轟かせた「スカイライン」「GT-R」

その消滅には、スカイラインファンだけでなく多くの車好きが衝撃を受けることでしょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

8月発表確定!フェアレディZに関して判明している情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード