MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > デイズ > 日産 デイズ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
デイズ

更新

日産 デイズ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

日産 デイズとはどんな車?

デイズは日産が販売する4人乗りの軽ハイトワゴンです。

三菱が販売するekワゴン/ekクロスの共同開発車で、製造は三菱がおこなっています。

デイズ Xの内装

軽自動車として初めて先進運転支援システム「プロパイロット」を搭載し、巡航走行時や渋滞時の加減速、ハンドル操作もアシスト。

デイズ Xの内装

女性をターゲットにした車となっており、運転が自信がない方でも安心できるよう、多くの先進安全技術が標準装備されました。

AUTECH(オーテック)によるカスタムモデル「Bolero(ボレロ)」も用意されている

カラーリングも豊富に用意され、2トーンを含む18種類のボディカラーを選択可能です。

おすすめグレード

デイズのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているデイズのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
S1,327,700円~
X1,380,500円~
ハイウェイスターX1,567,500円~
ハイウェイスターGターボ1,648,900円~

外観はノーマルとハイウェイスターの2種類だが、パワートレインに注意

デイズはノーマルデザインのほか、スタイリッシュさを強調した「ハイウェイスター」も選ぶことができます。こちらは単なるデザイン違いではなく、選べるパワートレインラインナップも異なるので注意しましょう。以下に表でまとめてみました。

ノーマルデザインガソリン車
ハイウェイスターシンプルマイルドハイブリッド
ハイウェイスター ターボシンプルマイルドハイブリッド車+ターボ仕様

これに加えて、先進運転支援システム「プロパイロット」は、ハイウェイスターでしか選択できない点にも注意しましょう。

プロパイロット搭載モデルは「ハイウェイスターXまたはG」

ハイウェイスターX

フルモデルチェンジにあたり、日産の軽自動車として初めてプロパイロットを搭載したデイズ。ハイウェイスターのターボ、ノンターボ仕様で、プロパイロットを搭載した「プロパイロットエディション」を選択できます。

プロパイロットエディションを選ぶと約10万円の価格アップとなりますが、プロパイロット以外の関連安全装備・運転支援システムである「インテリジェントアラウンドビューモニター」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」のほか、ナビ取り付けパッケージも標準装備となるため、かなりお得なセット内容といってよいでしょう。

ターボ仕様「G」との装備差はほとんどない

ハイウェイスターGターボ

ノンターボの「X」とターボ仕様の「G」においては、装備・機能の大きな違いはありません。Gは15インチアルミホイールが標準装備となりますが、Xでもメーカーオプションとして選択できます。

XとGの差額は約8万円ですので、アルミホイール分の価格差としては妥当と言えるでしょう。(公式サイトでは15インチアルミホイールのオプション価格がわかりませんでした)

ノーマルデザインなら「X」がおすすめ

X
S

ノーマルデザインのガソリン車「S」「X」の価格差は5万2,800円。この差額であれば、スマートキーを使うことができ、オートエアコン仕様で収納も充実しているミドルグレード・Xがおすすめです。

デイズの内外装・走りを詳しく知りたいならこちら

ボディカラー

デイズはグレードによって選べるボディカラーラインナップが異なります。ツートンカラーを希望する場合はハイウェイスターを選びましょう。以下に表でまとめてみました。

グレードモノトーンツートン
S3色
X10色
ハイウェイスターX8色4色
ハイウェイスターGターボ8色5色

査定額が高くなるのは、「ホワイトパール」「スターリングシルバー」「ブラック」「チタニウムグレー」などでしょう。ただし、外観デザインによっては中古車市場でもカラフルなカラーも人気の場合があります。

デイズ ハイウェイスターのカラーバリエーション

カラー名称カラーコード
ホワイトパール×
プレミアムサンシャインオレンジ
(XDT)
スパークリングレッド×
ブラック
(XCF)
アッシュブラウン×
フローズンバニラパール
(XCK)
ソーダブルー×
アッシュブラウン
(XCH)
チタニウムグレー×
ブラック
(XFS)
ホワイトパール(QBB)
プレミアムサンシャインオレンジ(EBT)
アトランティックブルー(RCH)
アメジストパープル(LAL)
スパークリングレッド(NBR)
チタニウムグレー(KBW)
ブラック(GAS)

デイズのカラーバリエーション

カラー名称カラーコード
ホワイトパール(QBB)
スターリングシルバー(KBV)
ソーダブルー(DAM)
ブロッサムピンク(NBS)
プレミアムサンシャインオレンジ(EBT)
アトランティックブルー(RCH)
スパークリングレッド(NBR)
プレミアムオリーブ(JAM)
アッシュブラウン(CBA)
ブラック(GAS)

日産 デイズのスペック

ボディサイズ

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,640~1,660mm
ホイールベース2,495mm
車両重量840~940kg
乗車定員4人

ライバル車種が多い軽ハイトワゴンのボディサイズとなっており、他メーカーではスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーブ、ホンダ・N-WGNなどが挙げられます。

どれも1,600mm台の全高となっており、現在高い人気を集めている1,700mm以上の全高をもつ「スーパーハイトワゴン」よりも安定した走行が可能です。

その中でもデイズは軽自動車として初めて自動運転支援システム「プロパイロット」が設定されています。渋滞時の単調走行だけでなく、長時間の巡航走行でもドライバーをアシストするため、高速走行時の不安を軽減できるのではないでしょうか。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒水冷直列3気筒水冷直列3気筒+ターボ
排気量659cc659cc659cc
最高出力38kW[52PS]/6,400rpm38kW[52PS]/6,400rpm47kW[64PS]/5,600rpm
最大トルク60N·m[6.1kgf・m]/3,600rpm60N·m[6.1kg・m]/3,600rpm100N·m[10.2kg・m]/2,400-4,000rpm
モーター最高出力2.0kW/1,200rpm2.0kW/1,200rpm
モーター最大トルク40N・m/100rpm40N・m/100rpm
トランスミッション電気式CVT電気式CVT電気式CVT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー

グレードによってパワートレインが分かれ、エンジン、ハイブリッド、ターボ付きハイブリッドの3種類が設定されています。駆動方式も2WDと4WDから選択可能です。

デイズのハイブリッドは、減速時に蓄電した電力を発進やアイドリングストップの再始動時に使用するマイルドハイブリッドとなっています。

Dステップ機能付きCVTを全車に採用し、加速時などでアクセルを大きく踏み込むとギアのように変速。エンジン回転数の変化を楽しむことができます。

歴代モデル

【初代】デイズ:B21W(AA0)型(2013年~2019年)

日産と三菱の共同開発によって誕生したデイズは、日産が商品企画・開発・デザインの段階から初めて携わった軽自動車です。

発表前には「日産が本当につくりたかった軽自動車」というキャッチコピーが掲げられ、相当の自信があったことが伺えます。

初代デイズは三菱の3代目eKからOEM供給を受けています。eKワゴンに相当する標準タイプは「デイズ(DAYZ)」、eKカスタムに相当するスポーティタイプは「デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)」として販売されました。

また、デイズという車名を日産の軽自動車シリーズに名付けることにし、第2弾として「デイズ ルークス」が登場。2014年2月に発売しました。

最新「デイズ」中古車情報
本日の在庫数 6807台
平均価格 97万円
本体価格 10~185万円
デイズの中古車一覧へ

日産の軽自動車全モデルはこちらから!

日産の新型車・最新情報はこちら!

車内が広い軽自動車おすすめランキングはこちら!

すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード