MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > RVR > 三菱 新型「ASX」含む2台の新型車を2023年に投入予定、日本市場での発売は?
RVR

更新

三菱 新型「ASX」含む2台の新型車を2023年に投入予定、日本市場での発売は?

三菱が欧州に投入する新型車について言及

三菱自動車工業 取締役 代表執行役社長 兼 最高経営責任者の加藤隆雄氏

三菱自動車は2022年1月27日、2023年までに2車種の新型車を欧州市場に投入することを発表しました。

ASXではない新型車はベールに覆われている

そのうち1車種はASX(RVRの海外仕様)の新型であると明かされ、もう1台については現状不明です。

新型ASXはルノー車がベースになる

新型ASXのティザーイメージ

三菱自動車は新型ASXについて、「ルノーの最量販車種をベースにする」としています。

ASXは日本でRVRとして売られているコンパクトSUV。同じクラスのルノー車でベースとなる可能性があるのは「キャプチャー」ではないかと予想されます。

次期型はキャプチャーと兄弟車に?

現行キャプチャーは2019年に発売した2代目

キャプチャーはルノーが2013年から販売しているコンパクトSUVで、現行は2019年にデビューした2代目。日本では2021年から正式に販売を開始しています。

初代よりもボディサイズを拡大している2代目キャプチャーですが、ASXと比べると一回り小さいサイズ感ながら近い数字であることが分かります。ASXとキャプチャー、国内モデルのRVRのサイズは以下表のとおりです。

ASXキャプチャーRVR(参考)
全長4,365mm4,230mm4,365mm
全幅1,810mm1,795mm1,770mm
全高1,640mm1,590mm1,630mm
ホイールベース2,670mm2,640mm2,670mm

現行ASXおよびRVRは三菱の「GSプラットフォーム」を採用しているのに対し、2代目キャプチャーは「CMF-Bプラットフォーム」を採用しています。

次期型ASXのプラットフォームがCMFに移行することは確実なので、キャプチャーと同じCMF-Bになる可能性はじゅうぶん考えられます。

国内のRVRもフルモデルチェンジ?

3代目となる現行RVR

日本国内におけるRVRは1991年に初代がデビュー。2010年に現行の3代目にフルモデルチェンジし、海外の一部地域でASXとしての販売を開始しました。

すでに3代目の発売から12年が経過しようとしており、先代が6年平均で世代交代していることを踏まえるとそろそろフルモデルチェンジを実施してもおかしくありません。あまりの放置ぶりに「現行で廃止するのではないか」とも噂されています。

フロントグリルを最新のダイナミックシールドに置き換えたり、安全装備を充実させたりと定期的に改良が加えられているものの、最新車種と比べるとどうしても商品力は弱まっていることは事実。

今回の発表では国内のRVRについて言及されませんでしたが、コンパクトSUVは現在人気カテゴリのひとつ。年々価格帯が上昇している三菱のSUVラインナップに、手頃なモデルとして登場するかどうか注目です。

日産 マーチの事例も…

日産が販売しているコンパクトカー「マーチ」は海外だと「マイクラ」として販売されているのですが、こちらは海外版のマイクラのみフルモデルチェンジを実施。国内の現行マーチは置き去りという状況です。

RVRも同じように海外版のASXのみ次期型に移行し、国内モデルはフェードアウト…ということになることも懸念されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

三菱の新型車情報はこちら

eKクロスベースの軽EVコンセプトが登場!

その他の最新情報

トヨタが12車種の一部改良を予定…随時オーダーストップへ

ホンダのあの車種が廃止に…?大規模なラインナップ刷新を図る

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード