MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > アリアの弟分?日産がピュアEVの新型コンパクトSUVを発売か
日産

更新

アリアの弟分?日産がピュアEVの新型コンパクトSUVを発売か

日産が欧州市場に投入する新型コンパクトSUVを開発中か

日産が欧州市場でのEVラインナップを拡充するため、「アリア」と同じ完全電気自動車で、Bセグメントの新型コンパクトSUVを開発している可能性があります。

現在の欧州市場は、日本市場よりも急激にEVシフトが加速しています。欧州自動車工業会(ACEA)が昨年発表したEU域内における2020年第2四半期(4月~6月)の新規登録台数をみると、ガソリン車・ディーゼル車ともに前年比50%以上も減少している中、電動車は逆に50%以上も増加しています。

こうした背景を踏まえ、日産も電動車市場におけるSUVモデルの競争力を強化していきたいと考えるのは当然です。

プラットフォームはアリアのショート版を採用?

CMF-EVプラットフォーム

使用するプラットフォームはアリアやルノー・メガーヌeビジョンに用いられた「CMF-EVプラットフォーム」のショートバージョンであると考えられています。

海外メディア「AutoExpress」によると、日産の欧州部門でEV部門の責任者を務めるヘレン・ペリー氏は「CMF-EVプラットフォーム」に関して、「かなりの投資を行っており、アリア以外の車種にも使用されるのは確かである」と語っています。

e-4ORCE(eフォース)も

アリアのe-4ORCEエンブレム

また、新型コンパクトSUVにはアリアで最初に導入される電動四輪駆動システム「e-4ORCE(eフォース)」を採用するとのこと。それ以外にも低価格グレード用にFF仕様も用意されるといいます。

さらに電動化のメリットとしてパワートレインが占めるスペースが縮小し、居住空間が広くなる可能性も考えられます。

ライバルはプジョーやオペルのコンパクトSUV

プジョー e-208

実際に日産が欧州市場にBセグメントの電動SUVを投入した場合、ライバルとなるのはプジョー e-208や、近々国内市場に復活を遂げるオペルのモッカeといった強敵。ちなみに前者はすでに国内でも販売を開始しており、モッカeに関しても日本市場導入が予定されています。

国内での販売価格は、完全EVということもあり400万円前後になることが予想されます。アリアの価格が500万円からであるため、それよりは安価に設定されることは確実。

新型オペル モッカXをスクープ!コンパクトSUVだから日本導入を目下検討中?

日産 キックス

とはいえ、e-POWER採用の主力コンパクトSUV「キックス」が300万円以下で手に入ることを考えると、そちらに流れる可能性が高いです。日本市場への投入は欧州市場よりも遅れると考えられます。

日産の新型車情報

人気車種の最新情報

トヨタ新型ランドクルーザー300系のリーク多数!全容がほぼ丸分かりに?

噂の5ドアが登場か?ジムニーロングのテスト車両が目撃された!

日産 新型フェアレディZの市販モデル「400Z」のリーク情報

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード