MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > 日産が次世代クロスオーバーEVのティザーを公開!1000億円超のプロジェクトが始動
日産

更新

日産が次世代クロスオーバーEVのティザーを公開!1000億円超のプロジェクトが始動

日産が次世代計画「EV36Zero」を発表

日産は2021年7月1日、欧州におけるカーボンニュートラルの実現に向け、世界初の電気自動車生産のエコシステムを構築する中核を担う「EV36Zero」を発表しました。

「EV36Zero」プロジェクトはイギリスのサンダーランド工場を中心に行われ、日産をはじめ、サンダーランド市議会、バッテリー企業の「エンビジョンAESC」によって10億ポンド(約1,537億円)もの投資がされるとのこと。

新型クロスオーバーEVのティザーも公開

新型EV

今回の発表では、新世代クロスオーバーEVのティザー画像も公開されました。

サンダーランド工場

この新型車にはプロジェクト全体の投資額である10億ポンドのうち、4億2,300万ポンド(約650億円)が割り当てられ、サンダーランド工場で生産されます。イギリス以外にも欧州市場に輸出されるとのことです。

ボディタイプはクロスオーバーSUVで、最新の効率性とバッテリー技術を備えるとしています。

アリアと同じプラットフォームを採用

使用するプラットフォームは、アリアやルノー・メガーヌeビジョンにも用いられた「CMF-EVプラットフォーム」。

詳細なスペックはまだ発表されていませんが、駆動方式にはアリアで初採用された電動四輪駆動システム「e-4ORCE(eフォース)」を採用し、低価格グレード用にFF仕様も用意されると予想されます。

日本導入は未定

日産はその他の生産拠点は現時点では未定としており、価格や技術など新世代EVの詳細は、販売開始に向け順次発表していると述べました。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

市販モデルがリーク!日産フェアレディZはプロトタイプよりカッコイイ?

価格が判明?今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード