MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > 日産連合が2030年までに35車種のBEV投入を発表
日産

更新

日産連合が2030年までに35車種のBEV投入を発表

日産連合は今後8年で35車種のBEV投入

ルノー・日産・三菱自動車の3社は2022年1月27日、オンラインでアライアンス記者発表を開催しました。

記者発表で各社は、今後「全固体電池」や「一体型の共通電気・電子アーキテクチャー」の開発を進めるために約3兆円を投資することや、2030年までの今後8年間に3社あわせて合計35台の新型BEVを投入することを伝えました。

35台の新型車のうち90%は、アライアンス間で共有される5種類のEV専用共通プラットフォームが採用されるとのことです。

大きく5つのカテゴリで展開

現在はCMF-BEVを除く4カテゴリが展開されている

今後投入される新型車は、「CMF-AEV」「CMF-BEV」「CMF-EV」「KEI-EV」「LCV-EV FAMILY」の5つに分類されます。それぞれの詳細は以下のとおりです。

  • CMF-AEV:新型ダチア スプリングなど
  • CMF-BEV:コンパクトEV用で、2024年に初採用予定
  • CMF-EV:日産 アリア、ルノー メガーヌ
  • 軽EV専用プラットフォーム:今後投入される軽規格のBEVなど
  • 小型商用EV専用プラットフォーム:ルノー カングー、日産 タウンスターなど

現在はアリアとメガーヌEVのみのCMF-EVラインナップは、2030年までに日産、ルノー、三菱、アルピーヌ、インフィニティの5ブランドで合計15車種に拡大するようです。

2024年に初めて導入される予定のCMF-BEVプラットフォーム採用車は、上画像の通り、ルノー、日産、アルピーヌ、ダチアの4ブランドにおいて合計5車種用意しているようです。

具体的な新型車についても言及

日産マイクラ(マーチの海外名)の後継車種
三菱ASX(RVRの海外名)の新型モデル

今回の記者発表では今後のロードマップだけでなく、日産 マイクラ(マーチの海外名)の後継車種や、三菱 ASX(RVRの海外名)の新型モデルなどの存在も明かされました。

どちらも海外の方がモデルチェンジなどが盛んに行われているため、日本にこれらの新型車が持ち込まれるかどうかは不明です。

日産の新型車情報はこちら

その他の最新情報

トヨタが12車種の一部改良を予定…随時オーダーストップへ

ホンダのあの車種が廃止に…?大規模なラインナップ刷新を図る

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード