MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > 三菱「ビジョン ラリーアート コンセプト」世界初公開、ブースで存在感放つ【東京オートサロン2022】
三菱

更新

三菱「ビジョン ラリーアート コンセプト」世界初公開、ブースで存在感放つ【東京オートサロン2022】

Vision Ralliart Concept

三菱は2022年1月14日、「東京オートサロン2022」にてコンセプトカー「Vision Ralliart Concept(ビジョン ラリーアート コンセプト)」を初公開しました。

三菱の東京オートサロン2022出展概要はこちら

重厚感あるスタイリングで存在感放つ!

外観は重厚感のある前後バンパーと、大きく張り出した前後オーバーフェンダーが特徴的。ラジエーターシャッター付きのフロントグリル、大型リヤディフューザーによってスポーティさを演出しています。

ボディカラーに採用されているマットブラックは、光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かびあがる特殊な加工が施されています。

ホイールはコンセプトカーらしい先進的なデザイン。中央にはラリーアートのロゴが刻印されています。

ボディサイズや塗装などが相まって、実際に見るとその存在感は圧倒的。実際に発売してほしいほどクールなスタイリングとなっています。

ベースは新型アウトランダーと思われる

ビジョン ラリーアート コンセプトは、昨年12月に国内販売を開始した新型アウトランダーがベースになっていると思われます。

アウトランダーのラリーアート仕様も展示

アウトランダー Ralliart Style

同ブースにはアウトランダーのたラリーアート仕様「Ralliart Style(ラリーアートスタイル)」や、軽EVのコンセプトカーなども展示されています。

ラリーアート専用装備を多数装着したこの車両は、ヴィジョン ラリーアート コンセプトと違って実際に発売することが期待されます。海外ではすでに「トライトン」や「パジェロスポーツ」といった車種にラリーアート仕様車が設定されているため、可能性は高いと思われます。

東京オートサロン2022の情報はこちら!

三菱車の最新情報はこちら

国内の新型車情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード