MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > モーガン > 【モーガン】新車で買える現行車種一覧|2020年最新版
モーガン プラス6 2019年
新型車・モデルチェンジ

更新

【モーガン】新車で買える現行車種一覧|2020年最新版

新車で買えるモーガンのモデルは全5種類

モーガンはイギリスで1913年に創立した歴史の長い自動車メーカー。現行モデルは最古参の3ホイーラーから最新鋭のブラスまでの全5種類をラインナップ。最大の特徴は1930年代から変わることのないクラシカルな外観デザインで、未だに部品の一部に木材が使用される。一方でフォードやマツダ、BMWからパワートレイン系統の供給を受け、中身は現代にも通用するスペックを実現するモデルも。車体の組み立てはすべて手作業で行われ、希少性が高いだけでなく、内装レザーやボディのカラーアレンジに細かく対応でき、自分好みの1台を購入可能。

モーガン 3ホイーラー

新車価格:766.8万円

3ホイーラーはモーガンの歴史の第一歩となる三輪自動車。1910~1953年に生産されていたモデルを2011年に復活させており、100年以上デザインがほとんど変化していない。エンジンは「Vツイン」と呼ばれる2.0LのV型2気筒ユニットを車両最前部に搭載し、最大で69PSを発生する。ギアボックスはマツダ ロードスターに使用されている5速MTを採用。フロントウインドウもドアもないフルオープンで、車重はわずか585kg。バイクと走行感覚は変わらないため、運転時はゴーグルやヘルメット必須。

モーガン 4/4

新車価格:766.8万円

4/4(フォーバイフォー)は1936年に登場したモーガン初の4輪モデル。発売時から不変のクラシカルなデザインや随所に木材を使用する基本設計は健在だが、パワートレインは112PS発生のフォード製1.6L 4気筒エンジンやマツダ製5速MTなど現代の機構にアップデートされている。キャンバストップを使って仮設クローズドボディに変身できるが、無数にあるボタンを手で留める必要あり。昔ながらのサスペンション形式のため乗り心地は固く、エアコンも装備されない。多少の忍耐を要求されるところも伝統の一環。

モーガン プラス4

新車価格:820.8万円

モーガン プラス4は1950年に登場した4/4の上級モデル。外観は安定感あるワイドフェンダーに伸びやかなフロントノーズが美しいプロポーションを演出。162PS発生の2.0L フォード製エンジン「GDI」を搭載し、車重は927kgとバランス感覚に優れたスペックで気軽に乗りこなせる。ブラックのビニール製ルーフが標準装備され、開閉は比較的容易。オプションでエアコンを装着可能で、オールシーズン快適に過ごすことができる。モーガンのラインナップでは最も人気が高い。

モーガン ロードスター

モーガン ロードスターは、同社の歴史では比較的新しい2004年に登場した4輪オープンカー。伝統的なクラシックカーの外観をもつ一方で、最高286PSを発生するV6ユニットを搭載し、動力性能は0-100km/hが5.5秒、最高速が225km/hと現代のスポーツカー並み。ソフトトップは標準装備のビニール製と、オプション装備の軽くて柔らかいモヘヤ素材を用意。パワーステアリングやオプション装備のエアコンによって、モーガンのモデルとしては実用性が非常に高い。

モーガン プラス6

新車価格:1393.2万円

モーガン プラス6は2019年6月に発売された完全新作。以降のモデルでも採用予定という独自開発の新型プラットフォームを採用し、トヨタ GRスープラと同型のBMW製直6ターボユニットを搭載するなど、従来の流れを一変。一方で外観はロングノーズ&ショートデッキのクラシカルなスタイルで、伝統は譲らない姿勢。動力性能は0-100km/h加速4.2秒、最高速度267km/hとモーガン史上最速を記録した。日本市場での納車は2020年春頃の予定。

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード