MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > ノート オーラ > 【日産 ノート オーラ】新型プレミアムコンパクト発表!標準モデルと徹底比較
ノート オーラ

更新

【日産 ノート オーラ】新型プレミアムコンパクト発表!標準モデルと徹底比較

日産自動車は、2021年6月15日に新型プレミアム・コンパクトカー「NOTE AURA(ノート オーラ)」を発表、同年秋頃から発売することを発表しました。

筆者は新型オーラの事前試乗会に参加してきましたので、そのレポートを「ノート標準モデルと、どこが違うのか?」にフォーカスしてお届けします。

【デザイン】EVで高級SUV「アリア」の血をひくオーラ

左:オーラ、右:ノート標準モデル
左:ノート オーラ、右:ノート

フロントマスクは、オーラのLEDヘッドライトが薄型になっていることと、VモーショングリルがLEDランプとなり、シーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)とデイタイムランプとなっていることが大きな違い。

左:ノート標準モデル、右:オーラ
左:ノート、右:ノート オーラ

リアでは、オーラのコンビネーションランプはLEDになり、バンパーがすっきりとした印象のデザインのものになる違いがあります。また、リアのドアノブからリアエンドにかけてのプレスラインも異なっています。

ボディサイズ

オーラとノート標準モデルの全長は同じ(4,045mm)ですが、全幅はオーラのほうが広く、プラス40mmの1,735mmとなります。ノート標準モデルは5ナンバーですが、オーラは3ナンバーとなります。

アリアと共通するデザイン要素

左:ノート オーラ、右:アリア
左:ノート オーラ、右:アリア

オーラは、EVで高級SUV「アリア」と共通するデザイン要素が取り込まれています。Vモーショングリルと薄型ヘッドライト、また左右のヘッドライトをつなぐグリル上部はピアノブラックで加飾されるなど、高級感ある雰囲気となっています。

インテリア

ノート オーラのインパネ

インテリアの基本は、ノート標準モデルと同じですが、オーラは本革のステアリングとシート(グレード別設定)、木目調パネルなどが施された上質な空間に仕上げられています。

ノート オーラのシート
メーカーオプション「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を備えたシート(後述)

「レザーエディション」グレードは、そのグレード名のとおり本革シートが装備されますが、このシートは3層構造で、ソフト層は30mmという高級車並みのものとなっています。

【パワートレイン】オーラは余裕のある走りに

オーラのパワートレインは、ノート標準モデルに搭載される「e-POWER」をチューニング、余裕ある走りに仕上げています。e-POWERとは、発電専用のエンジンと電気モーターで走るハイブリッドのことで、駆動力のすべての源がモーターとなる特徴があります。

ノート標準モデルのフロントモーターの最高出力は、85kW[116PS]に対して、オーラは100kW[136PS]の+15kW[20PS]となっています。(4WDのリアモーターは同じ最高出力、50kW[68PS])

ノートオーラのフロントエンドとタイヤ

オーラは、17インチアルミホイールを装着、対してノート標準モデルの15/16インチを装着するという違いもあります。このタイヤサイズの違いから、オーラのコーナリングはより楽しいものになっています。

静粛性も向上

オーラは遮音材を追加し、高級車に用いられるドアラミネートガラス(ガラスに防音効果のあるフィルムを張り合わせたもの)を採用しています。

こだわりの「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」

オーラのヘッドレストに内蔵されたBOSEのスピーカー

オーラにはメーカーオプションで「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を設定しています。

これは、アメリカの高級オーディオメーカー、BOSE社と共同開発したもので、オーラに合わせて念入りにチューニングされています。そのチューニングは、内装素材に合わせるまでの徹底ぶり。

ノート標準モデルはフルモデルチェンジして、第2世代「e-POWER」を搭載、静粛性が高まりましたが、オーラはさらに静粛性を向上。音の良いオーディオシステムとの相性は抜群です。

また「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」は、音場調整機能を搭載、ダイヤル操作で音の広がりが簡単に調整でき、あたかもステージの目の前で聴いているような臨場感も体感できます。

