MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > 2021年に発売した注目の新型車【日産編】
日産

更新

2021年に発売した注目の新型車【日産編】

EV推進に注力、2兆円の投資が話題に

日産が発表したBEVコンセプト3車種

国内の自動車メーカーで最もEVに対する熱量が高い日産。2021年11月に発表した2030年までの長期ビジョン「ニッサンアンビション2030」では、電動化に2兆円を投資することを明かしました。

かねてより日産はEVの「リーフ」などを販売していましたが、2021年には国内外で複数の電動車を発表し、電動化の推進に拍車をかけています。

熾烈な開発競争が進む昨今の自動車業界で、日産がEVによって逆転できるのか注目が集まっています。

2021年に発売した注目車種

アリア

日産 アリア limited

アリアは日産の電動化戦略の皮切りとなるEVです。日産の最新技術を結集させており、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(eフォース)」を初採用したほか、最新の運転支援技術「プロパイロット2.0」も搭載しています。

まだ予約販売を開始した段階なので、実車をみることができるのは日産のイベントや展示会場のみ。

コロナ渦という状況を鑑みて、全ての購買行動をオンライン上で済ませられる新サービス「クラブアリア」も同時に展開するなど、アリアに対する日産の期待が伺えます。

フェアレディZ

2022年に登場する注目車種

2021年8月18日に発表された新型フェアレディZ。型式は先代と同じZ34で、実質マイナーチェンジという扱いです。しかし、内外装はフルモデルチェンジ並みの変貌を遂げていて、歴代フェアレディZをオマージュしたレトロテイストな仕上がりが特徴的。

日本仕様は1月14日の東京オートサロンにて初公開されます。

2022年にまず期待したいのが日産と三菱が共同開発をすすめる軽自動車規格のEV「サクラ(仮称)」です。

サクラは国内におけるEV普及の立役者となることが期待されているモデル。その理由はEVとしてはかなり安価な価格設定にあります。

日産の公式発表によると、サクラの車両価格は補助金などを含めて実質200万円以内になるとのこと。安価かつ、日常の使い勝手が良いEVとして注目されています。三菱側は東京オートサロンで初公開することを発表しいていますが、日産側は現在のところ不明です。

上海モーターショーで発表された新型エクストレイル

また他にも、すでに海外では発表されている新型エクストレイルも、多くのユーザーが発売を待ち望んでいるモデルです。

現在、日産の国内ラインナップだとSUVは「エクストレイル」「アリア」「キックス」の3車種のみ。日産のSUVに乗りたいというユーザーにとって、オフロード走行も想定するエクストレイルは候補の筆頭になっているはず。

多くのパーツを共有する姉妹車「三菱 アウトランダー」は2021年12月に発売。クラスが近いアリアと発売時期が重複する影響で、年内発売が厳しいと言われていたエクストレイル。2022年初頭の発売に期待です。

2022年に発売すると予想される各メーカーの注目車種はこちらの記事でお伝えしています。

国内外メーカーの新型車情報はこちらから

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード