MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > セレナ > 日産新型セレナe-POWER vs ライバル車4選!燃費・価格・性能で比較【最新ミニバン対決】
セレナ

更新

日産新型セレナe-POWER vs ライバル車4選!燃費・価格・性能で比較【最新ミニバン対決】

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ミニバン徹底比較!

日産 新型セレナ e-POWERとはどんな車?

日産 新型セレナe-POWER ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

日産 セレナ e-POWER

日産 新型セレナe-POWERの発売日

日産 新型セレナe-POWER(イーパワー)は、2018年3月1日より販売を開始しました。
ベース車両は、2016年に発売された現行型の5代目セレナとなっています。

日産 新型セレナe-POWERの開発コンセプト

日産 新型セレナe-POWERは、エンジンを発電のみに利用して、電気モーターの駆動力のみで走行するシステム「e-POWER」を搭載しています。
優れた使い勝手や快適な乗り心地など、「セレナ」本来の良さはそのままに、モーター駆動ならではの力強い加速性能と静粛性、そして優れた燃費性能を獲得しました。

日産 新型セレナe-POWERの特長

・「e-POWER」による優れた加速と燃費性能
・専用のエクステリア
・専用のインテリア
・半自動運転システム「プロパイロット」の採用

【日産新型セレナe-POWER 最新情報】発売開始!スペックや燃費と価格は?

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドとはどんな車?

トヨタ ノア ハイブリッド Si ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ 新型 ノア Si マイナーチェンジ 2017

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS イナズマスパーキングブラックガラスフレーク

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS

トヨタ エスクァイア ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ” スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

新型 エスクァイア マイナーチェンジ 2017年

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの発売日

ノアとヴォクシーは、トヨタが2001年から製造・販売しているミニバンです。
両車は姉妹車の関係にあり、現行型の3代目モデルは、2014年から販売されています。
ノアがカローラ店での販売であるのに対し、ヴォクシーはネッツ店での販売となります。

エスクァイアは、ノア/ヴォクシーに高級感を付与したモデルとして、2014年に発売されました。ベース車両は3代目ノア/ヴォクシーとなっています。

ノア/ヴォクシー/エスクァイアの最新マイナーチェンジは、2017年の7月に行われました。

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの開発コンセプト

現行型のノアとヴォクシーは「Spacious FUN Box」をキーワードとして開発されました。
高いレベルでFun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)の融合を実現し、家族の夢を丸ごと載せる広い室内空間を確保しています。

エスクァイアは、ノアおよびヴォクシーにワンランク上の高級感を付与した、高級車の新たな選択肢として開発されており、トヨタではエスクァイアを「新上級コンパクトキャブワゴン」としています。

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの特長

・BOXスタイルで存在感のあるエクステリア
・広く乗降性に優れたインテリア
・充実した室内装備
JC08モードで23.8km/Lという低燃費

トヨタ新型ノアがマイナーチェンジ発売開始で精悍さを強調!燃費や価格と内装&外装も

トヨタ新型ヴォクシー マイナーチェンジで煌も追加!価格や燃費・内装などの変更点は?

トヨタ新型エスクァイア マイナーチェンジ発売で高級感UP!内装・価格や燃費は?

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドとはどんな車?

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング フォレストグリーン・パール

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの発売日

ステップワゴンは、ホンダが1996年から製造・販売しているミニバンです。
5代目となる現行型ステップワゴンは、2015年から販売されています。

最新のマイナーチェンジは2017年の9月29日に行われており、ステップワゴンのハイブリッドモデルは、このマイナーチェンジで初めて設定されました。
なお、ハイブリッド車が設定されるのは、上級モデルの「ステップワゴン スパーダ」のみとなります。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの開発コンセプト

現行型ステップワゴンは、家族で使うことが楽しくなるミニバンとして開発されました。
リビングを思わせる機能的な空間と、画期的なバックドア「わくわくゲート」により、ファミリカーとしての実用性と楽しさを両立しています。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの特長

・クラストップレベルの広さを誇る室内空間
・独創的な「わくわくゲート」の採用
・全車標準搭載の「ホンダセンシング」による高い安全性能
JC08モードで25.0km/Lという低燃費

新型ステップワゴン スパーダ おすすめグレードは「ハイブリッド B ホンダ センシング」!

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ボディサイズ比較

新型セレナ e-POWERノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
ステップワゴン
ハイブリッド
全長4,690
4,770(ハイウェイスター)
4,695~4,710(ノア/ヴォクシー)
4,695(エスクァイア)
4,760
全幅1,695
1,740(ハイウェイスター)
1,695~1,735(ノア/ヴォクシー)
1,695(エスクァイア)
1,695
全高1,8651,8251,840
ホイールベース2,8602,8502,890
車両重量1,730~1,750
1,740~1,760(ハイウェイスター)
1,610~1,6201,780~1,820
乗車定員777
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

日産 新型セレナe-POWERと、ライバル4車種のボディサイズに大きな違いはありません。
すべて5ナンバーサイズとなっています。

3ナンバーとは?5ナンバーとは?意味と違いをわかりやすく解説

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型セレナe-POWERノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
ステップワゴン
ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.8L2.0L
最高出力62[84]/6,00073[99]/5,200107[145]/6,200
最大トルク103[10.5]/3,200~5,200142[14.5]/4,000175[17.8]/4,000
モーター最高出力100[136]60[82]135[184]/5,000~6,000
最大トルク320[32.6]207[21.1]315[32.1]/0~2,000
トランスミッション電気式無段変速機電気式無段変速機
駆動方式FFFFFF
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

日産 新型セレナe-POWERとライバル4車種が搭載するエンジンは、以下の通りです。

・日産 新型セレナe-POWER:1.2L 直列3気筒「e-POWER」
・トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッド:1.8L 直列4気筒ハイブリッド
・ホンダ ステップワゴン ハイブリッド:2.0L 直列4気筒ハイブリッド

5車種のスペックを比較すると、エンジンも合わせたシステム最高出力で最もパワフルなのは、ステップワゴン ハイブリッドとなっています。

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】燃費比較

新型セレナe-POWERノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
ステップワゴン
ハイブリッド
JC08モード燃費26.223.825.0
20.0(WLTCモード
実燃費13~1515~18
[単位]km/L

燃費の違い

5車種の燃費を比較すると、JC08モード燃費は新型セレナe-POWERが最も低燃費です。
またステップワゴン ハイブリッドでは、WLTCモードでの燃費性能も測定されており、より実燃費に近い数値が出ていることが分かります。

WLTCモードとは?新燃費基準のJC08モード燃費からの変更点

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】予防安全装備・先進技術

予防安全装備先進装備
新型セレナ e-POWERインテリジェント エマージェンシーブレーキプロパイロット
インテリジェント ルームミラー
インテリジェント パーキングアシスト
インテリジェント アラウンドビューモニター
ハイビームアシスト
インテリジェント LI
標識検知機能
インテリジェント DA
車両接近通報装置
ノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
トヨタ セーフティ センスC先行車発進告知機能
ステップワゴン
ハイブリッド
ホンダセンシングサイドビューサポートミラー
マルチビューカメラシステム
Hondaスマートパーキングアシストシステム
後退出庫サポート

予防安全装備・先進装備の違い

日産 新型セレナe-POWERは、全車標準で予防安全装備の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を搭載しています。
また、同一車線上における自動運転システムの「プロパイロット」や、自動駐車機能の「インテリジェント パーキング」など、充実の先進装備も特長です。

ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドには、自動ブレーキ、車線逸脱警報、自動制御ハイビームを統合した衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」が全車標準搭載されています。

ステップワゴン ハイブリッドは、8つの先進装備を統合した安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準搭載しています。

日産の安全技術エマージェンシーブレーキとは?特徴から搭載車種や評価まで

トヨタの安全装置「セーフティセンスC」の安全性能・衝突安全性を徹底解説!

ホンダセンシングとは?実際どう?導入実績や評判まで徹底調査!

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ボディーカラー比較

ラインナップ数ボディカラー
新型セレナ e-POWER全13色ミントホワイトパール(e-POWER専用色)
ブリリアントホワイトパール
ブリリアントシルバー
マルーンレッド
アズライトブルー
シャイニングブルー
ダイヤモンドブラック
インペリアルアンバー
カシミヤグレージュ
カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー
ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー
ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック
マルーンレッド/ダイヤモンドブラック
ノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
全7色
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(ノア専用色)
イナズマスパーキングブラックガラスフレーク(ヴォクシー専用色)
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(エスクァイア専用色)

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
ボルドーマイカメタリック
シルバーメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック
ステップワゴン
ハイブリッド
全7色フォレストグリーン・パール(ハイブリッド専用色)
オブシダンブルー・パール
プレミアムスパークルブラック・パール
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナ・メタリック
モダンスティール・メタリック
プレミアムディープロッソ・パール

ボディーカラー・ラインナップの違い

日産 新型セレナe-POWERのボディカラーは、e-POWER専用色のミントホワイトパールを含めて、全13色がラインナップされています。

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドのボディカラーは、6色の共通色にそれぞれの専用色1色を含めた、全7色のラインナップです。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドのボディカラーは、6色のスパーダ共通色に、1色のスパーダ ハイブリッド専用色を加えた全7色のラインナップです。

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】グレード構成比較

グレード数グレード名
新型セレナ e-POWER6e-POWER X
e-POWER XV
e-POWER XV 防水シート車
e-POWER ハイウェイスター
e-POWER ハイウェイスター V
e-POWER ハイウェイスター V 防水シート車
ノア/ヴォクシー/エスクァイア
ハイブリッド
3・ノア / ヴォクシー / エスクァイア
ハイブリッド X / X / Xi
ハイブリッド G / V / Gi
ハイブリッド Si /ZS /Gi“プレミアムパッケージ”
ステップワゴン
ハイブリッド
3スパーダ ハイブリッド B・ホンダセンシング
スパーダ ハイブリッド G・ホンダセンシング
スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング

グレード構成の違い

日産 新型セレナe-POWERのグレード構成は、標準モデルとハイウェイスターでそれぞれ3グレード、全部で6グレードが設定されています。

トヨタ ノア/ヴォクシー ハイブリッドのグレード構成は、標準ボディが2グレード、エアロボディが1グレードの全3グレードです。
エスクァイア ハイブリッドは、全3グレード構成となります。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドのグレード構成は、ステップワゴン スパーダのみの設定で、全3グレードがラインナップされています。

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】新車車両価格比較

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】新車車両価格
新型セレナ e-POWER297万~344万
ノア ハイブリッド301万~327万
ヴォクシー ハイブリッド301万~327万
エスクァイア ハイブリッド315万~336万
ステップワゴン ハイブリッド330万~356万
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

日産 新型セレナe-POWERとライバル4車種の新車車両価格を比較すると、全体的に同程度の価格帯となっています。
この価格設定からも、それぞれのミニバンが同等のライバル関係にあることが分かりますね。

日産 セレナの中古車情報

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 6909台
平均価格 145万円
本体価格 2~419万円
セレナの中古車一覧へ

トヨタ ノアの中古車情報

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 3377台
平均価格 153万円
本体価格 0~2,380万円
ノアの中古車一覧へ

トヨタ ヴォクシーの中古車情報

最新「ヴォクシー」中古車情報
本日の在庫数 5590台
平均価格 158万円
本体価格 2~400万円
ヴォクシーの中古車一覧へ

トヨタ エスクァイアの中古車情報

最新「エスクァイア」中古車情報
本日の在庫数 1778台
平均価格 224万円
本体価格 81~490万円
エスクァイアの中古車一覧へ

ホンダ ステップワゴンの中古車情報

最新「ステップワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1720台
平均価格 79万円
本体価格 0~375万円
ステップワゴンの中古車一覧へ

【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】人気のミニバンは?

2017年1月〜12月新車販売台数比較

販売台数
新型セレナ e-POWER
ノア ハイブリッド19,690台
ヴォクシー ハイブリッド25,210台
エスクァイア ハイブリッド24,270台
ステップワゴン ハイブリッド6,730台

日産 新型セレナe-POWERは発売されたばかりなので、まだ販売台数のデータは出ていません。

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの3姉妹は、それぞれ堅実な販売台数を記録しており、ハイブリッドミニバンの中でも安定した人気があります。
ホンダ ステップワゴン ハイブリッドは、2017年9月29日の発売から12月までの販売台数が6,730台と、かなり好調な売り上げを見せています。

今後、新型セレナe-POWERは販売台数を大きく伸ばすことが予想されますが、ライバルミニバンもマイナーチェンジによって改良されているので、ハイブリッドミニバン市場では、激しいシェア争いが起こることになるでしょう。

日産 セレナとライバル車の比較記事はこちら

【新型セレナe-POWER vs セレナS】ハイブリッドとイーパワーはどちらが得?価格や燃費で徹底比較

日産新型セレナe-POWER vs トヨタノア ハイブリッド 【ミニバンライバル車比較】

新型セレナe-POWER vs トヨタ ヴォクシー ハイブリッド【ミニバンライバル車比較】

日産新型セレナe-POWER vs トヨタエスクァイア ハイブリッド【ミニバンライバル車比較】

セレナe-Powerとステップワゴン ハイブリッドを徹底比較!南明奈#おため試乗

関連する記事はこちら

セレナAUTECH(オーテック)e-POWER発表!価格やスペックと日産の新ブランドの解説も

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!