MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > フェアレディZ > 「もっとパワー出せる」日産幹部が新型Zの高性能バージョン『NISMO』を匂わせ!
フェアレディZ

更新

「もっとパワー出せる」日産幹部が新型Zの高性能バージョン『NISMO』を匂わせ!

3.0リッターV型6気筒ツインターボで405馬力を発揮

日産の新型フェアレディZは、電動化が推進される中で純粋なガソリンエンジンのパワートレインを採用したピュアスポーツカーとして登場し、「日産最後のガソリンエンジンスポーツカーになるかもしれない」と言われているモデルです。

搭載するエンジンは、先代では3.7リッターV型6気筒自然吸気の『VQ37VHR』型エンジンを採用していましたが、新型では3.0リッターV型6気筒ツインターボの『VR30DDTT』型エンジンを採用。

搭載するエンジンの排気量を下げるダウンサイジングが行われているものの、先代と比較すると最高出力では50馬力以上、最大トルクでは10キロ以上と、大幅に性能が向上しました。

しかし、日産の商品企画・戦略担当ディレクターへのインタビューから、日産は新型フェアレディZの出力をさらに高めた、高性能バージョンを今後投入する可能性があることが、海外メディアによって報じられました。

ディーラーの従業員が納車前の新型Zを大破させてしまう

新型Zはまだ進化を残している?!

海外メディアが報じたインタビューによれば、日産の商品企画・戦略担当ディレクターのポール・ホーソン氏が「新型フェアレディZはさらに高い出力を備えることができる」と話したといいます。

また、新型フェアレディZの馬力について一部の顧客からは「もっとパワフルにしてほしい」という要望が出ていることも明かし、これにも「お客様のニーズに応えようとしている」と、新型フェアレディZの高出力化を示唆する発言があったようです。

以前にもアメリカ国内で新型フェアレディZのテストカーが目撃されており、その正体についてはまだ明らかとなっていないものの、日産が新型フェアレディZにモデルを追加しようとしていることは確実。

それは、新型フェアレディZの高性能バージョン、『Z NISMO』なのかもしれません。

オートサロンで話題のモデルがベースか

“Z NISMO”はポルシェ超えもあり得る?

ポルシェ 718ケイマンGT4

新型フェアレディZの国産車でのライバルはトヨタ GRスープラですが、輸入車で2シーター、後輪駆動、6気筒エンジンというキャラクターがもっとも近いライバルとして挙げられるのは、ポルシェのスポーツモデル『718ケイマンGT4』です。

GRスープラとのスペック上の比較では約20馬力上回る新型フェアレディZですが、718ケイマンGT4との比較では15馬力劣っています。もしフェアレディZ NISMOの新型モデルがより高い出力を備えるモデルになるとしたら、そのベンチマークに718ケイマンGT4を据える可能性は十分に考えられるでしょう。

さらに、718ケイマンGT4をさらにサーキット向けに仕上げた、『718ケイマンGT4 RS』では最高出力が500馬力に到達していますが、フェアレディZ NISMOの新型モデルがこの718ケイマンGT4 RSをも上回る出力を獲得した場合は、そのコストパフォーマンスにも注目が集まるかもしれません。

「こ、これは…」カイエン コンバーチブルの姿

インフィニティ Q60が2022年でモデル廃止に

異常価格は日本だけ! 中古GT-Rはどこへ消えた?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード