MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > GT-R > 日産GT-R R35ビッグマイナーチェンジ!ニスモも発売!発売日や性能・価格詳細
GT-R

更新

日産GT-R R35ビッグマイナーチェンジ!ニスモも発売!発売日や性能・価格詳細

【最新情報】新型GT-Rニスモが東京オートサロン2018に出展決定

日産 GT-R NISMO

東京オートサロン2018に、GT-Rニスモが出展されることが決定しました。

日産のスポーツカーの頂点であるGT-Rに、NISMOのレーシングテクノロジーをフィードバックし、究極のハイパフォーマンスを実現したGT-Rニスモ。
600psを生み出す専用チューンのVR38DETT 型エンジンは、GT3 選手権で使用する高流量・大口径のターボを搭載しています。

【東京オートサロン2018閉幕】来場者数・出展車78車種総まとめ!

日産GT-R R35最終形態へビッグマイナーチェンジ

2016年モデル不在で新型R35は開発中止とも噂されていたが・・・

2007年に現行モデルの日産GT-R R35は発売され、それ以来毎年、その年ごとのモデルが発売されてきたGT-R。
2016年モデルが発売されなかったため、R35の新型の開発は中止されたのではないかと言われていました。

米国の安全規制の強化の影響など様々な理由から、2016年モデルの発表がされなかったのでしょう。
しかし、3月のニューヨークモーターショーで新型GT−R R35の2017年モデルがちゃんと発表され同年7月に発売が開始されました。

米日産サイトで公開されたティザー画像

すでに年間販売計画台数である800台を超える858台の受注し、マイナーチェンジを待ち望んでいた多くのファンの様子が伺えます。

それでは待望のGT-R R35の2017年モデルをチェックしていきましょう!

2017年モデルの新型GT-Rとは?

日産 スカイラインGT-R 2017年型
日産 スカイラインGT-R 2017年型

3月23日からスタートしたニューヨークモーターショー(ニューヨーク国際オートショー)にて、日産の誇る高性能スポーツクーペ「GT-R」が2017年モデルを発表。
2007年から続く現行モデルのGT-R「R35型」としてはラストのビッグマイナーチェンジだと思われます。

世界では日本車のスーパーカーとして「ゴジラ(Godzilla)」と称され非常にファンの多いGT-R!
今回のマイナーチェンジも世界中で話題となっています。

パフォーマンス、フロントデザイン、内装インテリアなど、大幅に改良されていますのでご紹介します。

日産 GT-R 2017年型
日産 GT-R 2017年型
日産 GT-R 2017年型

GT-R新型モデルのデザイン変化

グリルが大きくなりフォグランプも変更

日産 GT-R 2017年型

今回、GTRのフロントグリルの変化が最も大きな変化かもしれません。

マット仕上げのV-motionグリルを採用。
エンジンの冷却性能向上のため、開口部が大幅に広がっています。
以下の現行モデルとの比較画像を見るとわかり易いかもしれません。

日産GT-R ビッグマイナーチェンジ画像
日産GT-R ビッグマイナーチェンジ画像

20インチの新デザインステアリングホイール

日産 GT-R 2017年型

内装(インテリア)の高級感もアップ

日産 GT-R 2017年型 内装

内装(インテリア)やシステム類も大幅にアップグレードして高級感が増しています。
8インチのタッチスクリーンも装備。

日産 GT-R 2017年型 内装
日産 GT-R 2017年型 内装

新型GT-Rにはダッシュボードにまでレザーが使用されており、最新式の8インチタッチパネル付きインフォテイメントシステムが採用されています。高級感が溢れる仕様になっていますね。

チタン排気マフラーも標準装備に

日産 GT-R 2017年型

GT-Rボディカラーは7色!

日産 GT-R カラーバリエーション

GT-R新型モデルの性能は?

日産 GT-R 2017年型

今回のビッグマイナーチェンジでパワートレーン周りもパワーアップ。
従来モデルから20馬力アップしエンジン出力は565馬力に。

向上した3.8L V型6気筒ターボエンジンにより0-100km/h加速は2.7秒!
Activeサウンドエンハンスメントシステム(ASE)も導入されエンジンサウンドの調整が可能になりました。

また新しいサスペンションを採用しており、ボディシェルの頑丈さを上げるシャシーもパワーアップしています。これらの性能が向上したことで、高速でのコーナリング性能を高めることに成功しています。

R35ラストモデルは2016年7月27日発売開始!価格は?

ビッグマイナーチェンジとなった日産GT-R。
2016年の7月27日に発売が開始されました。

価格は3グレード用意されており、996万840円から1186万9200円ということです。
■GT-R Pure edition:9,960,840円
■GT-R Black edition:11,869,200円
■GT-R Premium edition:11,705,040円

日産新型GT-R R35のNISMO(ニスモ)も発売!

最強仕様の「ニスモ」と「Track edition engineered by nismo」

2016年7月27日に新型GT-R R35が発売され以来、最上位グレードとなるニスモの発売も待望されていました。

2016年8月25日、ついに新型GT-R R35 ニスモの2017年モデルが発売開始となりました。
同時に、新型GT-R R35「Track edition engineered by nismo」も発売開始されました。
「Track edition engineered by nismo」は、新型GT-R R35のベースモデルにニスモの足回りと合成を追加したモデルとなり、新型GT-R ニスモよりも価格が抑えられています。

ニスモとは?意味や魅力を解説|ノートからGT-RまでNISMO仕様車種も紹介

【日産新型セレナ ニスモ(NISMO)最新情報】発売開始で新車価格とスペックは?

日産新型リーフNISMO (ニスモ)発売開始!EV航続距離と価格は?

新型GT-Rニスモの外観・内装デザイン

日産 GT-R ニスモ 2017年型
日産 GT-R ニスモ 2017年型
日産GT-R ニスモ2017年型
日産 GT-R ニスモ 2017年型
日産 GT-R ニスモ 2017年型 内装

エクステリアはニスモ専用のカーボンファイバー製フロントバンパーが特徴となっています。

この新デザイングリルは、開口部が拡大されたことにより、エンジンの冷却性能の向上と当時に、空力性能の向上にも貢献しているとのこと。

また、インテリアについても、GT-Rらしい赤のアルカンターラ製のレザーを使用し、NISMO専用のレカロ製カーボンバケットシートが採用されています。

最強のGT-Rにふさわしい、特別なコックピッドと言えます。

新型GT-R「ニスモ」と「Track edition engineered by nismo」スペックと価格詳細

2016年8月25日に発売開始された新型GT-R「ニスモ」と「Track edition engineered by nismo」それぞれのスペックと価格については以下の通りです。

■GT-R NISMO
・エンジン:V型6気筒 3.8リッターツインターボ
・変速機:6速ダイナミック・トラクション・コントロール
・駆動:4WD
・価格:18,700,200円

■GT-R Track edition engineered by nismo
・エンジン:V型6気筒 3.8リッターツインターボ
・変速機:6速ダイナミック・トラクション・コントロール
・駆動:4WD
・価格:13,699,800円

1380馬力の日産GT-Rがギネス世界記録!300km/h超の高速ドリフトを披露【動画】

フルモデルチェンジ前最後の最強GT-R R35

史上最強の、GT-R R-35最終形態へ、ビッグマイナーチェンジ情報をお届けしました。
ボディからも7色から選べ、最強使用のニスモグレードなど豊富なグレードから選択することができます。

フルモデルチェンジ前最後となる、完成された最強のR35といえるのではないでしょうか。
新型R36が出てから購入したいという方も、今回の新型R35は検討してみてもいいかもしれません。

次期新型モデルGT-R「R36」へのフルモデルチェンジは2020年あたりと予想されますので、待ちきれない方は以下の記事へ!

GT-Rおすすめの関連記事▼

【日産】新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

日産GTR新型R36のモデルチェンジ時期&デザイン予想画像!

世界最速の車ランキングと日本一速い車!日産「GT-R」速さの秘密は?

スカイラインGT-Rと日産GTRの歴史!ハコスカ・ケンメリの特徴も振り返る

新型モデルおすすめ記事!

ホンダ新型NSX全最新情報!ついに日本で発表|性能比較や海外の評価と価格は?

トヨタ86新型モデルへマイナーチェンジ正式公開!スバルBRZとセダン開発は?

マツダ新型NDロードスターRf日本発売日決定!ハードトップモデルが美しい!

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