MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > セレナ > 日産セレナ、全車に前方衝突予測警報を標準装備するなどの一部仕様向上し発売
セレナ

更新

日産セレナ、全車に前方衝突予測警報を標準装備するなどの一部仕様向上し発売

8月17日にセレナを一部仕様向上することをに日産自動車が発表、同日より全国一斉発売開始となりました。

日産セレナ

以下の4点の仕様向上となっています。

  1. 全車に「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を標準装備とし、全方位運転支援システムを強化。
  2. これまでオプション設定であった運転支援技術「プロパイロット」を一部のグレードに標準装備。
  3. 「インテリジェント ルームミラー」のオプション設定グレードを拡大。
  4. USB電源ソケットを1.0Aから2.4Aに変更。

日産セレナは、夜間において歩行者の検知性能を向上させた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」などの「全方位運転支援システム」などを、既に全車標準装備とし、2019年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価において、満点となる141.0点(141点満点中)で最高評価の「ASV+++」を獲得しています。

日産自動車は今回の仕様向上で、「より多くのお客さまに安心してドライビングを楽しんでいだける仕様となった。また、室内空間をより便利で快適にした」旨を伝えています。

日産セレナ公式HP

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 7017台
平均価格 143万円
本体価格 2~419万円
セレナの中古車一覧へ

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!