車両価格

ノート標準モデル(AUTECHと助手席回転シート車を除く)とオーラの価格帯は以下のとおり。

ノートオーラ
2WD203〜219万261〜270万
4WD229〜245万287〜296万

オーラは、ノート標準モデルより、40万〜60万円ほど高い価格設定となっています。

オーラのグレード別価格は以下のとおり。

駆動 グレード 価格(円)
2WD G 2,610,300
G leather edition 2,699,400
4WD G FOUR 2,868,800
G FOUR leather edition 2,957,900

前述のメーカーオプション「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」や先進運転支援システム「プロパイロット」などを含めたセットオプションの価格は、401,500円。オプションの詳細は以下のとおり。

  • ステアリングスイッチ (アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)
  • 統合型インターフェースディスプレイ
  • USB電源ソケット(タイプA 2個、タイプC 1個)
  • ワイヤレス充電器
  • NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)
  • NissanConnect専用車載通信ユニット(TCU[Telematics Control Unit])
  • BOSEパーソナルプラスサウンドシステム (8スピーカー〈フロント、前席デュアルヘッドレスト、ツイーター〉、パーソナルスペースコントロール) ・ ETC2.0ユニット(ビルトインタイプ)
  • プロパイロット(ナビリンク機能付)
  • プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)
  • SOSコール

ターゲットの違い

実用的なコンパクトカーのノート標準モデルのターゲットは、先代ノートを含むコンパクトカーや軽自動車からの乗り換えを想定しています。対してオーラは、セダンなどの上のクラスからの乗り換えや、輸入車の購入検討者を想定しています。

また日産は、子育てが終わってミニバンやセダンなどの大きめの車がいらなくなった夫婦なども、オーラのターゲットとして想定。コンパクトカーで十分だが、ちょっともの足りないと感じる方へ、新しいプレミアム・コンパクトの提案をしたい、とのことです。

筆者が感じた「ノート オーラは、こんなクルマ」

ノート オーラ

試乗会でのテストドライブは、クローズドコースで短い時間でしたが、ひとことで言えば「価値がわかる方に乗っていただきたい1台」という感想を持ちました。

特に、4WDの走りはすばらしかったですね。2WDも良い子なのですが、2WDがちょっとかわいそうに思えるほどのデキの良さでした。

車線変更などでハンドルを切ったとき、2WDは左右方向にGがかかる(これが普通)のですが、4WDがそれがなくいたってスムーズ。センサーが瞬時に車の姿勢変化を捉え、四輪それぞれの駆動力を調整し横揺れを防止しています。ステアリングだけでなく、四輪すべてでコーナリングしていくのが体感できます。

「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」は音楽好きならぜひ付けたいオプション。BOSE担当者の解説のもと、多彩なジャンルの音楽を試聴したのですが、どの音源も解像度が高く、音の粒がはっきりした良い音。ヘビロテしている曲をこのシステムで聴いたら「あれ?こんな音出ていたっけ?」となるかもしれないぐらいのレベルでした。

そういえば、国産車のコンパクトカーでプレミアムなモデルは、あまりないですね。ホンダ フィットにラグジュアリーグレードの「リュクス」があったことを思い出しましたが、プレミアム・コンパクトとうたう単一車種は、いまのところオーラのみになるでしょう。

ちなみに、オーラのTV CMに起用されたのは、中谷美紀さん。この女優さんが刺さる層に刺さるクルマ。合点がいきました。

日産が開発中の新型コンパクトEV SUVについてはコチラ!

日産の新型車情報はコチラ!

新型デビューやリーク、モデルチェンジ予想はコチラにまとまっています

執筆者プロフィール
宇野智
宇野 智
モーター・エヴァンジェリスト/ライター/フォトグラファー/ビデオグラファー/エディター エヴァンジェリストとは「伝道者」のこと。クルマ好きでない人にもクルマ楽しさを伝えたい、がコンセプト。元MOBY編...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事