MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > シーマ > 日産シーマ新型へマイナーチェンジ!価格や燃費・安全装備など変更点は?
シーマ

更新

日産シーマ新型へマイナーチェンジ!価格や燃費・安全装備など変更点は?

日産 シーマが新型へマイナーチェンジして発売開始!

新型 シーマ

日産 新型 シーマ 2017年型

日産の高級セダン「シーマ」が新型へマイナーチェンジを行い、6月15日より発売となりました。
今回のマイナーチェンジでは、全グレードにおける安全性能の強化が図られています。

新型シーマのマイナーチェンジよる変更点について解説します。

日産 シーマとは?

5代目 シーマ

日産 新型 シーマ 2017年型

シーマとは、日産自動車が1988年から販売している高級セダンです。
同社のフラッグシップモデルであるシーマは、初代モデルがバブル期に大ヒットを飛ばし、シーマをはじめとした高級車が飛ぶように売れる「シーマ現象」の火付け役となりました。

現行モデルの5代目シーマは2012年に発売されました。
パワートレインには、3.5LのV型6気筒+モーターのハイブリッドエンジンを搭載し、駆動方式はFR、トランスミッションには7速ATが組み合されます。
なお、現行モデルにはガソリンモデルの設定はなく、ハイブリッド専用車種となっています。

シーマのボディは、「匠」と呼ばれる専門の職人によって塗装が施されており、専用の個室で1台ずつ手作業で仕上げられています。
内装には、本革シートや銀粉をすりこんだ本木目のパネルなどの高級素材がふんだんに使用され、バブル時代と変わらぬ高級感を味わうことが可能です。

日産 シーマのスペック

全長全幅全高
5,1201,8451,510
ホイールベース車両重量乗車定員
3,0501,930-1,9505
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類V型6気筒DOHC
排気量3.5L
最高出力225[306]/6,800
最大トルク350[35.7]/5,000
モーター最高出力50[68]
最大トルク290[29.6]
トランスミッション7速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

日産 シーマについての記事はこちら!

【日産シーマの歴史】Y31型やY33型などの歴代車種の実燃費や評価は?

日産 シーマおすすめグレードはVIPかVIP G!違いを比較

女優伊藤かずえさんが惚れた運命の愛車!26年も日産シーマを大切に所有中【芸能人の愛車】

日産 新型シーマのマイナーチェンジによる変更点は?

日産 新型 シーマ 2017年型

安全装備が強化!

今回のマイナーチェンジにより、新型シーマは先進安全装備である「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)」「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」「インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)」を全グレードで標準装備としました。
これにより、シーマの安全性はより高められています。

日産 新型シーマの安全装備

日産 シーマ 安全装備

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、ミリ波レーダーによって前方車両を検知し、衝突の危険がある場合には緊急ブレーキを作動して衝突を回避、被害軽減を行います。
作動範囲は約5km/h以上で、停止車両に対しては約70km/h以上では作動しません。
また、約60km/h以下で衝突回避が作動します。

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

「インテリジェント FCW」は、2台前を走る車両の車間距離と相対速度をミリ波レーダーで測定し、自車からは見えない前方状況の変化を検知します。
検知した結果、減速が必要と判断した場合には、ドライバーに注意を促し、玉突き事故の可能性を低減します。

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)

「インテリジェント BSI/BSW」は、車両後部の左右に設置したサイドセンサーにより、死角になりやすい後側方の隣接車線の車両を検知して、ドライバーに注意を促します。
また、隣接車線に車両がいる場合にドライバーが車線変更をしようとすると、警報を発しながら自車を元の車線内に戻そうとします。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)

「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、自車を見下ろすような視点で周囲の状況を表示するディスプレイです。
移動物検知機能もついており、周囲を移動する物体を検知すると、ディスプレイ上の表示と音でドライバーに注意を促します。

インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)

「インテリジェント BUI」は、車両後部の左右に設置したサイドセンサーとソナーにより、後方を横切る車両を検知してドライバーに注意を促します。
また、後退時には後方に接近する車両との接触を回避するよう、運転操作を支援します。

日産の安全装備についての記事はこちら!

日産の安全技術エマージェンシーブレーキとは?特徴から搭載車種や評価まで

日産の安全装置「アラウンドビューモニター」の実力は?日産車の安全性能・衝突安全性を徹底解説!

日産 新型シーマの燃費の変更点は?

燃費

新型シーマのカタログ燃費性能は、従来型からわずかに変化しました。
ただし、パワートレインの変更などはないので、測定方法の差異によるものだと思われます。

新型シーマと従来型シーマの燃費性能

新型シーマ従来型シーマ
JC08モード燃費15.616.6
実燃費
[単位]km/L

日産 新型シーマの価格の変更点は?

価格 お金 費用 税金 維持費

新型シーマの価格は、全グレードで従来型から約30万円値上げされています。

新型シーマの価格

日産 新型シーマ
ハイブリッド VIP G903万
ハイブリッド VIP849万
ハイブリッド795万
[単位]円(消費税込み)

従来型シーマの価格

日産 従来型シーマ
ハイブリッド VIP G873万
ハイブリッド VIP819万
ハイブリッド765万
[単位]円(消費税込み)

日産 新型シーマの高い安全性能

日産 新型 シーマ 2017年型

日産 新型シーマのマイナーチェンジによる変更点についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

先進安全装備の全グレード標準装備化により、より安全性能が高まった新型シーマ。
価格も上昇しましたが、シーマクラスの高級車となると、30万円の上昇は誤差の範囲内だと言えるでしょう。

日産の新型車に関連する記事はこちら!

日産の新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

日産新型エクストレイルが販売好調!マイナーチェンジではプロパイロット搭載で燃費や価格は

日産フーガ(インフィニティQ70)新型最新情報!スペックと燃費や価格&発売日は

日産シルフィ新型最新情報!スペックや燃費・価格・発売日を徹底予想!

日産新型NV350キャラバン最新情報!デザインや燃費性能・安全装備などの変更点は?

日産のセダン・高級車を確認できる記事はこちら

【日産 セダン一覧比較】人気おすすめランキングTOP5!燃費と中古車価格まで

【日産の高級車一覧ランキング】価格順に燃費やスペックも紹介!

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!